ナッシュのスイーツは種類が多く糖質が低く美味しい!!利用者の口コミ【CHECK】

ナッシュのロールケーキ

低糖質・低塩分でおなじみの宅配弁当ナッシュにスイーツがあるのをご存じでしょうか?また、そのスイーツの種類が多く低糖質なのに美味しいと知っていましたか?

今回はナッシュのスイーツについて、おすすめしたい方や実際に食べた利用者の方の口コミも合わせて紹介したいと思います。

ナッシュのスイーツはこんな人におすすめ

「ダイエットしたいけど、甘いものはガマンしたくない!」「糖質制限中なのでデザートは仕方なく諦めている」そんな方にナッシュのスイーツはおすすめです。

ナッシュのスイーツはロールケーキやドーナツなど16種類あるなかから選べ、カロリーをおさえた低糖質のデザートが食べれます。ナッシュのスイーツがあれば、甘いものが食べれないストレスから解放され、甘くて美味しいデザートが選びたい放題です。

ナッシュのスイーツの糖質

ナッシュのスイーツとコンビニのスイーツで比べてみましょう。

ローソンの定番でもあるプレミアムロールの糖質は14.0gでカロリーは215kcalです。対してナッシュのロールケーキの糖質は4.7gでカロリーは161kcalと糖質は約1/3におさえられ、カロリーも約25%カットです。

また、ナッシュのスイーツは冷凍で配送されるため、食べたいときに解凍していつでも食べれるといったメリットがあります。コンビニのスイーツだと冷蔵で期限も短く、少しずつ食べたい女子にとっては嬉しいですね。

ナッシュのスイーツについて利用者の口コミ

ナッシュロールケーキの断面

ナッシュのスイーツを食べた方の実際の口コミをそれぞれまとめてみました。

ナッシュのロールケーキ

ナッシュのスイーツで圧倒的人気No.1を誇るのがロールケーキです。ホームページでも自信作とコメントするほどクオリティの高いスイーツです。モンドセレクション2022で優秀品質銀賞を受賞したロールケーキの口コミをご紹介します。

朝、パンの代わりにこれを食べます。クリームの美味しさがたまりません。冷凍で食べても、クリームがアイスみたいで美味い!糖質が少ないなんて信じられない!オススメです!

普通のロールケーキよりも甘さは感じませんが、 甘いもの苦手な私には十分甘く感じて美味しかったです。

低糖質とは思えない美味しさです!生クリームもちょうどいい甘さで、スポンジもふわふわで美味しいです。

上記の良い口コミなどは低糖質とは思えない生クリームの甘さとふわふわ食感のロールケーキに感動する方が続出でした。

一方で「糖質を抑えた努力は感じられたが、その代償としてクリームの油分が引き立ってしまい食べにくかった。」と生クリームの油分を気にする方もいました。

ちなみにロールケーキはプレーンのほか、レモン・キャラメル・マロン・チョコ・コーヒー・パンプキン・スイートポテトの8種類の味が楽しめます。

ナッシュのドーナツ

ナッシュのドーナツもロールケーキに続く人気スイーツです。糖質13.6g、154kcalにおさえたドーナツは、おからを使用した焼きドーナツになります。

オメガ3脂肪酸やビタミン類・食物繊維が含まれ、栄養価高めのチアシードが入っており、お腹の中で水分を吸収すると約10倍の大きさに膨れ満腹感を感じやすいためダイエットにも最適ですね。

そんなドーナツを食べた方からの口コミはこちら。

チョコロールケーキと一緒に毎回注文しているぐらい大のお気に入りです。

ドーナッツというよりはシフォンケーキに近いです。所々にプチプチした食感があります。生地もしっとりしていて甘くて美味しいです。

小腹が空いた時にピッタリ! 味もよく満腹感も得られました。

上記の良い口コミは味と食感が好評なのに対して悪い口コミは「スポンジの様な食感が苦手でした。」と食感に違和感を感じる方もいました。

ドーナツの味はプレーン・抹茶・いちご・チョコ・キャラメル・バナナの6種類から選べます。

ナッシュのケーキバー

ナッシュのケーキバーは4個入りでガトーショコラとチーズの2種類の味が楽しめます。

中でもチーズケーキバーは糖質量12.4gで176kcal。オーストラリア産クリームチーズと地中海産のレモン果汁を使用しており、小麦粉とともに大豆粉も使うなど原材料にもこだわっています。1袋2本入りの食べきりサイズが嬉しいですね。では利用者からの口コミをご紹介します。

