芸人バービーが痩せた朝カレーダイエットのやり方や効果効能をご紹介!

朝カレーダイエット

女芸人のバービーさんがTV番組で効果を証明した「朝カレーダイエット」!!「カレーってカロリー高くて太るのでは?」そう思っている方必見です。

カレーは和食などの料理と比べてカロリーが高いですが、ダイエットに効果的な料理でもあります。うまく食事に取り入れることで、そのダイエット効果を最大限に生かし痩せることができます。カレーダイエットの方法や効能について解説していきます。

執筆者:聖 彩楓

資 格:管理栄養士|フードスペシャリスト|食物アレルギー対応食アドバイザー


朝カレーダイエットは痩せるの?

朝ごはんにカレーを食べる

朝食にカレー食べることで、その日1日の代謝が上がりいつも通りの生活をしていても脂肪燃焼の効果が得られます。また、交感神経を刺激する効果もあるので、運動や勉学、仕事のパフォーマンスを上げてくれる働きもあります。

実際、私も学生の頃はテストの日の朝食に取り入れていました。食べすぎてしまうと、逆に太ってしまったり、日中に眠気が来るので正しいやり方を知ることが大切です。

朝食べるカレーはダイエット食

一般的にカレーは高エネルギーで太るイメージがあると思いますが、カレーには代謝を上げる働きがあるので上手に取り入れると、ダイエット食にもなります。ではなぜ朝なのか?それは朝食で食べることでダイエット効果が高まるからです。その理由を2つ挙げます。

  • 昼、夜に食べるより脂肪になりにくい

    いくらダイエット効果があるといってもカレーはカロリーが高く、食べすぎると脂肪になってしまいます。夜に食べると後は寝るだけなのでたくさん脂肪になってしまいますが、朝に食べると日中の活動で消費されるため脂肪になりにくいです。

  • 朝食に食べることで体が活動モードになりよりダイエット効果を高める

    朝食を食べることで交感神経という神経が活発になります。交感神経は代謝をあげたり脳の働きを活発化させるので、1日の脂肪燃焼効果を高めたり集中力を高めます。カレーのダイエット効果も活動が多い日中の方が効果的に発揮されます。

カレーダイエットはゆりやん・なかやまきんに君もオススメ

ゆりやんが30kgの減量に成功したことは有名ですよね。そんなゆりやんと体作りを常に意識しているなかやまきんに君は共通して減量飯に求めるのは、「カロリーではなく、バランスがよく体に良いものを食べる」という考えをお持ちです。

ゆりやんが紹介しているカレーもカロリーはありますがオーガニックの鶏肉を使用したり、スパイスにもこだわるなど体に良いものを取り入れています。

動画中でなかやまきんに君がカレーのバランスと味を絶賛していました。カレーはダイエット食として今後さらに広まっていきそうですね。

朝カレーダイエットの正しいやり方

カレーを食べる

朝食にカレーを食べることで、日中の活動でのエネルギー消費効率を上げてくれます。ではどのくらいの量を食べるのが良いでしょうか。目安はご飯200g、ルウ200g以内で食べすぎないことがポイントです。

カレーは脂質が高めで、野菜、タンパク質が不足しやすい傾向があります。毎日食べるのであれば具沢山のスパイスカレーを選択しましょう。2、3日置きの朝カレーでもダイエット効果は得られるので、オススメです。

ダイエット効果を向上させるポイント

朝にカレーを食べることで、脳が活性化すると言いましたが、米は脳のエネルギー源となるブドウ糖でできているのでより脳の活性化を期待できます。

白米でも良いですが、玄米やオートミールは食物繊維が多く、血糖値の上昇を緩やかにしたり、排便を促してくれるので白米の代わりとして使用するのもおすすめです。

カレーはタンパク質や野菜が不足しやすいため、茹でたささみや卵、野菜をトッピングしましょう。また、おからパウダーを振りかけるだけで手軽にタンパク質や食物繊維を補充できます。

揚げ物のトッピングは脂質が高くなってしまうため、ダイエットのトッピングとしては向いていません。ダイエット目的としてではなく、楽しみとして選びましょう。

よく噛むことはどのダイエットでも欠かせない食べ方になります。噛むことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防いだり消化を助ける働きがあります。よりダイエット効果を得たい!という方は以下の点も実践してみてください。

  • ナンよりも白米、白米よりも玄米やオートミール
  • トッピングはタンパク質や野菜を
  • よく噛んで食べる

朝カレーダイエットの注意点

ご飯の量は200g以内にして、食べ過ぎないこと!!
カレーにはダイエット効果がありますが、食べすぎてカロリー過多になるとエネルギーを全て消費できないため逆に太ってしまいます。

