ナッシュで1人暮らしを快適に!自炊の手間を省く・無駄な食費を削減!!

ナッシュの宅配弁当

1人暮らしの自炊はやはり手間、費用の面であまり効率的ではない。とはいえ、毎食をコンビニやスーパーの弁当などで代用するのも、カロリー、栄養面の不安があった。ついでに言えば、店舗へ行くと余分な買い物をしがち、という個人的な問題も。

そこで、自宅に届けてもらえる宅配弁当という選択肢が浮かんだ。目的としては自炊の手間を省くこと、食費の削減が主題。

スマホで調べ物中に広告に目を引かれる

実際に検討し始めると、似たような宅配弁当は多く、比較するのが面倒に。そんな中でスマホで調べ物をする時、ナッシュの広告が非常に目立ったことが購入の理由です。

ナッシュのことを少し調べてみると、調理はレンジのみ、メニューも豊富で糖質が抑えられている点など、私の希望に対してデメリットになりそうな要素が特にないのでは?と考えるに至り、いつでも止められるとも記載していたのでナッシュを頼むことにしました。

ナッシュを利用しての感想やレビュー

宅配弁当自体が、ナッシュが初めてだったので、最初はシステムに戸惑うかと思いきや、感覚的に注文出来て特に悩むことはありませんでした。写真&解説付きのメニュー表示は親切であり、馴染みのないメニューもなんとなくだが、こういう味付けなのだろうな、と想像がつく感じ。

ネット環境があれば、それだけですべて完結し、自宅に指定時間に届くのは有難い。多少、偏りはあるが、毎週新メニューが増えるので、毎日食べたとしても1ヵ月と少しの間は、メニューを被らせずに様々な料理を注文できることも利点。

ナッシュはメニューが豊富で美味しいですが、その中でも美味しいメニューを食べたいですよね?私が食べた中でお気に入りのメニューを3つ紹介するので、ご購入の際は参考にしてください。

旨だれペッパーチキン

旨だれペッパーチキン

鶏肉自体がまず柔らかくて、冷凍されて届くわけだが、パサパサになることもなく普通に美味しいと感じられるレベルだった。そして、大事なところとして名前だけかと思いきや、この旨だれが本当に旨い。

旨だれってなんだよ?と思う方もいるかもしれないが、旨いのだから旨だれでよい。ペッパーもアクセントとして効いており、濃い目の味付けだが飽きることなく食べられる。

痺れる旨辛よだれ鶏

痺れる旨辛よだれ鶏

痺れる辛さかどうかは感覚に個人差があるかもしれないが、パンチの効いた辛さで美味しく食べられる。

中華系の弁当は、無駄に脂っこい傾向がコンビニ弁当などだとよく見られるが、研究の成果なのかどうか、ギトギトな感じではなかった。

ちょうど暑い最中だったこともあるが、辛さとさっぱり感が両立したメニューはなかなか珍しくて良いと思う。

きのことチーズのトマトハンバーグ

きのことチーズのトマトハンバーグ

鶏ベースのハンバーグは、肉を食っているという満足感は薄いかもしれないが、柔らかく仕上がっていて、ハンバーグそのものの味自体も決して悪くない。

普段はあまり好き好んでトマトソースを選ばないが、このハンバーグには馴染む。トマト+チーズの組み合わせは鉄板と言えるし、きのこの香りは弱いが食感のアクセントに一役買っている。

送料は少し高いイメージ

買う度に1食あたりに割引が適用される一方、送料だけで1,000円を超えるのは痛い。また、レンジの際、メインは熱々なのに、特定の食材だけが冷たいままというケースが割と頻繁にある。(茄子は激熱、添え物のブロッコリーは半解凍みたいな)

ほかに副菜に見られる傾向として、低糖質や栄養バランス的に避けられないのかもしれないが、やけに個性的な、人を選ぶであろう味付けの1品を投入してくること。

クオリティの高い冷凍弁当に満足

総じてメインのおかずに関して言えば、冷凍を前提とした条件下でよくぞここまでと思えるくらいには企業の努力を感じる。

結果的に、という話ではあるが、コンビニで見かけたら手に取らなかったであろう料理も食べてみたら案外、満足のいくものと出会うことができた。

自炊はしなくなったが、冷凍収納スペースの関係(単身世帯用冷蔵庫)で計画的に食事をするようになり、無駄に外食をしなくなったことで食費の削減には繋がっている。

ナッシュをやめる理由が見当たらない

これだ!と言うほどの強い理由は恐らくないのだが、総合的に考えてマイナスがないからだと思われる。

当初の目的であった自炊の手間を省け、食費の削減も果たせる。冷凍でしょ?とそこまで味を求めていたわけではないが、なんだかんだ味に関しても特に不満に感じることはない。

あまり意識はしていないが、栄養バランスが考慮されているので、好みで選んだコンビニ弁当を食べ続けるよりはずっと健康的であるはず。

自宅に届くのはもちろん、クリック操作だけで配送を1週間スキップできるなど、ユーザー側に使いやすいシステムや機能が用意されていること。これらを総合して、止める理由が特にない、ということだろう。

食事のストレス低減・味は好み

個人的に、契約を悩んだ理由の1番は口に合うかどうか。こればかりは、事前にわかりようがないので、ダメならダメで解約!と割り切ってしまえばどうということもなかった。自宅に届いて、レンジで温めればすぐ食べられる料理が常にある。

自炊した方が好きなものだけ食べられるし、まとめて調理すれば安上がりだし、などと考えていた時期があったものの、献立考えるのはやはり普通に面倒臭い。

料理は出来るが、後片付けは好きではないので、見栄えを気にしなければ紙容器のまま食べてゴミ箱へ捨てるだけなのも良い点。時間的・精神的余裕が生まれると他のことに時間を割けるようになり、結果的に生活の自由が増えると思う。

合わないな、と思えば利用を止めればいいだけ。とりあえず、で始めてみてはどうか。

 
   
この記事をシェア