乳酸菌の効果や選ぶポイントを全解説◎乳酸菌サプリメントいいとこどり10選!!

乳酸菌サプリのいいとこどり

「乳酸菌のサプリメントはたくさんあって選ぶのが大変…」「いろいろな菌があって、どの菌が良いか分からない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

近年、乳酸菌が配合されているサプリメントは数多く販売されており、購入するときに悩んでしまうことも多いかと思います。

そこで、今回は乳酸菌の効果やサプリメントの選び方、管理栄養士がおすすめする商品を一挙ご紹介!ぜひ記事を参考して、内側から健康を目指すサポートに役立ててくださいね。

小玉 奈津実

管理栄養士取得から食に関する職務に携わってきて15年以上。
健康食品の製造会社にて商品開発をした職歴を活かし、サプリメントの開発・監修や食に関する記事の執筆、オンライン栄養指導などフリーの管理栄養士として活動中。
管理栄養士として健康食品の開発に携わり、乳酸菌サプリメントの開発・監修をした実績多数あり。今回はその知識経験を活かし、乳酸菌サプリメントの効果的な摂り方や選び方をご紹介!

小玉 奈津実

管理栄養士として健康食品の製造会社にて商品開発をした職歴を活かし、乳酸菌サプリメントの開発・監修をした実績多数あり。今回はその知識経験を活かし、乳酸菌サプリメントの効果的な摂り方や選び方をご紹介!

執筆者:小玉 奈津実

資 格:管理栄養士|食品表示検定中級|食品衛生管理者

第二の脳「腸」を乳酸菌でイキイキと!!

乳酸菌は、オリゴ糖などの糖を発酵させて乳酸をつくる微生物の総称です。動物の体内など自然界に広く分布しており、食品を発酵させるはたらきがあるので、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品の製造に用いられます。そんな乳酸菌は、腸内にも存在します。

乳酸菌を補うことで腸内の善玉菌が増え、整った腸内環境づくりに役立ちます。

腸は、脳に次いで多くの神経細胞が存在するといわれているとても重要な器官。そんな第二の脳である腸を乳酸菌生活で整えて、イキイキとした毎日を過ごしましょう!

乳酸菌の効果

腸活

乳酸菌は具体的にどのような良い効果をもたらすのでしょうか。

腸内環境を整える

乳酸菌は、腸内環境を整える効果が期待できます。
人間の腸内は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(どちらにもなる菌)の3種類が存在し、悪玉菌が増えると便秘や生活習慣病の原因にもなるといわれています。

乳酸菌を補うことで、乳酸菌が乳酸を作り腸内が酸性になり、悪玉菌が住みづらい環境になるため、腸内環境が善玉菌優勢になり整腸作用のサポートとなります

免疫力向上

乳酸菌は、免疫細胞を活性化させるともいわれています。
人間の免疫細胞の約7割は腸に存在するといわれているため、腸内環境が整うことで免疫細胞が効果的にはたらくことが期待できます。

また、乳酸菌には、体の免疫機能のバランスが崩れて特定の物質に過剰に反応してしまう「アレルギー・花粉症」を抑制するはたらきもあると考えられています。

美肌効果

乳酸菌は、美肌効果も期待できます。
美容コラムで「腸を整えると肌も整う」とよく特集されていますが、その理由は悪玉菌の出す毒素が肌荒れの原因のひとつと考えられているためです。

乳酸菌の「悪玉菌の増殖をおさえるはたらき」が美肌づくりにも効果的なので、ぜひ内側から綺麗を目指したいですね。

乳酸菌の効果を最大限に引き出す方法とは?

せっかく乳酸菌を摂取するのであれば、効果的にとりいれたいですよね。

乳酸菌の効果を最大限に引き出す方法、それは「毎日継続する」ことです。

乳酸菌は腸内に定着しにくく、効果を持続させるためには継続して飲むことが重要となってきます。そのため、サプリメントとして摂取する場合は自身が飲みやすい形状や、味、価格、持ち運びしやすいかなどをチェックしておいたほうが良いでしょう。

乳酸菌を摂取するときの疑問点

疑問?

