痩せすぎ注意の脂肪燃焼スープはリバウンド必須!? 管理栄養士が【リバウンドしない】やり方をご紹介

1週間で集中的に行う「脂肪燃焼スープダイエット」をご存知でしょうか?
簡単にいうと、3食を指定のレシピのスープに置き換え、1週間のみ行えばよいダイエット方法です。その1週間で2〜3kg、多い方で8kg減量する事もあり、一時期「本当に痩せる!」とメディアでも話題にもなりました。しかし、こちらのダイエットは痩せやすい方法ではありますがリバウンド率が高いのも特徴的です。
今回は、脂肪燃焼スープダイエットのやり方とそのメリットとデメリットを解説した上で、リバウンドしない応用方法を管理栄養士がご提案いたします。

執筆者:小玉 奈津実

資 格:管理栄養士|食品表示検定中級|食品衛生管理者

脂肪燃焼スープダイエットとは

スープとサラダ

脂肪燃焼スープダイエットとはどのようなものでしょうか。その概要を解説いたします。
このダイエットが「本当に痩せる」と言われる所以は、実際に病院で食事療法として用いられているためです。
こちらの方法は、外科手術の前に安全かつ急速な減量を行うために確実に痩せる必要がある患者さんのために考えられているので、ダイエット効果が出るというのも納得ですね。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープダイエットのやり方は、スープを食べるだけではありません。
「基本ルール」と「一週間プログラム」の細かい条件に沿って、一緒に食べる物や禁止食材が決まっています

基本ルール

  • 前日24時間はアルコール禁止
  • アルコール、炭酸飲料は禁止
  • 飲み物は水・茶・ブラックコーヒー・100%ジュース・スキムミルク(無脂肪)のみ
  • 揚げ物、パンなどの小麦粉を使った食品は禁止
  • 砂糖などの甘味料禁止
  • スープの量やスケジュールで提示した食材を絶対に食べる
一週間プログラム →→
1日目 スープ+果物 1日目はスープとバナナ以外の果物を食べてください。スープにほとんど糖質が含まれていない為、果物の糖質は基本的に好きな量を食べてもOK。
水分補給は水かお茶を飲んでください。どうしても我慢できない時は果実100%ジュースを飲むように!!
2日目 スープ+野菜 スープに野菜を追加。生野菜(豆ととうもろこし以外)で食べてもOK!!
豆ととうもろこしがNGの理由は消化が良くないからです。(私の見解)
3日目 スープ+果物+野菜 1日目のスープにバナナ以外の果物に野菜(じゃがいも以外)が食べれるのでお腹も満たされたます。
4日目 スープ+バナナ3本スキムミルク500ml スープは好きなだけ食べても大丈夫です。バナナを3本と栄養価の高いスキムミルクは水500mlに溶き飲んでください。
5日目 スープ+肉or魚+トマト 肉を食べる場合は脂身の少ない赤身肉や鶏肉を350g〜700gを食べてください。トマトは6個まで食べてもOK。
調理の時は油をあまり使わないように心掛けて、砂糖を使った味付けは控えめにしてください。
6日目 スープ+肉or魚+野菜 スープと野菜(じゃがいも以外)を食べることは変わらず、赤身肉や鶏肉を制限なく食べて問題ありません。
7日目 スープ+玄米+野菜+果物ジュース スープと玄米、野菜、フルーツジュースとしっかりとした食事をとれます。玄米の食べる量に制限はありません。
6日ぶりの炭水化物はしっかりと咀嚼し、食べる幸せを噛み締めてください。果物ジュースは「甘味料不使用」の果汁100%を選んでください!!

食べる物が細かく決まっており、想像するだけでもとても気合いが必要なダイエットですね…。しかし、この細かく厳しいルールを絶対に守ることが脂肪燃焼スープダイエットを成功させるための必須条件となります。
<注意>脂肪燃焼スープダイエットのスケジュールは情報元によって異なります。

脂肪燃焼スープの作り方

脂肪燃焼スープは、使う食材と味付けが決まっています。デトックス効果の高い野菜ばかりを使用しているので、ダイエット以外にも腸活や美肌など様々な効果が期待できます。

  • 材料

  • キャベツ大 半玉
  • 玉ねぎ大 2個
  • 人参 1本
  • ピーマン 2個
  • セロリの太いもの 1本
  • しめじ 1袋
  • ホールトマト 1缶
  • コンソメスープの素 1個
  • 塩 小さじ1
  • ローリエ 1枚(なくてもOK)

作り方の手順

  • 野菜を食べやすい大きさにカットしコンソメ・トマト缶・ローリエと一緒に大きめの鍋に入れる。
  • 材料がひたひたになるくらい水を入れ、20分ほど煮込む。
  • 野菜が柔らかくなったら塩で味を整えて完成。
ポイント