特にカレーライスはご飯が多くなりやすい為、ご飯の量を決め足りない時はサラダやゆで卵などサイドメニューで工夫しましょう。

カレールーは200g以内にすることが重要です。カレーのスパイスのダイエット効果を得る為、たくさん食べる方もいますが、ルーは基本的にはカロリーの高いものになります。適量食べることでダイエット効果を最大限に発揮できます。

カレーダイエット経験者のクチコミ

カレールーのカレーもOKですが、ダイエットを意識しているのであれば本格的なスパイスカレーの方が、カロリーも抑えられるので◎
朝ごはんに食べるとその日1日の代謝アップが期待出来るので、朝に食べるのが1番効果があるように思いました。色んな具材を沢山入れるのではなく、シンプルなものを作っておくと「今日はほうれん草」「今日は豆」など、その日の気分で味を変えられます

お米をたくさん食べてしまうので、お代わりはお豆腐やルーのみにすることが成功への道。サラダにかけても結構おいしいです。じゃがいもは糖質が高いのでなるべく使用せず、タンパク質豊富な鶏肉やお魚、野菜をたくさん入れることでヘルシーカレーの出来上がり。人参やオクラ、小松菜などの具材を使用すると◎

カレーダイエットはやり過ぎには注意。自炊が苦手ならカレールーでも大丈夫!!味を濃くしすぎないことを意識すると自然とカロリーカットに繋がります。ブロッコリーやカリフラワーをきざんでご飯がわりにすると満足感もありました!1日3食カレーを毎日続けると体臭がちょっときつくなるので、1食だけにしておいた方がいいと思いました。

カレーダイエットのコツは自分にとってかなり辛い、食べ続けるのは辛いと感じるカレーを選ぶ事です。次にダイエット向きの食材を沢山入れましょう。少々食べづらい食材であっても、カレーの濃い味が誤魔化せてくれるので、普段なら食べづらいダイエット向き食材もノーストレスで食べられるようになります。

香辛料によって、血行が良くなり、代謝や発汗作用の活性化によって、基礎代謝量の消費エネルギーの増大だけでなく、身体そのものが活性化されて活動量が増え、便通がよくなりました。私は唐辛子をプラスするしてダイエット効果を高める工夫をしました。

16時間ダイエットとカレーダイエットを組み合わせました。空腹感に耐え切れずにドカ食いすることがなくなり、間食がなくなり体重が減りました。ランニングなどの比較的長時間の有酸素運動をした後に食べることで食事への感謝を感じることもできます。できれば香辛料からつくるのがベストです。

カレーダイエットは、カロリー計算がしやすいという点やカレーは基本的にどんな食べ物を入れても美味しいという前提があるため、栄養価の高い野菜を入れて作っても大丈夫だし、味も美味しく失敗しにくいという点がおすすめ。ダイエットをすると栄養が足りなくなって肌が荒れたり、できものができてしまう方でも摂取する野菜を増やすことで補うことができるのが嬉しいところ。

お野菜をたっぷり食べれるので栄養面で満足できたカレーダイエット。具材を糖質の高いものを避ければ様々な食材を使えるので、同じ味が続くことなく自分流にアレンジが可能が嬉しいポイント。白米をかみごたえのある玄米や雑穀米に代えることで早食いやダイエット効果にも期待できると思う。

油を使わず本格的なカレーでも普通にではなくスープ風のさっぱりしたが感じにしていったら、そんなにカロリーはないですしとにかくルーをいつもの半分でも抑えることができるため、その分しっかり野菜などをたくさん入れることによってまたしっかりバランスが取れます。

たくさん作っておいて冷凍しておけば長期保存ができ、家族とは別メニューの時が楽でした。数種類の味の違うカレーを作り置き、飽きずにダイエットを続けることができました。私はチリペッパーをたくさん入れ辛くして食べていました。そうすることで1度にたくさん食べることができず、「ヒーハー」と言いながら食べていましたw。

栄養価の高い野菜やタンパク質の具材やトッピングに乗せて食べていました。低カロリーかつ栄養満点なカレーライスを食べて、効果的かつ体に良い一石二鳥のダイエットをすることができました。後はライスを少なめにすると良い◎また、ビタミンやミネラルなどの栄養が豊富で血糖値も抑えることができる玄米をライスに使用するのもコツ。