では、乳酸菌を摂取するにあたって「これでいいのかな?」と疑問を感じやすい2点を、下記で回答いたします。

乳酸菌は生きたまま腸に届く方がいいのか?

結論からいうと、乳酸菌は生きて腸まで届くほうが、より高い整腸作用を得ることができると示唆されています。ですので、乳酸菌サプリメントはしっかり腸までとどく工夫がされているものを選ぶのがいいでしょう。

例えば、製造の段階で殺菌処理がされていなかったり、胃酸で溶けないようなカプセルを使ったものなどです。また、死んだ乳酸菌も免疫を調節する作用など、健康への効果があるといわれています。死菌を摂取しても決して無駄ではない、ということも念頭に置くといいでしょう。

乳酸菌の摂り過ぎは身体に良くない?

乳酸菌をたくさんとりすぎてしまうと、腸管への作用が増強され下痢などの原因になるともいわれています。

しかし、一説では、腸内にはもともと多くの腸内細菌が生息しており、乳酸菌をたくさん摂取しても一定期間とどまるだけで排泄されるので大きく影響は与えない、ともいわれています。

どちらにせよ、乳酸菌を含むサプリメントの「乳酸菌以外」の成分のとりすぎになる恐れがあるので、決して過剰摂取せず、適切な量をとるようにしましょう。

乳酸菌配合の商品の選び方

「腸活」の需要が高まっている中、乳酸菌サプリメントは数多く販売されています。しかし、普段サプリメントを購入しない方は何を基準に選んで良いかわかりませんよね。
下記に、管理栄養士が考える「乳酸菌配合の商品を選ぶポイント」を5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

どんな乳酸菌が配合されているか注目!!

乳酸菌と一言でいっても、400種類以上が存在するといわれています。そして、菌の種類によって、期待できる効果も様々。

商品のサイトに配合されている乳酸菌の効能などが記載されているので、自身の目的に合ったものを選ぶことが重要です。

また、乳酸菌の量が明記している商品や、生きたまま腸にとどく工夫がされている商品もおすすめです。菌の種類はもちろん、効率よく乳酸菌を摂取できるかも比較すると良いでしょう。

1日あたりの価格で比較する

前述した通り、乳酸菌サプリは毎日継続することが重要となってきます。継続するにあたって大切なのは「1日当たりの価格です。

1袋あたりが安価でも、それが1ヶ月分か2ヶ月分で1日あたりのコストは大きく異なるので、確認するように意識しましょう。後ほどご紹介するランキングでは、各商品の1日あたりの価格も載せていますのでぜひ参考にしてください。

できるだけ食品添加物の少ないものを

毎日身体にとりいれるものなので、できるだけ食品添加物の少ないものがおすすめです。

特に、乳酸菌配合商品の中でも「食べやすく味付けされているもの」は要注意!そのような商品は、だいたい人工甘味料などの食品添加物が配合されているからです。

もちろん適量であれば問題ありませんが、健康のために摂取するサプリメントで余計な物を過剰摂取してしまったら本末転倒です。続けやすさとして味ももちろん大切ですが、できるだけ食品添加物が少ないほうが無難です。

エビデンスの有無

商品によっては、研究機関をつかって商品や菌の有効性を確認しているものもあり、このような情報がホームページで開示されていたら安心して購入することができます。

また、特定保健用食品や機能性表示食品は「有効性・機能性・安全性」の評価をクリアしているものなので、商品選びに悩んだときはその表示を確認してみるのもいいでしょう。

エビデンスがしっかりしている商品は期待できる作用も明記されているので、自分の目的にそって選ぶことができますよ。

個人差があるので口コミは鵜呑みしない

サプリメントを選ぶ際に参考にするのは「口コミ」かと思いますが、味や飲みやすさはともかく、効果に関しては個人差があるので鵜呑みにしないほうが無難です。

商品ごとに効果の差が生じる、というわけではなく、体質などの要因で乳酸菌の効果が思ったように出ない場合もあるからです。「効いた・効かなかった」という部分で商品を評価せず、自身にライフスタイルに合いそうなものを選ぶのがおすすめです。

