なぜコーヒーで痩せる?ダイエットのやり方・効果を高める方法・飲み方アレンジ4選をご紹介!!

コーヒーダイエットについて

皆さんは1日にどれくらいのコーヒーを飲みますか?街には様々なコーヒーショップが立ち並び、ご家庭でも気軽に飲むことのできるコーヒー。

コーヒーが生活には欠かせない!という方も多く、あらゆるシーンのお供として身近な存在ですよね。そんなコーヒー、実は非常にダイエット効果があるんです。

飲むタイミングや種類によってダイエット効果も大きく変わってきますので、本記事では具体的に効果を高める方法をご紹介していきます。

執筆者:内田 桃花

資 格:管理栄養士


コーヒーでなぜ痩せる?

コーヒー豆とマグカップ

コーヒーにはカフェイン成分が含まれています。このカフェイン成分がコーヒーが眠気覚ましに効果のあるといわれる理由です。しかしカフェインのその他はあまり知られていません。

その他の効果には疲労感減少・抑制作用老廃物排出する利尿作用この2つに加え、血流の流れをよくする血管拡張作用による脂肪燃焼作用があります。

具体的な効果

  • カフェインを摂ることでカフェインに含まれるリパーゼが消化酵素の働きを促進し、脂肪を脂肪酸とグリセリンの2つに分解し脂肪を燃焼しやすい状況を作る。
  • 交感神経が刺激され血流がよくなることで新陳代謝が活発になり脂肪燃焼につながる。

上記の効果が脂肪分解→脂肪燃焼の作業をコーヒーを飲むだけで出来るんです。

コーヒーには、カフェインの他にポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という成分が含まれており、別名コーヒーポリフェノールとも呼ばれています。

クロロゲン酸には抗酸化作用、脂肪蓄積を抑制する効果があります。抗酸化作用とは、日々の不規則な生活によって過剰に発生し、体の細胞を攻撃する活性酸素を抑制することです。

コーヒーにはこのような成分のおかげで脂肪燃焼効果+脂肪蓄積抑制効果、活性酸素を抑制するなどの健康効果もある優れた飲み物なのです。

簡単なコーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットの正しい方法

コーヒーダイエットは飲み方によってダイエット効果が大きく変わってきます。

普段何気なく飲んでいるコーヒーの正しい飲み方と言われてもなかなかピンとこないと思いますが、簡単に出来るものばかりです。少し意識するだけでダイエット効果を高めることが出来るので、以下お読みいただけたらと思います。

効果を高める方法

コーヒーダイエットを高める重要なことは下記2つです。

  • 飲むタイミング
  • 飲むコーヒーの種類」

コーヒーには多量のカフェインが含まれており、カフェインは刺激物であり、時に頭痛や下痢などの症状を起こすことがある為、飲みすぎは体に良くありません

体重によってカフェインの上限摂取量は人によって変わってきますが、おおよそ1日4〜6杯を目安に飲むようにして下さい。適正量で効果を高めるには少々工夫が必要です。

コーヒーを飲むタイミング

飲むタイミングは主に食後・運動前とこの2つがポイントになってきます。

先ほども申し上げたカフェインとクロロゲン酸の効果にあります。クロロゲン酸には血糖値を抑える効果があります。食後は血糖値が最もあがる瞬間なので、このタイミングで飲むことが最もクロロゲン酸の効果を発揮するからです。

また、カフェインは集中力を高め覚醒させる効果があり、運動時のパフォーマンスを高めることができます。運動直前ですとカフェイン効果があまり感じられないので、運動45分前に飲むことがおすすめです。

脂肪燃焼効果のある有酸素運動と組み合わせるとより効果的ですので是非試してみてください。

アイスorホットどちらを飲むことがおすすめ

おすすめはホットで飲むことです。理由はホットで飲むことによってより血行を促進し代謝を高めることが可能だからです。もちろんアイスコーヒーにも十分ダイエット効果があるので夏にホットで飲む必要はありません。

クロロゲン酸は熱に弱いという性質があり、80度以上の熱になると効果が薄くなりますので、ホットで飲む場合は出来上がり直後ではなく、少し覚ませてから飲むといいでしょう。

効果を高める飲み方4選

効果を高めるコーヒーの種類や飲み方

コーヒーの種類について述べていきたいと思います。ここでは細かいコーヒー豆の種類など、そこまで難しい話ではありませんのでご安心ください!

イメージとしては、いつも飲むコーヒーに一工夫アレンジを加えるイメージで、簡単なものばかりです。ここではダイエット効果の高い4つのコーヒーの飲み方をご紹介します。

MCTオイルコーヒー

ブラックコーヒー+MCTオイルコーヒーの組み合わせです。作り方は簡単で、ホットorアイスコーヒーに大さじ一杯のMCTオイルを入れるだけ。

MCTはMedium chain Triglycerideの略で、日本語で中鎖脂肪酸と訳されます。この中鎖脂肪酸がダイエットに優れモノで、MCTオイルは中鎖脂肪酸の割合が10割となります。

油だから太るんじゃないか?と思いがちですが、このMCTオイルは通常の油に含まれている長鎖脂肪酸と違い、体に蓄積されている脂肪を最優先にエネルギーにまわすことができるケトン体回路をまわします。

普通の油と違って体内に蓄積されにくく、体脂肪を燃やす体質に変えてくれる働きがあるということです。油で脂を燃やすなんて画期的ですね!

