脂肪燃焼スープダイエット!1食置き換えの方法を紹介【1週間でも効果あり?脂肪燃焼スープ】

脂肪燃焼スープに置き換え

SNSや動画投稿サイトで話題を集めている脂肪燃焼スープダイエット。気になっているかたも多いのではないでしょうか。ストイックなダイエット方法もありますが、仕事や勉強に支障をきたしては元も子もありませんよね。今回は1食を脂肪燃焼スープに置き換えるダイエット方法と継続しやすい味変について紹介します。

執筆者:渡部 早紗

資 格:管理栄養士|栄養教諭一種免許

仕 事:病院での栄養指導や献立作成を経て現在は管理栄養士ライターとして活動

食事の置き換えによるダイエット効果

食事の置き換えによるダイエットは効果の高いダイエット方法といえます。
その理由は確実に摂取エネルギーを抑えられるためです。例えばカレーライスなら1皿600~700kcalはあります。

1食を200kcal程度の食品に置き換えるだけでもおよそ400~500kcal抑えることができます。このように、置き換えることで1食あたりの摂取エネルギーをグッと抑えることができるのです。しかし、食事の置き換えダイエットによって極端に食事の量が減ってしまう点がデメリットとして挙げられます。

摂取エネルギーが減ることで短期間に痩せられますが、食事の量が少ないと筋肉量が落ち、かえって瘦せにくい身体になってしまうことが難点。さらに、食事の置き換えによって空腹でかえってドカ食いにつながると、効果が現れないほか、リバウンドしやすくなってしまいます。

過去には朝バナナダイエットなど、置き換えによるダイエットは絶えず発信されています。バランスの良い食事に勝るものはないと念頭に置いてできるだけ短期間に絞って行うようにしましょう。

正しくすれば短期間でダイエットできる

脂肪燃焼スープダイエットは摂取エネルギーを抑えることや糖質の制限によって短期間でダイエットができますが注意も必要です。
アメリカで開発されたこの脂肪燃焼スープダイエットは、肥満な人が短期間で痩せなければいけないための食事療法です。短期間でダイエットできますが、基礎代謝が下がり、かえって痩せにくい体になってしまいます。

脂肪燃焼スープに置き換えするダイエット効果

脂肪燃焼スープに置き換えをするダイエットの効果を見ていきましょう。
置き換えの方法は市販のスムージーやドリンクを使った方法や特定の食品を単品で食べる方法が挙げられますが、脂肪燃焼スープに置き換えるならではのダイエット効果があります。

糖質の量を抑えることで脂肪を燃焼しやすい体になる

脂肪燃焼スープにより糖質を抑えることで脂肪を燃焼しやすくなります。
ヒトの体は糖質が不足していると脂肪を燃焼してエネルギーに変換します。脂肪燃焼スープはキャベツや玉ねぎといった野菜をトマト缶で煮込んだスープのため、糖質の量が抑えられているので脂肪を燃焼しやすい環境づくりに役立ちます。

野菜が沢山食べられる

毎日忙しい日が続き、野菜不足かも?脂肪燃焼スープには具材に野菜がたっぷりと入っているので、野菜不足になることは心配ありません。また、ダイエット目的だけでなく普段野菜不足が気になる人にもおすすめのスープです。

野菜に豊富に含まれる食物繊維には、便通を良くする働きがあります。さらに食物繊維は善玉菌のエサになるので、腸内環境を整える嬉しいメリットも。野菜の噛みごたえがあるので満腹感を得られやすいことも魅力です。スープにしているため体が温まることもポイント。冷たいものを食べがちな夏にも取り入れたいですね。

スープを食べれば栄養はかたよらない?

残念ながら脂肪燃焼スープだけでは栄養が偏ります。理由はタンパク質・糖質・脂質がほとんど含まれていないからです。

タンパク質は筋肉の材料になります。タンパク質不足では筋肉が壊されて他の必要なものに変換されます。筋肉量が減ると基礎代謝が下がるため、かえって痩せにくい体になってしまいます。

タンパク質が効率よく作用するためにも糖質は必要な栄養素です。脳のエネルギーとなるため、不足するとぼんやりしてしまうことも。脂肪燃焼スープだけを食べる場合、低血糖による極端な空腹感を感じてしまい、かえって甘いものを食べてしまう恐れもあります。

脂質は細胞膜をつくるほか、皮膚や粘膜の保持に関わります。極端な脂質の制限は肌のかさつきなどを引き起こすことも。管理栄養士の見解では、脂肪燃焼スープさえ食べたらOKとはいえません。

管理栄養士が考案するスープ置き換えのやり方

1食を脂肪燃焼スープに置き換えたダイエット方法をご紹介します。
脂肪燃焼スープダイエットの方法はネットなどに載っていますが、今回ご紹介するのは管理栄養士が考案する脂肪燃焼スープを使った1食置き換えダイエットの方法です。

一般的な脂肪燃焼スープダイエットの方法として取り上げられているのは、5日目からは肉を、7日目からは玄米ご飯を好きなだけ食べても良いといったものです。一見魅力的ですが、消化に時間のかかる肉をいきなり大量に食べることはあまりおすすめできません。
置き換えダイエットから通常の食事に切り替える際は徐々に慣らすようにしましょう。


