ベースクッキー(BASECOOKIE)はまずい?おいしい?口コミと実際に食べて感じたことをレビュー!!

5種類のベースクッキー

完全栄養食を販売しているベースフード社。手軽に摂れるにも関わらず美味しいので管理栄養士としても注目しています。

商品はパンとパスタ、クッキーも販売しています。どの商品も26種のビタミン&ミネラル、タンパク質、食物繊維など体に必要な栄養素が手軽に摂れる画期的な商品ですが、ベースクッキーは「まずい」という声が目立ちます。

結論から言うと、ベースクッキーは「期待禁物。まずくはないがおいしくもない」です。おからクッキーみたいな感じで好みは分かれますが、私はアールグレイとココナッツを美味しいと思い食べています。

今回はベースクッキーの口コミ・評判、実際に食べた味の感想や栄養価、どこで買えるのかを紹介していきます。気になっているけど口コミや評判を調べてから買いたいという人はぜひご一読ください。

執筆者:内田 桃花

資 格:管理栄養士

ベースクッキー(BASECOOKIE)の栄養価


ベースクッキー(抹茶)の栄養

ココア、アールグレイ、抹茶、ココナッツ、さつまいもが販売されています。

たった1袋で26種のビタミン&ミネラル、約7gのタンパク質 、約3gの食物繊維など体に必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養のクッキー です。糖質は一般的なソフトビスケットと比べて約20%OFFになっています。

ココア アールグレイ 抹茶 ココナッツ さつまいも
エネルギー 154kcal 153kcal 153kcal 159kcal 152kcal
タンパク質 7.8g 7.7g 7.0g 6.9g 6.8g
脂質 6.5g 6.5g 6.5g 7.4g 6.1g
糖質 14.4g 14.4g 15.2g 14.6g 16.0g
食物繊維 2.6g 2.6g 3.0g 3.1g 3.0g

クッキーの主原料である小麦粉は全粒粉を使用し、甘みは黒砂糖。ベースブレッドと同じく大豆タンパクや昆布粉末も入っています。

バター、マーガリン、ショートニングは使用せず、菜種油と粉末油脂を使用しているので普通のクッキーにはできない栄養価を実現させています。1袋約150kcalなので間食にはぴったりのサイズ感です。

1食4袋で1日に必要な栄養素の1/3を賄えるとのことですが、4袋も食べると飽きますし、食事に置き換えるのはおすすめしません。

ベースクッキー(BASECOOKIE)の口コミ

気になる口コミを紹介します。
Amazonや楽天などの通販サイトや、Twitterを参考にしました。味と食感の好みで大きく評価がわかれています。

悪い口コミまとめ

悪い口コミには味や食味に期待しすぎていた、ベースブレッドのほうがいいという意見が目立ちました。

  • おいしくない、味がしない
  • 食感が苦手、砂っぽい
  • 高い
  • おやつならベースブレッド

良い口コミまとめ

良い口コミでは味や手軽さ、腹持ちの良さ、栄養バランスなどが高評価でした。そのほか、満足感がある、罪悪感がないなどダイエットに直結する意見もありました。

  • 美味しい
  • 固くて食べ応えある
  • 甘さ控えめでいい
  • 食べきりサイズがちょうどいい

口コミまとめ

ベースブレッドに比べるとベースクッキーは全体的に良い口コミが少ないです。ベースブレッドの評価が高いため期待を上げ過ぎてしまったようです。

ベースクッキーの口コミで、高評価と低評価で共通しているのは、「甘くない」「食感が固い」「香ばしい」です。これを美味しいと思うか思わないかは個人の好みによります。

味は、ベースクッキーの中でココナッツ味抹茶味が人気。

賛否両論あるベースクッキーですが、栄養や手軽さ、腹持ちに対しては高評価が多い印象を受けました。ダイエットや栄養バランスを整えるために食べる方が多いと思うので試してみる価値がありですよ。

実際にベースクッキー(BASECOOKIE)を食べてみて感じたこと

ベースクッキーを食べてみて感じたことは大きく3つです。

  • 想像より甘くない
  • 固い
  • 食感も味も徐々に癖になる

ベースクッキーは口コミどおり甘さがかなり控えめです。そのため、他のクッキーを想像しているとギャップが大きくなってしまいます。

素朴系な味のお菓子が好きな人にはハマるかもしれません。また、食感がザクザクガリガリ系なのでショートニングたっぷりのサクサクしたクッキーや柔らかいソフトクッキーの食感を想像していると美味しくないと感じてしまう可能性が大です。

最初はびっくりしましたが、歯ごたえがあるので満足感があり、個人的には好きでした。

お菓子を辞めたいけどやめられない人におすすめ

ベースクッキーはダイエット中だけどお菓子を減らせない人におすすめです。

ベースクッキーを食べて、高エネルギーのお菓子の頻度を減らすことができればダイエット成功への第一歩。

ベースクッキーは正直、栄養価よりも「美味しすぎないので食べすぎない」「中毒性がある味ではない」ことがダイエットと好相性だと感じます。ただし、健康に良さそうだからとわざわざ食べるものではないです。

あたためなくても美味しく食べたい人

ベースブレッドはあたためたほうがおいしいですが、ベースクッキーはそのまま食べられます。そのため、外出時に食べたい人はベースクッキーのほうが適しているかもしれません。

クッキー1つが小さいのでサッと口に入れられるのもポイント。

アレンジは不要派

ベースクッキーをアレンジしている人もいますが、正直私は不要派です。ベースクッキーのなにがいいって、手軽に食べられることですよね。

アレンジのため何か挟もうとしても小さいのでやりづらいですし、お菓子なのでアレンジしてまで食べる理由もありません。もちろんアレンジが好きな人はいろいろやってみてください。
ヨーグルトやアイスに入れている人も見かけました。

何度も言いますが、ベースクッキーはお菓子。なので、飽きないように、続けられるように、と頑張ってアレンジする必要はないと思います。

ベースクッキー(BASECOOKIE)を購入できる場所

ベースクッキーは一部コンビニや楽天、Amazonでも買えます。公式サイトでの購入が送料も含めて最もお得です。

1袋あたりの値段
公式サイト 136円~
楽天 191円~ Amazon 191円~
ファミマ 194円~ ナチュラルローソン 194円~

公式サイトがお得ですが、公式サイトで買う場合、8食以上の購入が必要です。クッキーだけだと1食分4袋で32袋購入することになってしまいます。ぜひ、ベースブレッドと合わせて注文してみてください。

まとめ

ベースクッキーはあくまでお菓子なので、食事に置き換えることはやめましょう。栄養価がほかのクッキーよりもバランスよく、中毒性のある味ではないのでダイエットに向いています。

こんな人におすすめ

  • お菓子がやめられない
  • 栄養のあるお菓子を食べたい
  • 歯ごたえがあるものが食べたい
  • 甘さ控えめが好き
  • あたためなくても美味しく食べたい

ベースクッキーは健康によさそうですが、エネルギーは1袋150kcalあります。お菓子の適量は1日200kcal以内です。そのため他のお菓子にプラスαしたり、1袋以上食べたりするとダイエットには逆効果なので注意してくださいね。

片手で食べられて、小さ目サイズは手軽なので、忙しい中で小腹を満たしたいときにはとてもおすすめです。

 
   
この記事をシェア