レモンの酸味がきいたさっぱりスイーツでした。チーズとレモンのバランスが丁度よくて美味しいです。

冷蔵庫でちゃんと解凍しても美味しいけど、少し凍った状態で食べるとまた違った美味しさがあるのが良いです。

美味しすぎてびっくりしました。 しっかり濃厚な味でつい何個でも食べたくなってしまいます。

など味については高評価の口コミが多数。しかし「あまりの小ささにびっくり。」と実際の大きさをみて割高なイメージを持つ方もいました。

ナッシュのパン

ナッシュのパンはバンズパンとバターロールパンの2種類があります。人気が高かったのはバンズパンで1個あたりの糖質量はなんと2.1g!

半分に切って間にレタスや卵を挟んだり、ナッシュのメインプレートに合わせたりといろんな食材と相性が良くさまざまな食べ方ができると好評です。

毎回購入していますが、飽きない美味しさです。バターロールといつも一緒に頼んでます

小腹が空いた時に罪悪感なく食べられます。味もおいしく、食物繊維が入っているのも助かります。次も絶対に頼みます!

大きめで糖質も少なくていい。バターロールよりこっちの方が好き。賞味期限が長いので、他の市販のやつと使い分けしたい。

良い口コミに対して「焼いてこのまま食べましたが、糖質少なめのパンにありがちなパサパサ感と味わいが残念。」と焼いた時の水分が飛んでしまった食感を残念に思う方もみえました。

ナッシュのスイーツのメリット・デメリットを口コミやSNSの評判

ここまでナッシュのスイーツの種類や口コミ、コンビニのスイーツとの糖質の違いについてまとめてきました。

低糖質なのに甘くて美味しく、若者からお年寄りまで幅広く愛されるナッシュのスイーツですが、メリット・デメリットはあるのでしょうか?実際に利用して感じたメリット・デメリットをそれぞれまとめました。

ナッシュのスイーツのメリット

ナッシュのメリットを3つ上げてみました。

  • 冷凍とは思えないほど甘くて美味しい。
  • 低糖質で低カロリーなためダイエット中でも罪悪感なくご褒美として食べれる。
  • 冷凍庫で保管できるため食べたいときに食べられる。

ナッシュのスイーツのデメリット

ナッシュのデメリットを3つ上げてみました。

  • デザートの種類は16種類なのである程度頼むと飽きてくる。
  • 送料が割高・お弁当と同じ値段と考えるとスイーツの値段も気持ち高め。
  • 低糖質の代わりに使用されている人工甘味料が気になる。

ナッシュのスイーツは甘くて美味しいだけでなく、低糖質で低カロリーを売りにしているため、ダイエットしている方でもいつでも無理なく食べられる冷凍スイーツだとわかりました<。

一方で、デザートの種類がそこまで多くなく割高で、人工甘味料が使用されているといったデメリットも見受けられました。

まとめ

食べないダイエットはストレスにもつながり、精神的にもリバウンドが起こりやすく長続きしません。健康的で持続可能なダイエットのためには、やはり食事抜きには考えられません。

ダイエット中でも罪悪感なく食べられる低糖質スイーツは、いわゆる「ご褒美スイーツ」とも呼ばれ、近年注目されてきました。SNSでも低糖質スイーツでダイエットする画像をアップする人が増えており、需要も高まっています。

今後もこういった低糖質スイーツはたくさん出てくるでしょう。低糖質=甘くない・まずいといった概念はもう昔の話です。手軽に試してみてはいかがでしょうか?

 
   
この記事をシェア