セブンの「豆腐バー」はダイエッター必見!置き換えにも間食やおやつにピッタリ!!

セブンイレブンの豆腐バー

今回は「忙しい日々の中ダイエットしたい」「間食がやめられない」という方にオススメしたい内容になっています。
忙しくて食事に時間をかけられない、仕事や育児でゆっくり食事ができないため間食は必須。という生活を送っている方も手をかけずに痩せられたら嬉しいですよね。

コンビニで手に入り、健康にもダイエットにも良い商品を紹介します。また、糖質控えめなので糖質オフを試してみたいという方にもぜひオススメしたいです。

執筆者:聖 彩楓

資 格:管理栄養士|フードスペシャリスト|食物アレルギー対応食アドバイザー


セブンイレブンで人気の【TOFU BAR(豆腐バー)】

忙しい毎日を過ごす方の味方であるコンビニは流行に沿った商品が絶えず新しく販売されており、健康を意識した商品も多く売られています。その中で今回オススメしたいのがセブンイレブンの「豆腐バー」です。

販売されてから「高タンパク質で低カロリー」と運動する方や健康が気になる方など幅広い層から人気を得ています。
ダイエット食として話題になった「サラダチキン」に並び手軽にタンパク質を摂れる商品です。

豆腐バーの口コミレビュー

豆腐バーは「食べ応えがある」「薄味だが出汁の風味が美味しい」という口コミが多いようでした。
豆腐といっても柔らかい食感ではなく弾力のある硬さの豆腐で、1本で見た目以上の満足感が得られます。弾力のある硬さが食べ応えにつながりますが、「豆腐」を想像して食べた方の中には「口に合わない」という感想を持つ人もいました。

味の種類がいくつかありますがいずれも薄味で噛めば噛むほど旨味を感じられるようです。七味や醤油で味を足すなど、アレンジして食べる方も多かったです。

ダイエットにはタンパク質が重要

筋肉や臓器、肌など体を作るために欠かせない「タンパク質」ですが、ダイエットでも注目し重要視されるのが「タンパク質」です。
タンパク質は糖質や脂質と比べて脂肪になりにくく、筋肉を作るための材料になるため脂肪を燃やし、脂肪を減らしたいダイエット中には積極的に摂りたい栄養素です。

また、肌や髪の毛を作る材料にもなるので「綺麗になりたい」という方も積極的に摂りたい栄養素になります。
他にもドーパミンやセロトニンを作るために必要な栄養素でもあり、集中力をあげたりストレスを軽減させる効果もあります。ダイエット中にはストレスがかかりやすくなるため積極的にタンパク質を摂ってリラックスしてダイエットに励みたいですね。

低カロリーも魅力

タンパク質が低カロリーであることもダイエットで注目される理由の1つです。カロリーが高くなると余ったカロリーは脂肪として体に蓄えられるため、1日の消費カロリーを超えないことがダイエットには必要ですが、タンパク質は脂質の半分以下のカロリーであるため、満足感を得ながらカロリーを抑えることができます。

タンパク質を摂取するための食材はたくさんありますが、肉類は特に脂肪も多い食材です。また、タンパク質は主に主菜となり、味が濃くなりやすいため食材や味付け、量に注意し毎日の食事に取り入れましょう。

定番のサラダチキンの代わりにお豆腐バー

「サラダチキンバー」も高タンパク質でヘルシーと話題になり多くのダイエッターに選ばれていますが、サラダチキンは「動物性タンパク質」豆腐バーは「植物性タンパク質」とタンパク質の種類が異なります。

動物性タンパク質には必須アミノ酸が多く含まれているので痩せ体質を作る為に欠かせません。しかし、脂質も多く含まれているので食べすぎるとカロリーオーバーにつながります。一方植物性タンパク質は脂質の量が少なく、脂肪燃焼効果も高いのが特徴です。

それぞれダイエットに嬉しい効果があるため、バランスよく摂る必要があります。多くの方は肉類や魚を毎食のおかずとして食べている為、コンビニで購入する時は意識して植物性タンパク質である「豆腐バー」を選びましょう!

ダイエットや体に大事なタンパク質を手軽に摂る!!

