「季節のスープ」をたべて痩せ体質に!季節のスープダイエットの方法とおすすめレシピをご紹介

季節のスープ

食卓の脇役になりがちなスープ。しかし、スープは「旬の食材」をふんだんに使うことでダイエット効果や免疫力がアップする最強メニューなのです。
今回は、旬の食材を使った季節のスープがダイエットに効果的である理由と、季節のスープダイエットのやり方、スープにおすすめの旬食材、ダイエットおすすめレシピ動画をご紹介します。

執筆者:小玉 奈津実

資 格:管理栄養士|食品表示検定中級|食品衛生管理者

季節のスープがダイエットに効果的な理由

季節のスープがダイエット効果が高い理由をご紹介します。

旬の食材は栄養を効率よく摂取できる

旬の食材は通常よりも栄養価が高いことが特徴的
例えばほうれん草。旬である冬に収穫されたものはビタミンCが約3倍になるといわれています。また収穫時期は市場に多く出回るため、安価で手に入るのも魅力のひとつ。安く手に入るので躊躇する事なく大量の野菜を使うことができ、スープにすることでカサが減るので、効率よく多くの栄養を摂取できます。

栄養を余すことなく摂取できる

成分によっては水に溶けやすく、下処理の段階で栄養が減ってしまうものもあります。しかし、溶け出た栄養も丸ごとスープにするので、食材の栄養を余すことなく摂取できます



身体が温まることで痩せ体質に

痩せにくくなる原因は「冷え」にあるといわれています。
理由は冷えて代謝が悪くなることで使うカロリーが減り、脂肪を溜め込みやすくなるためです。また、内臓が冷えることで消化吸収も悪くなり必要な栄養が身体に届かず代謝がさらに下がるという悪循環にも。温かいスープは冷えを追い出し、内側から代謝をあげるのに最適なのです。

デトックス効果が期待できる

体内の毒素を排出する、いわゆる「デトックス」がしっかりおこなわれていることが痩せ体質への近道です。
デトックスのためにはしっかりと腸内環境を整えて排便を促すことが重要です。旬の野菜には「食物繊維」が豊富に含まれているので整腸作用が期待できると同時に、温かいスープが胃腸のはたらきをスムーズにするので内側からデトックス効果が期待できます。

痩せルーティンにぜひ!【季節のスープダイエット】のやり方

痩せ体質に近づくには季節のスープを食べる「だけ」ではなく食べ方や調理のコツも大切になってきます。
こちらの項目では具体的な【季節のスープダイエット】のやり方をご紹介します。

夜は「スープ+タンパク質」で過ごす

季節のスープを食べるタイミングは「夜」がおすすめです。
理由は、夜は食べたものが脂肪になりやすい時間帯であるためです。低カロリーで腹持ちの良いスープを食べる事で満腹になりやすく、摂取カロリーを抑える事で脂肪になるのを防ぐのに役立ちます。また、スープだけになるとタンパク質が不足しがちになります。筋肉のもとになるタンパク質は毎食欠かさず食べることが痩せ体質への近道ですので、スープにプラスして食べるようにしましょう。
具体的には脂肪燃焼効果の高い赤身肉や、良質なタンパク質が豊富な魚・大豆食品(納豆、豆腐)・卵がおすすめです!

薬味をプラス

季節のスープダイエットのデメリットは、どうしても塩分摂取が多くなってしまう点です。塩分を摂り過ぎると、高血圧の原因やむくみを生じやすくなります。
次の項目で紹介するレシピより「少し薄味」を心がけると良いでしょう。塩分をひかえつつ生姜やニンニクなどの薬味を加えると、味変を楽しめますし身体を温める効果も高まるのでおすすめです。



野菜の水分を活用する

「無水調理」という言葉はご存知でしょうか?
加熱により鍋の中の水分が水蒸気となり、鍋と蓋の間に水の膜を作って密着する事で最小限の水分で調理できる方法です。本来は無水調理は専用の鍋が必要ですが普通の鍋でも、できるだけ野菜の水分を活用して調理する「無水調理風」でスープを作ってみましょう!方法としては、水分の多い葉物野菜(白菜・キャベツ・レタスなど)をレシピより多めに入れて、水分量はレシピより少なくして調理しましょう。野菜のビタミンやミネラルをより多く摂取でき、代謝アップに役立ちます。

ダイエットにおすすめ【季節のスープレシピ】(春夏秋冬別)