1週間スケジュール

大事なイベントなどがあり短期間にダイエットしたい場合のスケジュールです。活動量が少ない夕食を脂肪燃焼スープに置き換えます。
夕食以外の食事も気をつけましょう。玄米ご飯は自分の握りこぶし程度の大きさを目安にします。肉や魚は脂質の少ないものを選び片手に乗るくらいの大きさが目安。

脂肪燃焼スープは水溶性のビタミンCやカリウムがスープに溶け出し補うことができるのですが、野菜に含まれる酵素は加熱により失活する為、昼食には生野菜を選びましょう。ドレッシングにはココナッツオイルやオリーブオイル、亜麻仁油をおすすめします。
間食やアルコール、嗜好飲料は控えてください。高カロリーで他の栄養素がほとんど含まれていないためです。どうしても嗜好品を楽しみたいときは週末だけにしましょう。


1ヶ月スケジュール

リバウンドを防いでゆっくりとダイエットしたい場合におすすめのスケジュールです。4週目以降は通常の食事になると想定して、徐々に夕食のボリュームを増やしていきます。


飽きないために味変アレンジ6選

脂肪燃焼スープは野菜のシンプルな旨味でそのままでもおいしいですが、1週間、1ヶ月続ける場合はアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?
味変アレンジの動画をご紹介します。

おすすめの味変アレンジ:柚子胡椒

辛味が好きな方は柚子胡椒でアレンジしてみましょう。脂肪燃焼スープにウインナーを入れるとコクが出ます。エリンギにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富です。

おすすめなポイント

ピリッとした柚子胡椒はスープに良く合います。柚子胡椒には血行促進が望まれるビタミンEが豊富です。ヘルシーなイメージがありますが、塩分が多いので入れすぎには注意しましょう。

おすすめの味変アレンジ:カレーパウダー

スパイス好きにはたまらないトマトとカレーの組み合わせ。ピリ辛が好きな方はご紹介するレシピ動画のようにスープに唐辛子とブラックペッパーを加えてみましょう。唐辛子のカプサイシンには脂肪の燃焼を助けるはたらきがあります。脂肪燃焼をさらに期待したいときに加えてみるといいですね。入れすぎは胃腸に負担をかけるので気をつけましょう。

おすすめなポイント

カレーパウダーを活用するとスパイシーな味わいに。カレールーは溶けにくく、脂質も多いのでカレーパウダーがおすすめです。適度な辛味で血行が良くなり体が温まるのも嬉しいポイント。

おすすめの味変アレンジ:ハーブソルト

爽やかな香りのハーブソルトを加えるとイタリアン風に。脂肪燃焼スープは数日分をまとめてつくるレシピが多いですが、大量に作ると日持ちが心配ですよね。日持ちが気になる方はこちらのレシピのように野菜だけ先にカットして煮込みは少量ずつ行うと安心です。

おすすめなポイント

トマトベースのスープにはハーブソルトがよく合います。ハーブソルトをかけすぎると塩分過多になってしまうので、控えめにしましょう。

おすすめの味変アレンジ:キムチ

辛いものが食べたいときにはキムチがおすすめ。トマトとよく合いチゲ鍋のような一品に変わります。こちらのレシピは様々なスープアレンジを紹介しています。

おすすめなポイント

発酵食品のキムチ。腸内で善玉菌としてはたらく乳酸菌がたっぷりと含まれています。善玉菌は腸内環境を改善するはたらきがあるので、脂肪燃焼スープに含まれる野菜の食物繊維と合わせて腸活に役立つ栄養素です。

おすすめの味変アレンジ:豆乳

脂肪燃焼スープのトマトの酸味が気になる方は豆乳を足してみましょう。色味が変わってしまいますが、クリーミーなスープになります。こちらの動画のレシピのように野菜を細かく刻むと消化が良く食べやすいスープに。食べ応えが欲しいときは野菜を大きめにカットしましょう。

おすすめなポイント

脂肪燃焼スープにちょっと飽きてきてしまった場合におすすめの豆乳。スープ単品では不足しがちなたんぱく質を補える点も嬉しいポイント。まろやかな味わいが楽しめます。

おすすめの味変アレンジ:ポン酢しょうゆ

スープの味に物足りなさを感じるときはポン酢しょうゆを足してみましょう。夏には脂肪燃焼スープにオクラや生のトマトも入れてみましょう。生トマトならではの爽やかなスープができます。おろししょうがを入れるとほどよい辛味のあるスープに。しょうがの辛味成分であるジンゲロールには血管を拡張させて血行を良くする作用があります。

おすすめなポイント

トマトの旨味とポン酢しょうゆのさわやかさが以外にもマッチ。あっさりと食べられるので食欲が湧かないときにも食べやすいです。

まとめ

不足しがちな野菜がたっぷりととれる脂肪燃焼スープ。
脂肪燃焼スープのダイエットは1食置き換えの方法にすると体も気持ちも負担が少ないといえます。置き換える場合は脂肪燃焼スープ以外の食べ物も意識していきたいですね。

ダイエットの目的は体重を単に減らすだけではないはずです。健康的に痩せる方法は時間がかかりますが長期的にリバウンドしにくくなります。無理のないダイエットを行いましょう。

 

この記事をシェア