生きていく上でも、ダイエットでも必要になるタンパク質ですが、忙しい方だと特に「おにぎりだけ」「パンだけ」になり不足しやすい栄養素です。そんなタンパク質もコンビニで手軽に購入でき、調理をせずに食べることができます。食事としてだけでなくおやつ感覚で食べても良いですね。

小腹すいた時

お腹が空いた時は血糖値が下がっている状態でもあります。血糖値が下がっていると食べ物を一気に食べすぎてしまいやすくなりますが、弾力がある豆腐バーは食べ応えがあり、よく噛むことになるので食べ過ぎを防ぐことができます。満腹感が得られるので小腹が空いた時にオススメです。

豆腐バーは水分が少なく、片手で食べることができるので忙しい仕事の合間でも食べることができます。

おやつ感覚で食べる

食事と食事の間は血糖値が下がりエネルギーが不足するので脂肪が燃焼される時間になります。しかし、おやつで血糖値を上げてしまうとせっかくの脂肪燃焼効果がなくなってしまうのでダイエット中はおやつで血糖値をあげないようにすることが大切です。

主な栄養素がタンパク質であり、糖質が少ない豆腐バーは血糖値を上げにくいという面でもおやつにオススメです。

お酒のつまみに

お酒を飲んだ次の日に浮腫むという経験をしたことはないですか?浮腫の原因は「塩分」にあります。おつまみは味が濃いものが多く塩分の取りすぎになりやすいです。豆腐バーは塩分が少ないためむくみを避けたいダイエット中にはオススメのおつまみになります。

また、豆腐は味にクセがないため洋風にも和風にもアレンジができ、その日の気分やお酒に合ったおつまみにすることができます。色々なアレンジを試して自分好みのアレンジを見つけてみてください!

セブンイレブンの豆腐バーの栄養成分

豆腐バーは1本で10gのタンパク質を摂取できる商品ですが、生の豆腐で10gを摂るには豆腐半丁食べなければなりません。

7P豆腐バー和風だし

豆腐バー(和風だし)

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

昆布と鰹の出汁が香る優しい味わいの豆腐バーです。シンプルな味でアレンジしやすい豆腐バーです。

栄養成分表 
エネルギー 111kcal
タンパク質 10.9g
脂質 7.1g
炭水化物 1g
糖質 0.5g
食物繊維 0.5g
食塩相当量 0.6g

7P豆腐バー柚子胡椒風味

豆腐バー(柚子胡椒風味)

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

爽やかな柚子の香りと胡椒のピリッとした辛味のある豆腐バーです。胡椒の辛味で薄味でも美味しく食べられます。

栄養成分表 
エネルギー 111kcal
タンパク質 10.9g
脂質 7.1g
炭水化物 1g
糖質 0.5g
食物繊維 0.5g
食塩相当量 0.6g

7P枝豆とひじきの豆腐バー

豆腐バー(枝豆とひじき)

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

枝豆とひじきの煮物入りの甘さのある豆腐バーです。具材の食べ応えもあり食物繊維も摂取できるためダイエット向けです。

栄養成分表 
エネルギー 163kcal
タンパク質 10.7g
脂質 10.7g
炭水化物 6.7g
糖質 5.3g
食物繊維 1.4g
食塩相当量 0.8g

カニカマバー

カニカマバー

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

不足しやすい魚由来のタンパク質を手軽に摂取できる1品。そのままでも旨味を感じられる商品です

栄養成分表
エネルギー 73kcal
タンパク質 10.2g
脂質 0.2g
炭水化物 7.7g
食塩相当量 1.7g

まとめ

コンビニで買えるダイエットにオススメの商品として「豆腐バー」を紹介しました。

ダイエットで重要な役割を果たすタンパク質ですが、忙しい中での食事だと不足しやすい栄養素でもあります。食事にプラスして、置き換えて、また間食として日々の中に取り入れ1日に必要なタンパク質を補いたいですね。

ダイエットを効率よく進めるためには動物性のタンパク質、植物性のタンパク質をバランスよく摂ることが大切です。バランスを整えるためにも意識して植物性タンパク質である「豆腐」を食事に取り入れましょう!

 
   
この記事をシェア