納豆ダイエットについて

納豆ダイエットの正しい方法と相性の良い組み合わせで健康に!!

効果的な納豆ダイエットはどのような方法で行えばいいのでしょうか?藪から棒に納豆ダイエットというのではなかなかいい効果は期待出来ないでしょう。納豆に含まれる大豆サポニンは肥満予防効果に期待でき、ナットウキナーゼで代謝をアップ、更に様々な効果を期待することができます。今回、正しい納豆ダイエットの方法をバッチリご紹介致します。

納豆ダイエット

納豆ダイエットとは

納豆ダイエットが、体重を減らすのにとてもいい効果をもたらすのをご存じでしょうか。いろいろダイエットを試しているけど、なかなかいい効果が出ないという人たちもいらっしゃることでしょう。納豆ダイエットは、あなたが想像している以上に良い効果を期待することができるでしょう。まずは、納豆ダイエットのルールをしっかりマスターしましょう。

納豆は1日1パックまで

納豆は健康にいい食べ物です。しかし良い食べ物でも食べ過ぎは身体には良くないといわれて、基本一日に1パックと摂るようにしましょう。なぜ1パックなのか?それは納豆に含まれているセレンという成分によるといわれています。ミネラルであるセレンという成分は、過剰摂取で胃腸障害や下痢、疲労感という様々な症状を引き起こしてしまう可能性があることが指摘されています。

納豆を食べる時間帯

納豆を食べる時間帯はいつがいいのでしょうか。納豆は食べる時間帯によって、身体に及ぼす機能が違うともいわれています。
朝納豆は良質なたんぱく質で代謝をアップさせることができます。ナットウキナーの効果を期待したいあなたには夜納豆がおすすめです。寝ている間は血液がドロドロになりやすいのですが、ナットウキナーゼを摂取することで、血流をサラサラにする効果を期待することができます。

納豆のダイエット効果

納豆のダイエット効果

納豆が大好き…という人たちもいらっしゃることでしょう。そのような人たちにとって納豆ダイエットって一番楽に出来るダイエットかもしれません。納豆ならスーパーマーケットへ行けば、いつでもリーズナブル価格で購入することができます。では納豆ダイエットの効果にはどんなことがあるのでしょう。体重を減らすためにどのような影響を与えてくれるのかチェックしましょう。

大豆サポニン効果

大豆サポニンは、豆類や植物に存在している苦味、渋味成分のひとつのことです。大豆に対して多く存在しているものなので、大豆サポニンという言い方をします。
大豆サポニンは、血管に付着してしまうコレステロール、また中性脂肪をそぎ落とす効果を期待でき、血流をスムーズにしてくれることでしょう。大豆サポニンは、健康維持のためにとてもおすすめしたい成分です。大豆サポニンはそれだけでなく、脂肪の吸収を抑えてくれて、太りにくい身体を作りだしてくれることが最近の研究でわかって来ました。

ナットウキナーゼが代謝アップ

納豆はネバネバしているから苦手という人たちもいますが、やっぱりネバネバは納豆の魅力です。このネバネバに含まれているたんぱく質分解酵素がナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは、大豆を発酵させる過程で生まれる栄養素です。

ナットウキナーゼの効果は血流をスムーズにすることです。血管が詰まってしまうのを、ナットウキナーゼが溶解し、阻止してくれることでしょう。しかし、加熱することでナットウキナーゼの血栓を予防してくれる効果も薄れてしまうので注意が必要です。血流をスムーズにすることができれば、代謝をアップさせることができ、太らない身体を作ることができます。

納豆菌で便秘解消

納豆のメリットは、納豆菌にあります。納豆菌は、腸内で善玉菌の働きをしてくれるので、便をやわらかくすることができ、便秘解消にもいい効果をもたらしてくれることでしょう。便秘を解消することができれば、身体の中から老廃物を押し流すことができ、スッキリ体調も取り戻すことができます。もちろん、納豆菌によってダイエットにも期待できる効果をもたらしてくれることでしょう。

便秘を解消させることができれば、ぽっこり腸に無理にたまっていた便を出し、スリムなお腹にすることができます。納豆ダイエットは、体重を減らすことができ、あなたをキレイに痩せさせてくれることでしょう。