管理栄養士が選んだ乳酸菌サプリメントランキング10選

管理栄養士が選んだ「乳酸菌が配合された健康食品(錠剤・粉末・そのまま食べられるタブレット・ドリンクなど)のランキング」を一挙ご紹介します。

今回、特に注目した部分は「乳酸菌の質や含有量」「続けやすさ(コスト・摂取目安量)」「余計なものが入っていないか(構成や添加物など)」の3点です。
ぜひ、ご自身に合った商品をみつけてくださいね!

  • ■商品画像…クリックでおすすめする理由へ
  • ■順位は管理栄養士の小玉が選ぶBEST3
  • ■価格)…全て税込
  • ■ぴったり…商品がどんな方に向いているのか
  • ■乳酸菌の量…乳酸菌の種類や量
  • ■返金…購入して効果が感じれなかった場合、全額返金

商品名 価格 ぴったり 乳酸菌の量 生菌or死菌 返金保証 形状 GMP製品 詳細を確認
1位おなか革命 4,400円
1日あたり約146円
生きて届く乳酸菌や乳酸菌生産物質を摂取、定期便の期間しばりがない商品を求めている方 1粒で1000億個
ナノ化乳酸菌nef®️に関してのみ
両方配合 × カプセル × 詳細へ
2位花菜の選べる乳酸菌 6,264円
1日あたり約208円
乳酸菌に慣れないように2種使い分けるスタイルを試し、乳酸菌数を重視する方 2粒5000億個以上 両方配合 × 錠剤 × 詳細へ
3位米のしずく 3,000円
ドリンク約300円(10日分)
タブレット約200円(15日分)
デリケートな子どもに飲ませたい、表示対象27品目アレルゲンフリーが良い方 1本あたり200億個(ドリンク)
3粒あたり200億個
死菌 × ドリンク
タブレット
詳細へ
乳酸ジンジャー 4,320円
1日あたり10ml摂取の場合、約144円
腸活だけでなく温活もしたい方や無添加にこだわりたい方 5000億個(1本で) 死菌 × シロップ × 詳細へ
腸活の素 5,400円
1日あたり約180円
腸活に特化したサプリやお菓子感覚で乳酸菌の量を多く摂取したい方 2粒で納豆菌25億個
有胞子乳酸菌5億個
ビフィズス菌60億個
両方配合 × タブレット × 詳細へ
くろしろ 7,980円
1日あたり約266円
10種類の乳酸菌が配合されているので自分にあう菌を探したい方 2粒で4000億個 死菌 カプセル 詳細へ
酢酸菌サプリメント 1,998円
1日あたり約66円
1日当たりの単価を抑えたい、酢酸菌と乳酸菌を同時に摂りたい方 記載なし 両方配合 × 錠剤 × 詳細へ
ラクルル 7,530円
1日あたり約251円
ダイエット成分や美容成分も摂取したい方 1日約300億個 両方配合 錠剤 詳細へ
ビフィズス菌+ユーグレナスティック 4,536円
1日あたり約151円
錠剤が苦手で飲みやすい粉末タイプが良い、栄養価の高いユーグレナも一緒に摂りたい方 ビフィズス菌50億個 両方配合 × 粉末 詳細へ
エルフィング 7,344円
1日あたり約244円
おやつ感覚で乳酸菌を補給したい方や14種のスーパーフードも摂り入れたい方 記載なし 生菌 × タブレット × 詳細へ

8つの成分で腸内環境を整える「おなか革命」

おなか革命

菌活サプリメントとして、おなかに革命をおこす8つの成分が配合されている「おなか革命」。

特許製法でナノ化処理されて吸収率をアップさせた「ナノ型乳酸菌nEF®︎」や、善玉菌が作りだす物質である「乳酸菌生産物質」、胃酸や熱に強い「有胞子乳酸菌」が体内細菌を補給するという位置づけで配合されています。

