朝食べるスープカレーダイエットで痩せる為の方法を解説!!より効果を出す方法も合わせて解説

野菜ゴロゴロスープカレー

「カレーが好き」「無理をしないダイエットがしたい」そんなあなたに見て欲しい、試して欲しいダイエットです。
スープカレーは一時期ブームになりましたが、今回はダイエットを目的により効果を出す方法を紹介していきます。

執筆者:さやか

資 格:管理栄養士|フードスペシャリスト|食物アレルギー対応食アドバイザー

仕 事:病院で栄養指導や献立作成、現在は保育所で活動中

スープカレーをダイエット食にするためには

スープカレーをただ食べるだけでは効率の良いダイエットにはなりません!!
スープカレーをダイエット食にするためには規則正しい食習慣が必須です。いくら朝食をスープカレーに変えても間食が多かったり、残りの2食を爆食していては体重は増えていきます。

規則正しい食習慣とは「1日3食食べること」「食べる量を意識する」「間食は200kcal以下にする」、この3つを意識するように心がけてください。エネルギーの補給と消費のサイクルがうまく回り、体重を増やしたい相撲取りは1日2食にすることで、あえて消費の量を少なくしています。

間食はしないことがベストですが、あまり我慢しすぎるのもよくありません。間食する場合はナッツや果物がオススメですが、好きなものを食べるときにも200kcal以内ということを忘れないようにしてください。

他の2食は1人前までというのは、いつもより食べすぎないということです。揚げ物よりも焼き物の方がカロリーは低めで体重は落としやすいですが、偏ると違った面で支障が出てきます。ここで意識するのは、「好きなものを食べても良いけど1人前まで」ということです。
好きなものを食べて良いとなると長続きできそうですね。

スープカレーに使用するスバイスの効果効能

カレーにはたくさんのスパイスが使用されています。そのスパイスにはダイエットにつながる効能などがたくさんあります。今回はスパイスカレーによく使用される6つにスパイスの効果をご紹介します。

クミン

腸などの消化器官に働き、消化促進の作用があります。カレー独特のスパイシーな香りはクミンの香りです。夏バテなどで食欲が出ない方や胃腸が弱い方にオススメのスパイスです。また、免疫力を上げる効果もあるので、がんの予防にもなります。

コリアンダー

コリアンダーもクミンと同様、消化を助ける働きがあると言われており、胃腸が弱い人や、食欲不振の方にオススメです。コリアンダーはマイルドさと苦味を出す働きがありカレーがさっぱりします。さっぱりするので口臭が気になる方にもオススメのスパイスです。また、頭痛の改善にも役立つと言われています。

カルダモン

爽やかな香りのするスパイスで、口臭が気になる方にオススメです。爽やかな香りが気持ちを落ち着かせるためリフレッシュしたい時にもオススメのスパイスになります。

ターメリック

ターメリックはカレーの黄色を出すスパイスです。胃腸に働き、便秘改善にも役立ちます。便秘でお悩みの方にオススメです。脳機能の活性化にも効果があると言われており認知症予防にも効果が期待できます。また、肝機能を向上させる働きもあるため、お酒をよく飲む方にもオススメです。

チリペッパー

チリペッパーはカレーのピリッとした辛さを出します。辛味は体を温め、血行を促進し代謝を高める働きがあります。殺菌作用もあるため、食中毒予防の効果も期待できます。

スープカレーとカレーライスの違い

普段食べているカレーは小麦粉などでとろみをつけています。スープカレーは小麦粉を使わず、ベースとなるスープにスパイスで味をつけたもののことで、大きな違いは小麦粉が入っているかいないかという点です。
小麦粉は糖質であり、カロリーが上がるだけでなく、血糖値も上げやすくするのでダイエット中には避けたい栄養素です。

カレーライスでもダイエット効果はありますが、スープカレーにすることでよりダイエット効果が期待できます。
スープカレーにはこの小麦粉を使わないため低カロリーです。また、カレーライスはご飯を食べる量が多くなりやすい料理です。スープカレーにすることでご飯がスープを吸い、量が増えるので満腹感を得やすかったり、スープは水分が多いので低カロリーでも満足しやすいです。

菅総理はスープカレーダイエットで痩せた?

菅総理は人間ドックで医師に指摘を受け、ダイエットをするを決意。ダイエット方法は朝にスープカレーを食べる置き換えダイエットを始めることに。

スープカレーはカレーライスとは異なり、粘度がないため飲み込んでしまいやすいですが、具沢山にすることで噛むことを促し、満腹感や食べ応えが出てくるので、食べることが好きな人ほどオススメなレシピです。

スープカレーは菅総理の奥さんの手料理。味付けはコンソメとカレーパウダーで毎日同じですが、具材をその日によって変えているようで、じゃがいもや人参、キャベツ、プチトマトなどの野菜を多く入れるようにし、具沢山なのが特徴的です。