カレーを食べる効果効能

カレーを食べるダイエット効果を具体的な効能から紹介していきます。

夏バテ解消にも抜群

夏バテは暑い屋外と冷房の効いた室内を行き来することで起こる自律神経の機能の乱れが原因の1つと考えられています。

それに伴う食欲不振や疲労でさらに夏バテは悪化します。カレーには自律神経を活発にし整えてくれる働きや食欲を促進してくれる効果があります。

冷えの改善にも良い

カレーには多くのスパイスが入っています。これらのスパイスには冷えを改善する効果があると言われています。カレーが自律神経を刺激し、血管が拡張することで血行不良が解消され温度が上がります。

新陳代謝がよくなる

カレーのいい匂いは「クミン」というスパイスによるものです。このスパイスは新陳代謝を活発にさせる働きがあります。代謝が上がることで体は痩せやすい状態になります。

脂肪燃焼効果

新陳代謝が活発になると、エネルギーをたくさん使うため、脂肪燃焼効果も上がります。食べる量が多すぎるとここでの脂肪燃焼効果が減少するので注意が必要です。

冷え性改善

冷え改善にも良いと言いましたが、冷え性の方にもお勧めです。冬だけでなく、冷房が効く夏も冷えやすいです。1年中お勧めの食品となります。

1日の活力になる

カレーは活力の源となるエネルギーを補充でき、アドレナリンという行動力を促すホルモンの分泌を促進させるため、朝食で食べると1日を元気に過ごせます。

便秘改善

カレーに多く使われているスパイスには胃腸を刺激したり便の水分を増加させて便秘を改善する効果もあります。漢方薬として使われているスパイスもあるほど体に良い効果があるのです。

スパイスから作るカレーレシピ

鶏のむね肉を使ったカレーレシピ動画です。この動画ではむね肉が使われていますが、時間がない方は火が通りやすい挽肉を使用してもいいと思います。

鶏むね肉と舞茸のスパイスカレーの材料
玉ねぎ 1個 鶏むね肉 600g
炒め油 適量 塩胡椒 少々
舞茸 1カップ ニンニク 1片
生姜 1片 オールスパイス 1個
オリーブオイル 大さじ2 ホールトマト 200g
プレーンヨーグルト 80g 600ml
固形コンソメ 2個 醤油 適当
使用するスパイス
コリアンダー 小さじ2 クミン 小さじ1
ターメリック 小さじ1 レッドチリ 小さじ1/2
カルダモン 小さじ1/2 シナモン 小さじ1/2

カレースパイスの効果

カレーに使用される主な6つのスパイスを紹介します。

  • クミン

    カレーを思わせるエスニックな香り。代謝促進の効果があります。

  • コリアンダー

    甘く爽やかでほのかにスパイシーな香り。よく知られるパクチーの実。整腸作用、デトックス作用があります。

  • カルダモン

    甘く爽やかな香りのスパイス。疲労回復、整腸作用があります。血液の巡りをよくし代謝を高める働きがあります。

  • オールスパイス

    クローブ、ナツメグ、シナモンを合わせ多様な奥行きのあるスパイス。冷え改善の働きもあります。

  • ターメリック

    鮮やかな黄色が特徴のスパイス。全体をまとめる厚みのある風味。便秘改善効果があります。

  • チリーペッパー

    ヒリヒリする辛味が特徴のスパイス。血行促進、肥満防止の効果があります。

おすすめのレトルトカレー4選

スパイスから手作りすることでカロリーを抑えられますが、続けるのは難しいです。レトルトカレーをうまく利用し、カレーダイエットに挑戦するのも続けやすくお勧めです。

ハウス カリー屋

価格が安いため、続けられるレトルトカレーです。

グリコ ちょい食べカレー

スパイスが効いて深みのあるカレー。忙しく朝食を抜く方にお勧め!

明治銀座カリー

具材の種類は少ないですがたくさん入っているので食べ応えのある1品。

S&B カレー曜日

大きめにカットされた野菜が入っているので栄養があり食べ応えも満点。

まとめ

朝にカレーを食べるダイエット方法やカレーに含まれるスパイスをご紹介しました。
朝カレーは代謝を上げ、集中力が上がるなど嬉しいことがたくさんありますが、食べすぎてしまいやすい料理でもあります。朝カレーダイエットの食べる量は「ご飯200g」「ルー200g」をしっかり守り、トッピングをタンパク質の多いささみや茹で卵などにする工夫をしてください。

また、ダイエットを目的としない方にも朝カレーはおすすめできます。朝食をしっかり食事を取ることで、活力が出て仕事効率が上がるなど充実した1日を送れる効果も得られるかもしれません。ぜひお試しください。

 
   
この記事をシェア