食物繊維やオリゴ糖も配合されているので、プレバイオティクス(善玉菌のエサとなるはたらき)としても効率的な配合です。1日1粒という目安量も続けやすく、食品添加物も4種のみと少なめの構成です。

<おすすめポイント>

  • 日本成人病予防協会推奨品
  • 「補う×整える×増やす」のステップで腸内環境を整える
  • 乳酸菌のほかにも酵素や亜鉛酵母、大豆イソフラボンなど厳選された成分が配合

<配合されている乳酸菌の効果>

特許製法でナノ化処理されて吸収率をアップさせた「ナノ型乳酸菌nEF®︎」、善玉菌が作りだす「乳酸菌生産物質」、胃酸や熱に強く生きたまま届く「有胞子乳酸菌」の3種を配合。腸内環境の乱れを整える効果が期待できるとのこと。

1日の摂取目安量 1粒を目安に

<口コミ>

1日1粒から始められるので、手軽で続けやすい」「匂いもなく小粒で飲みやすい」「植物のデザインがおしゃれで持ち歩くのもGOOD」と飲みやすさや続けやすさに高評価の口コミが多くみられました。

管理栄養士の小玉がNo.1に選んだ理由

特許製法でナノ化処理されて吸収率をアップさせた「ナノ型乳酸菌nEF」善玉菌が作りだす物質である「乳酸菌生産物質」胃酸や熱に強い「有胞子乳酸菌」と質の高い乳酸菌が配合されています。

食物繊維やオリゴ糖も配合されていてプレバイオティクス(善玉菌のエサとなるはたらき)としても効率的な配合で、1位とさせていただきました。
1日1粒という目安量も続けやすく、食品添加物も4種と少なめな部分もポイントが高いですね。

花菜の選べる乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌

2種類の異なるサプリを約15日サイクルで飲み、新鮮な乳酸菌をとりいれて実感力をキープするというサプリメント。

短鎖脂肪酸を効率よくつくるために、熱や酸に強い「植物性乳酸菌」と、生きて届ける「有胞子乳酸菌」、吸収率の高い「ナノ型乳酸菌」などの8種の乳酸菌が配合されています。オリゴ糖も配合されているので、プレバイオティクス(善玉菌のエサになる)にもおすすめ。

食品添加物は、それぞれ3〜4種配合と少なめの構成です。乳酸菌数が「1ヶ月で10兆個配合」と今回紹介したアイテムの中でトップとなるので、乳酸菌数を重視する方におすすめです。

<おすすめポイント>

  • 2種類で1セットとなっており、15日毎に飲むことでWアプローチできる新感覚サプリメント
  • 8種の乳酸菌が1ヶ月10兆個配合

<配合されている乳酸菌の効果>

京都の漬物すぐき由来で熱や酸に強い「植物性乳酸菌」と、生きて届ける「有胞子乳酸菌」、長野県木曽町のすんき漬けから発見された吸収率の高い「ナノ型乳酸菌」の3種配合。1ヶ月で10兆個摂取でき、内側からのスッキリを目指せる。

1日の摂取目安量 2粒を目安に

<口コミ>

パッケージが可愛く、2種類1セットでお得感がある」「初回は安いが、それ以降は価格が少し高め」「錠剤だが、匂いもなく飲みやすい」という口コミがみられました。

管理栄養士の小玉がNo.2に選んだ理由

乳酸菌数が「1ヶ月で10兆個配合」と、今回紹介したアイテムの中でトップとなるので、乳酸菌数を重視する方におすすめです。
2種類で1セットとなっており、15日毎に飲むことでWアプローチできる新感覚サプリメント。異なる乳酸菌をとりいれて実感力をキープするといった点で上位に選びました。食品添加物は、それぞれ3〜4種配合と少なめの構成も魅力的。