では具体的な季節のスープのレシピの動画と、季節ごとに活用したいダイエット向けの旬食材をご紹介します。

春におすすめ旬食材・レシピ

苦味のある食材が多いのが特徴的な春の食材。その苦味はデトックス効果の高い成分からなるもので、冬の間に溜め込んだ毒素を排出するはたらきが期待できます。
具体的には「菜の花・春キャベツ・アスパラガス・新玉ねぎ・たけのこ・そら豆・山菜(ふきのとうやふき)・スナップえんどう」などです。

おすすめなポイント

豆乳ベースなので良質なタンパク質も摂取できるダイエットにピッタリのスープ。春キャベツは柔らかく、胃腸を強くするビタミンU(キャベジン)も豊富。新玉ねぎも甘みがあり血液サラサラ効果の高い硫化アリルが多く含まれています。硫化アリルは水に溶けやすいのでスープにしていただくと栄養を逃がす事なく摂取できます。

夏におすすめ旬食材・レシピ

夏に旬をむかえる食材は、水分やカリウムを豊富に含むものが多いのが特徴的です。夏バテ予防やむくみ解消に効果的で、ビタミンも豊富なものが多いため紫外線から肌をまもる効果も期待できます。
具体的には「トマト・ナス・キュウリ・オクラ・ズッキーニ・パプリカ・ゴーヤ・かぼちゃ・枝豆・レタス」などです。

おすすめなポイント

夏野菜のオクラやトマトをふんだんに使ったレシピ。トマトに含まれるリコピンは抜群の抗酸化作用をもち、血流が上がる事で代謝が上がりダイエット効果が期待できます。オクラもカリウム豊富でむくみ解消におすすめ。シンプルな味付けで手軽にできるスープです。

秋におすすめ旬食材・レシピ

「実りの秋」と言われるだけあって、秋は旬食材がとても豊富。きのこ類や根菜類も多く出回り、食物繊維やビタミン類が多く含まれており整腸作用により夏の暑さで消耗した身体をいたわるはたらきが期待できます。
具体的には「きのこ類(舞茸・しいたけ・松茸など)・レンコン・人参・かぼちゃ・じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋・ごぼう・青梗菜」などです。

おすすめなポイント

栄養抜群の中国野菜「青梗菜」をメインに使ったスープで、抗酸化作用の高いビタミンEが豊富なのでデトックス効果も期待できます。旬のきのこをたっぷりと使っているので食物繊維もふんだんに摂取でき、整腸作用に役立ちます。生姜やニンニクも入っているので内側から温める効果も期待できます。

冬におすすめ旬食材・レシピ

寒い冬に旬を迎える食材は、身体を温めるものが多いのが特徴的。また、ビタミンEやビタミンCを豊富に含むものも多く風邪予防や美肌効果にも役立ちます。
冬におすすめの旬食材は「白菜・春菊・ほうれん草・大根・かぶ・長ネギ・ブロッコリー・小松菜・水菜」などです。

おすすめなポイント

冬に旬を迎えるかぶは消化酵素のアミラーゼを多く含み、消化吸収をサポートします。かぶの葉や人参はβ~カロテンやビタミンCが豊富で抗酸化作用が高く代謝アップが期待できます。ニンニクは身体を温める効果もあるため、寒い冬におすすめの和風ミネストローネです。

自分にぴったりのスープが毎月届く!

「なかなかスープを作る時間がない」「調理の手間を省きたい」と忙しい方にぴったりの【レンジで5分簡単!無添加の野菜たっぷりスープ】が毎月届くサービスはご存知でしょうか?事前に自分に必要な野菜と食材を無料診断したのち、自分に合った管理栄養士と料理家監修のヘルシースープが毎月届く仕組みです。レシピに悩むことなく、お好みの水分(豆乳や牛乳にカスタマイズ可能)を加えるだけで簡単にできるので、忙しい毎日のダイエットに最適ですね。
サービスの詳細は下の画像、または購入はこちらからご確認ください。



ご購入はこちら!

まとめ

旬の食材を上手に活用する事でダイエットにもなる、季節のスープダイエット。
「旬の食材は何だったっけ?」と悩んだ際は、スーパーで特売になっている野菜を選んだらOK!その季節に多く出回っていて安く提供できる野菜=旬野菜、といえるためです。
ぜひとも旬の恵みの恩恵を受けながら、痩せ体質を目指しましょう。

興味があるかも