キャベツだけでダイエット?一日1玉できれいになれるのか管理栄養士が解説

キャベツしか食べない

薄着の季節になり、焦ってダイエット法を探している人も多いのではないでしょうか。夏が終わるまでに少しでも体重を落としたいのが本音ですよね。なかには短期間で大幅に体重を落とす方法として、キャベツだけを食べるダイエットに取り組む人もいるようです。

お察しの通り、キャベツだけのダイエットは危険です。この記事では、現役管理栄養士が、巷で行われているキャベツダイエットがどのようなものなのか調査し、その危険性と代替案を紹介します。

執筆者:内田 桃花

資 格:管理栄養士

よくある「キャベツだけダイエット」の方法

キャベツダイエットには大きく2つの流派があります。一つ目は固形物はキャベツしか食べない、二つ目はキャベツを食前に大量に食べ、それでも食べたかったら少し他のものも食べるが、結果的にほぼキャベツだけしか食べられない方法です。

一つ目のキャベツだけしか食べないダイエットをする人は以下のようなルールで行っている人が多いです。

  • キャベツしか食べない(調理方法は自由)
  • 量は一週間で7玉(一日1玉ペース)
  • 基本的に調味料は何を使ってもいい
  • 飲み物は自由

キャベツの調理法と調味料は自由なので、キャベツをコンソメスープにしたり、焼き肉のたれで炒めたり、塩昆布と和えたり、ピクルスにしたりする人が多いです。なかにはキャベツだけでは飽きるので少量の肉と炒めている人もいました。

痩せるのは当然

キャベツは100gあたり21kcalです。たとえ1玉食べたとしても、1玉1100~1500gで廃棄率15%なので250kcal以下です。ここにドレッシングやマヨネーズを付けたとしてもたかが知れています。

30~40歳代女性の1日のエネルギー必要量は2000kcal、基礎代謝は1150kcalです。1日にキャベツを1玉のみ食べるダイエットでは摂取エネルギーが消費エネルギーを大きく下回ることになります。

キャベツだけダイエットの危険

キャベツだけダイエットが痩せるのは当然だと分かりました。ではなぜ危険なのか紹介していきます。

キャベツ100gあたりの栄養素/1玉食べた場合の栄養素
水分 92.7g 1020g
エネルギー 21kcal 231kcal
タンパク質 1.3g 14.3g
脂質 0.2g 2.2g
炭水化物 5.2g 57.2g
食物繊維 1.8g 19.8g
カリウム 200mg 2200mg
葉酸 78mg 858mg
ビタミンC 41mg 451mg

上記の表は三大栄養素と、キャベツに比較的多いとされる栄養素を表記しました。キャベツは全体の93%が水分でできており、人間の体に必要なタンパク質、脂質、炭水化物はほとんど含まれていません。1玉食べたとしても必要量にはほど遠いです。そのため、キャベツだけを食べるダイエットでは栄養不足の状態が続き、様々な健康障害が生じてきます。

キャベツだけダイエットによる健康障害3つ

キャベツだけダイエットは極端な食事制限により一時的には体重が減ります。ですが、その分、健康への影響も大きいです。キャベツだけダイエットに取り組んだ場合、起きる可能性が高い健康障害を3つ紹介します。キャベツだけダイエットをやってみようと思っていた方は必読です。

肌が汚くなる

キャベツだけでは、肌の原材料であるタンパク質が不足しています。また、脂質も少ないので肌が乾燥する場合もあります。本来キャベツは美肌に効果的な野菜ですが、極端な食事制限のなかでは効果を発揮できません。

筋肉が落ちて痩せにくくなる

キャベツだけでは筋肉の原材料であるタンパク質が不足します。また、炭水化物も足りないので体は体内のタンパク質を分解することで不足エネルギーを作り出します。その結果、筋肉が落ち、筋肉が落ちると基礎代謝も落ちるのでどんどん痩せにくい体になっていくのです。また、体力も落ちてしまいます。とくに夏は暑さで体力消耗しますし、熱中症にも注意が必要です。

摂食障害になる危険性

キャベツだけダイエットのような極端なダイエットは摂食障害になる危険性があります。
最初の数日は体重が大幅に減ったとしても、身体はバランスを保とうとするのでそのうち減らなくなります。それでも続けているとストレスや栄養不足で過食にはしることも出てきます。

基礎代謝以下の食事制限は危険

キャベツだけダイエットでは、1日の摂取エネルギーが基礎代謝よりも低いです。理論的にはマイナスが大きいほど痩せるのですが、実際は単純ではありません。身体は生命の維持に必要なエネルギーが保てなくなると危険を感じ、栄養の吸収力を上げます。さらに脂肪の燃焼も抑えます。その結果、痩せにくくなり、食事をもとに戻すとリバウンドしてしまうのです。

きついわりに痩せない

キャベツだけダイエットはとにかく飽きます。想像以上に飽きます。ダイエットで飽きは大敵です。たいていの人は挫折するでしょう。ブロガーやユーチューバーは企画で期間が決まっているため、最後までやりとげる人もいますが、とてもキツそうです。

なによりこんなにきつい思いをしても大して体重減少していないことにモチベが下がるでしょう。我慢が多い極端なダイエットはもちろんリバウンドの可能性が大きいです。

おすすめのキャベツダイエットは?

基本的にキャベツだけのような単品ダイエットや、短期間で体重を落とすことを目的としたダイエットには賛同できません。でも、どうしてもキャベツを使ってダイエットをしたい人もいると思います。そんな人のためにおすすめのキャベツダイエットを紹介します。

基本はバランスよく。キャベツは食前に、温かくして食べる

いつもより量を2割ほど控えたバランスの良い食事の前に、キャベツをお椀一杯食べましょう。この時、温かくして食べるのがおすすめです。食前に温かいものを食べると満足感があがり、その後の食事量が少なくなります。

飲み物は水かお茶

飲み物は水やお茶などエネルギーがないものにしましょう。キャベツだけダイエットのルールでは、飲み物の制限はありません。だからと言ってジュースや清涼飲料を飲んで余分なエネルギーを摂取していたら痩せにくくなります。一見、健康に良さそうでも野菜ジュースやスムージーにも注意。ダイエットするときの飲み物は、水やお茶が基本です。

まとめ

キャベツだけダイエットは、キャベツだけをただひたすら食べるダイエット法でした。基礎代謝以下の摂取エネルギーで痩せにくくなりますし、必要な栄養素が取れず、健康に悪影響があります。とにかく飽きるのでリバウンドの可能性が高いダイエット法です。

キャベツだけでダイエットを始めようと思っていた人、始めたけど挫折しそうな人は、今すぐキャベツを使った他のダイエット法に変えてください!

 

この記事をシェア