【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合

米のしずく

菊正宗酒造の米を使った強い力を持つ「乳酸菌LK-117」を配合した、アレルブロックサプリメントの「米のしずく」

1日200億個も摂取でき、子どもでも美味しく摂取できるドリンクとタブレットの2種類が販売されています。

表示対象27品目アレルゲンフリーなので、乳アレルギーがありヨーグルトが食べられない方でも安心して摂取できます。食品添加物に関しては、ドリンクは4種、タブレットは9種配合されています。

大学との共同研究で作られた強い乳酸菌で、内側からバランスを整えたい方におすすめです。

<おすすめポイント>

  • ドリンクタイプとそのまま食べられるタブレットタイプが選べる
  • 大学との共同研究の強い乳酸菌を配合し、バランスを整える
  • 1日200億個以上の乳酸菌が摂取でき、アレルゲンフリー

<配合されている乳酸菌の効果>

菊正宗酒造の米を使った乳酸菌「LK-117」を1日200億個以上配合。神戸大学との共同研究の菌で、敏感や刺激から守る力が期待できる。

1日の摂取目安量 ドリンク1本 タブレット3粒

<口コミ>

定価が少し高いが、初回半額で試せる」「米を使った乳酸菌飲料で安心して飲める」「アレルゲンフリーは嬉しい」といった口コミがみられました。

管理栄養士の小玉がNo.3に選んだ理由

子どもでも美味しく摂取できるドリンクとタブレットの2種類が販売されている、表示対象27品目アレルゲンフリー、といった「安心して摂取できる」といった部分で上位に選ばせていただきました。
菊正宗酒造の米を使った乳酸菌「LK-117」を1日200億個以上配合できるのも魅力的。神戸大学との共同研究の強い乳酸菌で、内側から強いからだを目指せます。

乳酸ジンジャー

乳酸ジンジャー

乳酸ジンジャーは、お米由来の乳酸菌5000億個・ミネラル成分36種類以上入っている生姜シロップです。

この商品の1番の特徴は、食品添加物が入っていないところです。甘さを「黒糖蜜と粗製糖」でつけており、人工甘味料やその他着色料や香料も不使用なのは魅力的です。

また、代謝アップをサポートする国産生姜や、濃縮ミネラル水、ミネラルの運び屋フルボ酸も配合されており、健康効果が期待できます。

<おすすめポイント>

  • 食品添加物不使用の生姜シロップで、温活も腸活もしたい方にピッタリ
  • 1本にお米由来の乳酸菌を5000億個配合
  • 冷えやミネラル不足に悩む方にもピッタリ

<配合されている乳酸菌の効果>

「植物性乳酸菌K-1」お米由来の乳酸菌で、整腸作用や冬の肌の悪化抑制などが期待できる。

1日の摂取目安量 10ml〜30mlを目安に

<口コミ>

濃いめの生姜が喉にいい」「味も美味しいのに添加物なしで安心」「ヨーグルトに合うので毎日続けている」など、生姜が効いていて美味しいとの口コミが多くみられました。

腸活の素

腸活の素

「腸活の素」は、ヨーグルト味で水なしでも噛んで食べられる3種の菌配合のタブレットです。名前の通り、腸活以外の成分が入っていないのが特徴的。

自社で開発した「BiProGE納豆菌」と、胞子の硬い殻で菌を守って胃酸や熱から菌を守る「有胞子乳酸菌」は生きて腸まで届くので抜群の整腸作用が期待できます。

また、腸内の善玉菌の99%をしめる「ビフィズス菌」や善玉菌のエサになる「食物繊維・オリゴ糖」と、まさに腸活のために作られたサプリメントです。

おいしく食べられるように香料や人工甘味料が使われています。おやつがわりに摂取するなど、手軽に続けるには良さそうです。

<おすすめポイント>

  • 腸活以外の有効成分は入っていないのでしっかり腸を整えたい方にオススメ
  • 生きて腸までとどく菌を配合しており、1粒あたりの菌数がとても多い
  • 食べやすく続けやすいヨーグルト味のタブレット