大きめにカットすると食べ応えもあり、よく噛む事で満腹になりやすいのでおすすめです。冷まして食べることで、野菜の旨味が溶け出しコクが出て食べやすくなります。味付けに飽きた場合は、カレーパウダーやチリソースなどお好みで味の変化をお楽しみください。

脂肪燃焼スープの口コミ

脂肪燃焼スープの口コミアンケートを一部紹介!!コツや合わせてしたダイエットなどを経験者の感想を掲載。

朝昼晩と脂肪燃焼スープを制限なく食べ続け、3kg痩せることに成功。飽きないようにタバスコを入れる、キノコを足して温め直すなど工夫をしました。
脂肪燃焼=ダイエットを意識しているので、食べている期間は自然とエクササイズやウィーキングを普段以上にするようなり相乗効果で1週間で2kg痩せました。2週間続けると背中や腰回りに明らかに変化を感じれるようになりました。トマト缶を使うと利尿作用に効果があるのかトイレが近くなり、毒素が出ている感覚もありました。お腹いっぱい食べても罪悪感がなく、芋類は糖度が高いので具材に使用することはありませんでしたが、葉物やピーマンなど好きな野菜を沢山入れ、歯応えや腹持ちが欲しければ鶏むね肉やささみを入れるなどで満足感があるのでおすすめの方法です。

スープ好きで料理が苦手な方にとってもおすすめ!!昼と夕食ををスープ、これに一口のタンパク質と僅かな量の糖質の組み合わせにしました。1ヶ月間、数日間のサイクルで、スープのベースと野菜を毎日変えて飽きないようにしました。昼食は洋風、夜食は和風にして、具沢山野菜とキノコをたっぷり過ぎるくらい入れました。食べ方は最初にスープを飲み干し、その後で少しずつ野菜を食べるようにしました。スープにオイルやバターをほんの少量使ってコクと満足感をプラスしたことがより満腹感を得て、栄養バランスも良くなりました。薬味を使う事で、味に変化を付けることができました。加えてスクワットやダンベルなどの筋トレをプラス。1ヶ月目から効果が出て体重と体脂肪が落ちて、3ヶ月で体重−2kg、体脂肪は−3%になりました。

朝はホットコーヒーと果物。昼は気にせず好きなもの。夜に脂肪燃焼スープをスープ用のお皿に一杯。最初の方は、朝起きたときのお腹のすき具合が酷く、慣れるまでは少しお腹減った状態が辛かったのですが、胃が小さく慣れば全く問題ありませんでした。あとは、ウェイトトレーニングを寝る前にやりました。結果1ヶ月で体重の変化としては3kg減、見た目は足とお腹を中心に見てわかる程度には締まりました。同じスープでは飽きてしまうので色々とアレンジをしました。「ささみを茹でて入れる」「唐辛子を入れて激辛にする」「豆乳を入れる」特に、辛いものがすきな人は、唐辛子入りはオススメです!!唐辛子、ごま油、すりごまを入れて坦々麺風にするのも◯!

置き換えダイエットの中でも1番のオススメ!!食べ過ぎてしまった次の日の朝、昼、夜の食事を脂肪燃焼スープにすることで余分な水分や毒素が外に排出されるためリセットされます。ポイントは「このスープなら食べたいときに食べたいだけ食べていい」という点です。
酵素ドリンクやプロテインなど他の置き換えダイエットが流行っていますが、飲むのと噛むのでは満足感が違います。酵素ドリンクの置き換えをしたことがありますが、やはり夜中にお腹が空いてしまいます。スープの具材はキノコを入れることをオススメします。キノコは食物繊維が豊富でお腹の調子を整えてくれます。さらに低カロリーでヘルシーなのでたくさんいれればカサ増しにもなります。

脂肪燃焼スープの実施期間は1週間。その期間はスープとタンパク質の何かをとることにして実施しました。朝と昼にスープ、夜は好きなものを一つ入れて食べることにしました。朝と昼は、スープを保温できる容器に入れ、ササミを食べていました。色々と考えていると面倒と思い、この組み合わせ食べ続けることにしました。その結果、1週間で3kg痩せることができました。夜に好きなものを一つ食べることでストレスをあまり感じず、成功したコツだと思っています。

脂肪燃焼スープダイエットのメリット

喜ぶ顔の女性

短期間で減量ができるデトックススープのメリットをご紹介しましょう。

成功率が高い

脂肪燃焼スープダイエットは、「低カロリー」「デトックス効果の高い野菜を使用」「食事制限」「糖質制限」「短期集中」…と、痩せる条件が揃っているダイエット方法であり、成功率が高いというのが一番のメリットでしょう。
実際に「医療の現場で実践されている」減量方法ですので、色々試しても痩せなかった方も1週間後に効果が実感できる方法ではあります。



