脂肪燃焼スープ【朝昼晩】置き換えるならいつ?ダイエット効率が高いタイミングを管理栄養士が解説!

脂肪燃焼スープ

「脂肪燃焼スープダイエット」というダイエット法を聞いたことはありますか?
最近、このダイエットが流行していますが、中にはリバウンドしたり健康状態に影響をもたらしている方もいます。「脂肪燃焼ダイエット」にも方法はいくつかあります。

管理栄養士の立場からダイエットの方法やいつ置き換えるのかをお伝えしていきます。この記事で効率の良い置き換えるタイミングを考えていきましょう!

執筆者:さやか

資 格:管理栄養士|フードスペシャリスト|食物アレルギー対応食アドバイザー

仕 事:病院で栄養指導や献立作成、現在は保育所で活動中

話題の脂肪燃焼スープとは?

脂肪燃焼スープとは野菜を使ったスープのことです。このスープに3食置き換える脂肪燃焼スープダイエットというダイエットがありますが、これはスープの脂肪燃焼効果を利用したものです。もともとは病院で手術をひかえた肥満の患者に行われていた食事管理で、短期間で脂肪が落とせると話題になりました。

短期間で痩せられるダイエットの1つですが、その分リバウンドしやすいダイエットでもあります。そのため脂肪燃焼スープダイエットをアレンジした新しいダイエット法が作られ流行っています。今回解説するのは3食置き換えを1食置き換えにアレンジしたダイエットです。

このダイエットは「ダイエットがなかなか続かない」「すぐにリバウンドしてしまう」「すぐに痩せるのではなく痩せ体質になりたい」、そんな方にオススメなダイエット法です。

脂肪燃焼スープダイエットの方法とルール!

脂肪燃焼スープは基本の野菜がおおよそ決まっています。ダイエットは色々アレンジが加わっているため、この野菜ではいけないというルールはありませんが、基本の野菜を効果と一緒に紹介します。

  • 玉ねぎ:血液をサラサラにする作用や脂肪を燃焼する効果があります。
  • ピーマン:脂肪燃焼効果や、利尿作用もあるため体内の不要物質を排出してくれます。
  • セロリ:便秘解消の効果や美肌効果、独特な香りにはイライラを抑える効果もあります。
  • キャベツ:食物繊維が豊富で便秘解消や血糖値の上昇を抑えてくれるほか、満腹感を得やすい食材でもあります。
  • にんじん:活性酵素を取り除いてくれる働きがあります。糖質が多いのでスープに入れると甘みがでて美味しくなります。
  • トマト:抗酸化作用のあるリコピンが豊富に含まれており、美肌効果があります。

多くの野菜にはカリウムが豊富で、むくみを解消してくれる働きがあるのでお家にある野菜を使用しても良いですね。

脂肪燃焼スープ1食置き換えのやり方は朝、昼、夕のいずれかを脂肪燃焼スープに変えるだけ。そのほかのルールを挙げると下記のことを守るようにしてください。

アルコールを飲まない

お酒もカロリーがあり、おつまみとしてもカロリーや塩分を摂ってしまうのでダイエット期間中は飲まないようにしましょう。

砂糖や甘味料禁止

お菓子やデザートは食事とは別でカロリーを摂ってしまうことになるのでせっかくスープに置き換えてもカロリーオーバーになってしまいます。

砂糖の入っていない飲み物を飲む

飲み物はお茶やお水、ブラックコーヒーにしましょう。甘いものが欲しくなった時は果汁100%のジュースを選ぶと良いです。

スープ以外の食事で暴食しない

置き換えた食事以外の食事内容に決まりはありませんが、揚げ物などのカロリーが高い料理は控えるようにしましょう。

短期間で体重を落とすために3食とも置き換える方がいます。確かに短期間で脂肪を燃やすことができますが、極端なダイエットは体を飢餓状態にし健康に悪影響を及ぼします。3食置き換えはリバウンドしやすい為、1食のみ置き換えすることをオススメします。


朝・昼・晩それぞれのメリットデメリット

1食のみ置き換えることをオススメしましたが、朝、昼、夕のどのタイミングにするのが良いか、自分に合うのはどのタイミングか、それぞれのメリット、デメリットと一緒に見ていきましょう!