<配合されている乳酸菌の効果>

2粒で自社開発された納豆菌25億個、有胞子乳酸菌5億個、ビフィズス菌60億個配合。生きて腸までとどくので、整腸作用が期待できるとのこと。

1日の摂取目安量 2粒を目安に

<口コミ>

お菓子みたいな味でおいしい」「納豆の匂いがあると思っていたが、ほとんど香りなく食べやすい」「少し値段が高いが定期便の回数制限がないのが良い」といった、食べやすく継続しやすいといった口コミがみられました。

くろしろ

くろしろ

「吸着力×吸収力」の調和でバランスよくダイエットのサポートをする、というコンセプトのサプリメント。そのため、有効成分の配合数がとても多いのが特徴的です。

吸着力の高い赤松炭、健康効果の高い酵素・酵母・麹、代謝アップが期待できるブラックジンジャーに10種の乳酸菌と贅沢な種類の配合。ただしひとつひとつの成分は配合量が少ない可能性もあり。

食品添加物は5種類配合で、カプセル状のサプリメントの中では少ない方ともいえます。

<おすすめポイント>

  • 10種類の乳酸菌が配合されているので、相性が良い菌に当たる可能性もある
  • 炭で乱れた環境をサポートし、酵素・酵母・麹で豊富な栄養素を補って乳酸菌で整えるというコンセプト
  • おしゃれなパッケージかつカプセルタイプなので外出先でも摂取しやすい

<配合されている乳酸菌の効果>

10種類の乳酸菌を配合。腸内フローラのバランスを整える効果が期待できるので、整腸しながらダイエットしたい人におすすめ。
1粒で2000億個の乳酸菌がとれると記載。(公式HP参照)

1日の摂取目安量 2粒を目安に

<口コミ>

痩せやすいカラダづくりにピッタリ」「匂いも味もしないので飲みやすい」「続けたいけどコスパが悪い」という口コミがみられました。

酢酸菌

酢酸菌

柿から単離させ植物由来の原料で発酵させた「酢酸菌」を主成分に乳酸菌も一緒にとれる錠剤サプリメントです。

酢酸菌はアレルギー改善効果が乳酸菌の10倍といわれています。また、乳酸菌も一緒にとると相乗効果でさらに高く作用すると考えられているので「有胞子乳酸菌」や「ガゼリ菌」も配合されています。

難消化性デキストリンやオリゴ糖も配合されているので、善玉菌のえさとなり、整腸効果が期待できます。食品添加物は3種配合、1日約66円と続けやすい価格も魅力的です。

<おすすめポイント>

  • 酢酸菌と乳酸菌のパワーでアレルギーが気になる方に
  • 定期コースは一回で解約可能なのでお試しで始めることができる
  • コスパが良く続けやすい

<配合されている乳酸菌の効果>

熱や酸に強い「有胞子乳酸菌」と腸に長くとどまるといわれる「ガゼリ菌」を配合。腸内環境を整える効果が期待できます。

1日の摂取目安量 2粒を目安に

<口コミ>

粒も小さめで飲みやすい」「花粉症が気になっているので購入してみた」といった口コミがみられました。

LACLULU (ラクルル)

3つの「乳酸菌」と、短鎖脂肪酸を増やす「酪酸菌」と燃焼成分や美容サポート成分も配合されている「LACLULU(ラクルル)」。乳酸菌は1袋あたり9000億個と多く配合されています。

オリゴ糖や食物繊維などプレバイオティクス成分も配合。また、ダイエットサポート成分や美容サポート成分も多種類配合されているので、色々な成分を摂りたい方にはおすすめです。

食品添加物は4種のみで少なめ。しかしながら有効成分の種類がとても多く、おそらく乳酸菌以外の1つ当たりの成分配合量はそこまで多くはないのかなと感じました。

<おすすめポイント>

  • 粒が150mgと小さめなので飲みやすい
  • 乳酸菌以外の美容成分や燃焼成分など種類が多く配合されている

<配合されている乳酸菌の効果>

殻に包まれて熱や酸に強い「有胞子乳酸菌」とすんき漬け由来の吸収率の良い「ナノ型乳酸菌SNK」、ヒト由来の「ヘルパー乳酸菌」を配合。1袋で9000億個配合。整腸効果が期待できる。