満腹感が得られる

条件はあれども、断食ダイエットとは違ってしっかり食べられるのが特徴的です。
野菜がたっぷり食べられることから満腹感も得られやすく、スープの水分もしっかり摂取できるので腹持ちも良いです

脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

困った顔する女性

脂肪燃焼スープダイエットのメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。では見ていきましょう。

リバウンドしやすい

脂肪燃焼スープダイエットは、前述した通り外科手術前の食事療法として「とにかく体重だけを落とす」ことにフォーカスし生み出されたものであり、健康な方向けのダイエットではありません。
したがってこのダイエットに減量効果があるのは、極端なカロリー制限の上に成り立っていると言えます。
脂肪燃焼スープは1鍋で約500kcalで、追加で食材を摂取しても一食分はかなり低カロリー。この極端なカロリー制限は身体が「飢餓状態」と錯覚してしまい、溜め込みやすい体質になり、ダイエット終了後に通常の食事をするだけで太りやすくなります。
結果的にリバウンドを起こしてしまい、ダイエット前より体重が増えることになりかねません

圧倒的な糖質とタンパク質不足

カロリー制限もさることながら、このダイエットの食事内容は「糖質」と「タンパク質」も圧倒的に不足してしまいます。
脳の唯一の「糖質」が不足すると頭の回転が悪くなったりイライラしやすくなり、生活の質が低下します。
筋肉の供給源の「タンパク質」が不足すると筋肉量が減り、ダイエット終了の1週間後には基礎代謝が落ちてしまい痩せにくい体へ導いてしまいます。
1週間後に体重が減ったとしても、長期的に痩せにくい体になってしまったら本末転倒ですね。脂肪燃焼スープは野菜が多く取れるので一見栄養バランスが良いダイエット方法に見えますが、実は「不健康」な減量方法だと言えます。

リバウンドしないユルい脂肪燃焼スープダイエットをご提案

良い方法をご提案

細かいルールをしっかり守って食べたいものを我慢してもリバウンドする可能性が高い、と聞くとたった1週間といえども頑張る意味を見出せなくなりますよね。
実は、ダイエットは短期集中で行うよりも、時間を味方にすることが大切です。
細く長くダイエットと付き合っていくことで、必然的に「痩せ体質」になり極端なダイエットが不要になります。
今回は管理栄養士が考えた、習慣化できる脂肪燃焼スープダイエットの「応用編」をご紹介します

ユルーく行える優しい方法を、とりあえず3ヶ月頑張ってみませんか?ゆる脂肪燃焼スープダイエットのやり方は簡単です。

3日に1回、夕食を脂肪燃焼スープに置き換え!

毎食ではなく、3日に1度、夕食に「脂肪燃焼スープのみ」を食べるようにしましょう。理由は二つあります。

  • 食事は3日間サイクルで調整すれば脂肪を溜め込まずに済むからです。食べたものは、糖に変わり48時間は肝臓にストックされます。その間に燃焼されれば脂肪にならないので3日間の最終日にスープでリセットすれば、摂取カロリーを分散でき上手に調整できるという事です。
  • 脂肪燃焼スープは前述した通り糖質やタンパク質が不足しているので、朝食や昼食にスープだけにしてしまうと、栄養が足りず活動的になれない事も
    その点、あとは寝るだけという夜はできるだけ胃腸に食べ物を入れない方が良いので、置き換えに適しているのです。



置き換える日は基本ルールを守る

前述した基本ルールを、3日に1回だけ、できるだけ遵守しましょう。(前日アルコール禁止、は守らなくて○)
もちろん「ユル」がモットーですので、守れない項目があっても責める必要はありません。意識して取り組むようにしましょう!

スープの食べ方

スープはレシピ通りに作り、「1鍋を1ヶ月分」として食べていくと良いでしょう
スープに糖質の多い食材は含まれていないので冷凍保存可能。食べる前に温めましょう。
10等分にしてジップロックなどに小分けする作業が少し手間ではありますが、後々1食分を作らなくて良いと考えたら苦ではないと思います。

まとめ

まとめ

脂肪燃焼スープダイエットのように集中的に行うダイエットは減量効果は得られますが、その分代謝が落ちたりリバウンドしたりと、負担が大きいのも特徴的です。目先の減量にとらわれてついつい無理なダイエットに手を出してしまいますが、ゆるーく習慣的に取り入れていく方が、ストレスも少なくオススメです。
精神的にも身体的にも負担が少ない「ゆる」脂肪燃焼スープダイエット、ぜひチャレンジしてくださいね!

 

この記事をシェア

興味があるかも