痩せホルモンで脂肪燃焼

納豆ダイエットの痩せ効果を期待することができるのは、納豆にアディポネクチンという成分が含まれているからです。アディポネクチンとは、脂肪燃焼パワーアップを期待することができます。

ホルモンというと、内臓などから分泌されるものと考えている人が多いと思いますが、実は脂肪細胞からも分泌されます。アディポネクチンは、一般的にやせホルモン、または、長寿ホルモンと言われています。生活習慣病の対策としても現在、とても注目されている成分です。それ程運動する量が多くなくても、脂肪を上手く燃焼させることができる状態をもたらしてくれます。

相性の良い組み合わせ

納豆と相性の良い組み合わせ

納豆ダイエットの方法は、そのまま納豆を食べるというのでもいいですが、それに対して相性のいいものを組み合わせるという選択肢もOKです。
納豆には、ちょっと飽きてしまった…という人たちも、納豆をアレンジをすることで、味に変化をつければ、毎日難なく納豆ダイエットを行うことができます。

納豆ダイエットと相性がいいものと言えば、お酢です。納豆の効果にプラスα酢によって、よりいい効果を期待することができます。
お酢には、分解した脂肪を燃焼させるアミノ酸や代謝アップを期待することができるクエン酸が多く含まれています。また、お酢には、納豆に含まれているカルシウムを効率よく吸収してくれるビタミンCも多く含まれているので、骨を強くすることにも貢献することができますし、カルシウムによる脂肪吸収の抑制にも効果的です。

めかぶ

納豆とめかぶと、更に豆腐のサラダなどレシピに加えてみてはいかがでしょうか。
めかぶには、フコダインやアルギン酸が含まれ、胃腸の調子を整え、腸内を潤し便を柔らかくし、便通をスムーズにしてくれる効果があります。めかぶのネバネバ感と共通部分があり、美容にもダイエットにも効果があるめかぶ納豆は最強の相性です。どちらか単品で摂るよりも効果はぐんとアップさせることができます。

キムチ

キムチには、カプサイシン・乳酸菌・ビタミンという成分かが含まれています。カプサイシンは血行を促進し、代謝をアップしてくれる成分です。納豆キムチダイエットによって、キムチに含まれている乳酸菌が納豆に含まれている納豆菌を餌とし増殖、腸内をスッキリキレイにお掃除してくれます。ここに、豆腐がプラスα加われば、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを大量に摂取することができ、女性の人たちを美しく痩せさせてくれることでしょう。

納豆を食べる時の注意点

納豆を食べる時の注意点

納豆ダイエットは長続きするダイエットといえますが、注意しなければならないことがあります。
納豆ダイエットをしていて当然痩せるつもりなのに、気付けば太ってしまった……というこは呉々もないようにしましょう。納豆ダイエットは、1日1パックまでというお話しはしました。納豆ならいくらでも食べていいということではありませんので注意しましょう。また、本気であなたがダイエットしたいと思えば、運動もしなければなりません。納豆には、食べ物をエネルギーに変えてくれるビタミンB群も期待することができますが、しかし、変換したエネルギーを消費しなければ脂肪として貯蓄してしまうだけです。

納豆をチャーハンやパスタに加えて食べることもあまり良くありません。納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱い特性があるため、熱々のご飯の上にのせることも避けるようにしてください。血液をサラサラにしてくれる効果はあくまでも常温で食べた場合です。せっかく納豆を摂るのであれば、熱いもの組み合わせることは控えるようにしてください。

納豆を1日1パック食べながら筋トレ!というのが納豆ダイエットの正しい方法です。
納豆ダイエットをしているからという油断は禁物です。納豆ダイエットをしているからついついちょっとだけでもお菓子を食べて大丈夫という気持ちにもなってしまうかもしれないですが油断は禁物です。せっかく筋トレしているというのに、体重が減っても、あっという間にリバウンドしてしまいます。

今回納豆ダイエットについてお話ししました。
納豆ダイエットは、大豆サポニンが太りにくい身体を作り出します。また、ナットウキナーゼが代謝をアップさせます。血流をスムーズにし、代謝をアップ、太らない身体を実現します。更に、納豆菌には便秘改善にいい効果があります。また、アディポネクチンは脂肪を上手く燃焼させる状態をもたらしてくれます。

興味があるかも