1日の摂取目安量 3粒を目安に

<口コミ>

初回は500円程度で安いが、続けるとなるとお高め」「飲みやすい大きさ」「ピンクのパッケージが可愛い」といった口コミがみられました。

ビフィズス菌+ユーグレナスティック

ビフィズス菌+ユーグレナスティック

乳酸菌、酪酸菌、ビフィズス菌が配合された美と健康にアプローチ<した粉末スティック状の商品。ヨーグルト味がついていて、噛まずに水で飲むタイプです。ビフィズス菌は、胃酸に強い三層構造カプセルで守られているので、生きたまま腸まで届けることが期待できます。

また、黄金色ユーグレナの特有成分パラミロンは善玉菌増加をアシストするといれています。オリゴ糖やイヌリン(食物繊維)も配合されているので、さらに整腸効果を高めます。

飲みやすいように香料や乳化剤など食品添加物は10種と多く、砂糖も入っています。しかし、1包約7kcalとカロリーは控えめ。錠剤が苦手な方には良いかと思います。

<おすすめポイント>

  • ビフィズス菌は胃酸に強い三層構造カプセルで守られているので生きたまま腸にとどく
  • 59種の栄養素を含む黄金色ユーグレナが善玉菌増加をアシスト
  • 個包装で衛生的、持ち運びも便利

<配合されている乳酸菌の効果>

悪玉菌の増殖を抑える「ガセリ菌・アシドフィルス菌」、腸内の善玉菌の約99%を占める「ビフィズス菌」を生きたまま補給できるので整腸作用が期待できる。

1日の摂取目安量 1〜2包を目安に

<口コミ>

駄菓子のラムネのようなほんのり酸味のあるヨーグルト味」「粉末を噛まずに飲むので、最初少しむせてしまった」「甘さがあるからストレス緩和にもいいかも」という口コミがみられました。

エルフィング

ビフィズス菌などの痩せ菌と、オリゴ糖などの痩せ菌を育てる成分を組み合わせる「シンバイオティクスの効果」をコンセプトにしたエルフィング。

腸内フローラ改善に役立つ「短鎖脂肪酸」を生み出すグァ豆ファイバーも配合。また、そのほかにも「モリンガ」などのスーパーフードを配合し、ビタミンやミネラルも摂取できるので健康的に体の中から美容と健康をサポートします。

食べやすいように食品添加物の香料や人工甘味料(アスパルテーム)が入っているので目安量を守り、おやつ代わりに食べると良いでしょう。

<おすすめポイント>

  • 痩せ菌を増やすシンバイオティクス×14種のスーパーフード
  • ヒト由来のビフィズス菌536株を配合
  • 食べられるサプリとして手軽に補給

<配合されている乳酸菌の効果>

赤ちゃんの腸内から発見された「ビフィズス菌536株」ヒト由来なので腸と相性が良く、生きた菌がしっかりとどくといわれている。

1日の摂取目安量 3粒を目安に

<口コミ>

ブルーベリー味で美味しい」「パッケージデザインが可愛い」「初回は安いが、続けるにはお高め」といった口コミがみられました。

まとめ

今や乳酸菌配合の食品は、スーパーでも手軽に買えるほど私たちの生活になじみのある存在です。そしてサプリメントとしても、錠剤・粉末・ドリンクなど様々な形状の商品が売られており、そのメリットも様々です。

今回のランキングは「乳酸菌の質や含有量」「続けやすさ」「無駄のない構成」に注目して順位を決めましたが、購入する方が「何を重視するか」でも変わってくるかと思います。自分自身のライフスタイルに合わせて選べたらいいですね。

ぜひ、バランスの良い食事や運動と合わせて乳酸菌サプリメントをとりいれて、内側から健康なからだづくりを目指しましょう
今回の記事を参考にして、ピッタリの商品を探してみてくださいね!

 
   
この記事をシェア