朝だけスープ置き換えのメリット・デメリット

朝は食欲があまりない人や食べる習慣のない人は朝食で脂肪燃焼スープに置き換えることをオススメします。朝食は食べた方が良いでので食べやすいスープに変えるとダイエット効果だけでなく、健康にも良い影響をもたらします。

しかし、今まで朝食をしっかり食べていた方にはあまりオススメできません。朝は前日夕食からの食事と食事時間が1番長く体が飢餓状態にあるため、野菜だけの脂肪燃焼スープでは十分にエネルギーを補充できません。今までしっかり朝食を食べていた方がスープに置き換えると体は節約モードに変わり、代謝効率が落ちてしまいます。
朝食に置き換えるのは、朝食を欠食する方の習慣を変えるきっかけにオススメです。

昼だけスープ置き換えのメリット・デメリット

昼食の置き換えは忙しい方にオススメです。仕事が忙しく飲み込むようにラーメンや弁当を食べている方は脂肪燃焼スープに置き換えることで食事にかかる時間を変えずにダイエット効率を上げられます。

昼食にがっつり食べているという方はがっつり昼食を低カロリーの燃焼スープに変えることだけでカロリーがカットされ痩せていきます。また、日中はよく動く時間帯でもあるので脂肪燃焼は促進されます。

昼食置き換えで注意したいのはその後の間食や夕食です、昼食をスープに変えたばかりにお腹が空いておやつを食べたり、夕食にたくさん食べてしまうと逆にカロリーがオーバーしてしまうかもしれません。よく動く日中はお腹が空きやすい時間帯でもあるので、我慢強さがないとついつい多く食べてしまいます。

晩だけスープ置き換えのメリット・デメリット

夕食置き換えはダイエットをしたい全ての方にオススメです。
昼食と同様、夕食にがっつり食べていた人は軽いスープに置き換えることでカロリーカットをすることができます。特に夕食はご飯を食べながらゆっくりすることが多く、食べ過ぎに繋がりやすいので、夕食をスープのみにすることは大幅なカロリーカットが期待できます。

夕食置き換えで注意したいのは食べる時間です。野菜のみのあっさりスープでも就寝時間ギリギリに食べることはあまりオススメできません。消化するにも時間が必要なので就寝する2時間前には済ませるように心がけましょう。

置き換えるならいつ!?管理栄養士オススメの時間!

私がオススメするのは夕食置き換えです。
その理由は朝食、昼食に比べて効果が見られやすいからです。3食置き換えるダイエットに比べ1食のみの置き換えは効果がすぐに現れず心が折れてしまいやすいです。夕食はお肉や揚げ物などがっつり食べている方が多く、そのカロリーをカットできることでダイエット効果は1番期待できると思います。

しかし、野菜のみのスープでタンパク質を取らない分、夜寝ている間に筋肉が分解されてしまうので朝食では卵やお肉、魚、豆腐などのタンパク質をしっかり摂りましょう。簡単に理想の食事例を挙げます。

理想的な食事
理想的な食事

食事内容も大事ですが、食べ方も大切です。スープなので流し込みやすいですがよく噛んで食べましょう。噛むために少し硬めに食材を煮込むのもオススメです。
私も食事を見直すときは夕食から見直します。なかなか続かない人や効果がすぐないとやる気が起きない人は特に夕食に注目し変化をつけると良いです。

まとめ

リバウンドをせず、継続して続けるためには1日1食脂肪燃焼スープに置き換えるダイエットがオススメで、置き換えるのは夕食にすると効果が出やすいです。

この1食だけ置き換えるダイエットは長期的なダイエットにオススメで、短期間で痩せたい方には物足りないかもしれません。ですが、3食置き換えに比べてリバウンドのリスクは少ないため、急ぎで痩せないといけない理由がない限りは1食だけのダイエットをオススメします。

どんなダイエットも継続できなければあまり意味がありません。ストレスなく続けて理想の自分に少しずつ近づきましょう。

 

この記事をシェア