ココナッツオイルコーヒー

ブラックコーヒー+ココナッツオイル(大さじ1杯)の組み合わせです。MCTオイルと同じく、こちらも多くの中鎖脂肪酸が含まれているためダイエット効果が高いといえます。

ココナッツオイルはアンチエイジングにもいいとされ、美肌効果や最新の研究では認知症予防にも役立つそうです。オイル選びが特に大切とされていて、必ずヴァージンココナッツオイルを選ぶようにしてください。ヴァージンココナッツオイルは無添加で体に優しく、ミネラルなどの栄養分が豊富だからです。

おからパウダーコーヒー

ブラックコーヒー+おからパウダー(大さじ1杯)の組み合わせです。和食の副菜としておなじみのおからは、豆腐を作る時の大豆のしぼりかすから出来たもので、こちらをパウダー状にしたものです。

粒子が粗いものと細かいものの2種類あり、コーヒーに入れるのなら粒子が細かいタイプ(超微粉)の方がコーヒーに溶けやすくおすすめです。

おからパウダーに含まれる大豆たんぱく質には食欲抑制効果があるということ、痩せホルモンのアディポネクチンが分泌されることで結果ダイエット効果につながるというものです。

味がパサパサするのが気になるという方もいらっしゃるので、そういった方はお好みで小さじ1杯程度の牛乳を加えるとよいでしょう。ただし入れすぎはカロリーの摂りすぎとなるので注意です。

バターコーヒー

バターは高カロリー、ダイエットに天敵なイメージが強いですが、ここではグラスウェッドバターという無塩バターを使います。

通常の牛には栄養剤・穀物を与えて育てるのですが、牧草だけで作られた貴重な牛の乳から作られたバターです。非常に高価なバターですが、それだけあって脂肪燃焼効果に期待できる不飽和脂肪酸が多く含まれています。

またコレシストキニンという成分が満腹中枢を刺激し、食欲抑制効果も期待できます。バターコーヒー1杯に250キロカロリーあるので、朝食置き換えに飲むなどするとよいでしょう。量はコーヒー1杯に対しておおさじ2杯程度入れるようにしてください。

どんなコーヒーを選べばいい?

コーヒーの選び方

様々なコーヒーの飲み方をご紹介してきましたが、基本的にいつも飲んでいるコーヒーで十分ダイエット効果が期待できます。

コーヒーそのものに特別にこだわる場合、浅煎りのドリップコーヒーを選ぶことをおすすめします。通常のインスタントでも問題ありませんが、こちらの方が有効成分であるカフェイン、クロロゲン酸が多く含まれているからです。

コーヒーに大さじ1杯などひと手間加えるだけで手間がかからない」というのは共通しているので、味・匂いなどで選ぶのがよいでしょう。

全て食品スーパーやネットショッピングで手軽に購入することが出来ます。バターコーヒーはコンビニで完成された商品も出ています。お試しセットなども数多く出ていますので、まずは自分好みの味や匂いがあるものを探してみてください。

コーヒーダイエットをおすすめできる方

コーヒーダイエットをおすすめする理由とは

ダイエットが成功しない最大の原因は「続かないこと」です。そもそも世の中に数多くあるダイエット方法は全て成功するものであると筆者は考えます。

今の体を改善するには習慣を変える事、つまり運動を取り入れてみたとか、食事制限をしたとか、少し変えれば必ず少しずつ変化しているにも関わらず、自分がとった行動と同じくらいの結果を求めるあまり「結果が出ない!」と途中で投げ出してしまうのだと思います。

しかしこのコーヒーダイエットは、いつもの習慣にひと手間加えるだけのものばかりですので、続きやすいですよね。気が付いたら痩せていた、という実感が得られる最高のダイエットだと考えます。

コーヒーの摂りすぎるには注意

コーヒーダイエットの注意とは

コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用があること、摂りすぎは頭痛や下痢、精神的にも興奮や不安など精神症状を引き起こすことが理由です。またミルクや砂糖には多くカロリーが含まれているので、必ずブラックで飲むようにしてください。

食べ過ぎない事に関しては、コーヒーダイエットをしているから食べても大丈夫!とついつい食べ過ぎてしまう方がいます。基本的なことですが、「太る原因は摂取カロリー>消費カロリー」であり、食べ過ぎては元も子もありません。

コーヒーダイエットの最大の目的は痩せやすい体をつくることにありますので、大きく期待しすぎず気軽に取り組んでみてください。注意点は、以下4つあるので守るようにしてください。

  • 夜に飲まないこと
  • 1日6杯以内にすること
  • 必ずブラックを飲むこと
  • 食べ過ぎないこと

まとめ

良質なコーヒー豆

今回コーヒーダイエットについて紹介してきましたが、どれも簡単なものばかりで続けられそうなばかりだったのではないでしょうか?コーヒーに含まれるカフェインには脂肪分解・燃焼、クロロゲン酸には脂肪蓄積抑制効果があり、コーヒーは食後、運動45分前に飲むと効果的です。

コーヒーダイエットに有効なひと手間加えることでコーヒーダイエットに相乗効果が期待される為、MCTオイル、ココナッツオイル、オカラパウダー、バターの4種類を加えて飲むこともポイントです。

1日6杯以内までは厳守し、ホットでブラックコーヒーを飲むようにしてください。注意することはカフェインの覚醒作用により睡眠不足につながる可能性があるので寝る前には飲むことは控えるように。

今コーヒーを飲んでいる習慣がある人はたくさんいらっしゃると思うので、このダイエットは続く可能性が非常に高いダイエットといえますね!今日からでも始められるダイエットですので、今すぐ皆さん取り組んでみてください!

 
   
この記事をシェア