菅総理のダイエット法は朝食をスープカレーに置き換え、昼食や夕食はいつも通り食べていたとのことです。菅総理はおそばが好きだったようでおそばを食べることが多かったようです。おそばは炭水化物の中でもGI値が低く、栄養も豊富です。中には「そばダイエット」をしている方もいるくらい!!14kgも痩せた要因の一つかもしれませんね。

置き換えるポイントは「いつも通り」ということです。
朝食をスープカレーに変えたからといって、昼食と夕食を普段より多めにカロリーの高いものを食べていてはダイエットにはなりません。注意して昼食、夕食を減らしたり選んだりする必要はないですが、以前より増えるということは避けましょう。

仕事終わりに1時間ほどのウォーキングを取り入れ適度な運動をするなどダイエットには運動が欠かせません。食事を変えるだけでも体に変化はありますが、「痩せやすい体」を作るためには適度な運動を行い筋肉をつけていきましょう。

運動する時間をとることができない方は洗い物中に踵上げ、買い物は階段を使用するなど小さな運動を日常生活に取り入れることをお勧めします。
その努力が、菅総理のようにマイナス14kgのダイエット成功に導いたのだと思います。

管理栄養士が考えるスープカレーダイエットのやり方

管理栄養士がオススメなスープカレーダイエットは、朝食にスープカレー、昼食・夕食はバランスの良い食事を食べるダイエットです。
スープカレーは今話題の脂肪燃焼にカレースパイスを加えたスープカレーにすると脂肪燃焼効果が高まります。タンパク源を取り入れることもダイエット効果を高めるためオススメです。

究極の脂肪燃焼スープカレーの作り方

材料メモ

クミン 小さじ1 / コリアンダー 小さじ1 / ターメリック 小さじ1 / チリペッパー 小さじ1 / ピーマン 2個 / 玉ねぎ 1個 / トマト 2個 / セロリ 1本 / ブラックペッパー 6粒 / フェヌグリーク 小さじ1 / 生姜 1カケ / ニンニク 1カケ / オリーブオイル 適量 / 鶏ささみにく 150g / 千切りキャベツ 150g / コンソメ 小さじ1 / 塩 小さじ1

効果を上げる食べ方

ご紹介した動画ではささみ肉を使用しており、タンパク質が入っていますが紹介されているレシピのスープカレーはタンパク質が入らないものも多いです。タンパク質が不足してしまうと、筋肉量が減少し代謝が落ちてしまうので積極的にタンパク質を取り入れることをオススメします。

バランスをとるには、今回紹介したスープカレーに不足している乳製品を摂ることです。乳製品として牛乳やチーズがあげられます。乳製品には善玉菌を増やし腸内環境を整える働きがあるため、1日のうちどこか1食に取り入れましょう。

間食としてヨーグルトを取り入れるのも良いですね。この時に注意していただきたいのが、できるだけ砂糖の入っていないものを選択することです。牛乳やチーズなら砂糖を使用していないものでも美味しく摂れます。ヨーグルトの無糖が苦手な方は果物と混ぜて食べると甘味がプラスされるだけでなくビタミンも摂取できるのでオススメです。

野菜ゴロゴロで栄養抜群

カレースープの良いところはいろいろな野菜をたくさん摂れるというところです。じゃがいもやかぼちゃなどは糖質が高く、使用することを控えるように勧める方もいますが、他の野菜と一緒に使用するのであれば、特に使用を禁止することはしません。糖質もエネルギー源となる必要な栄養素であるからです。こういった糖質を使用するときはご飯の量を控えるようにしましょう。
いろいろな野菜を大きめにカットし、ゴロゴロスープにすることで噛むことを促進し、食べ応えもアップするのでオススメです。

スープダイエットをする時の注意点

スープダイエットをするときの注意点は、「3食ともスープに置き換えないこと」「よく噛むこと」です。
ダイエットのスピードを上げたく、3食ともスープにする人がいますがリバウンドしやすくなる為、1食のみにすることを意識しましょう。またスープは噛まずに飲んでしまいやすいですが、噛むことで満腹感が得られます。食材を大きめに切るなどの工夫をして噛むことを習慣づけましょう。

スパイスから作るカレーは美味しいですが、毎日作るのは大変です。そんな時にレトルトを使用できると便利です。しかしレトルトは脂質が多くカロリーが高くなり、塩分も多い傾向があります。
なのでレトルトを使用するときは1つで2人前作ることを目安とし、野菜スープで薄めて作りましょう。野菜の量を増やし食べ応えを出すのも工夫の1つです。

まとめ

スープカレーでダイエットするには、スープカレーの具材や1日の食事でバランスを取り、よく噛んで食べましょう。
野菜たっぷりのスープと脂肪燃焼効果のあるスパイスの組み合わせはダイエットに効果的です。

アレンジ次第で楽しめるスープなので飽きずに続けられるダイエットです。カレーは食欲不振にも効果があります。夏バテにも効果がありますのでこの夏挑戦してみてはいかがですか?

 

この記事をシェア