糖質制限はセブンイレブンの超低糖質メニューで乗り切る!「糖質1.0g以下」おすすめ商品8選

低糖質食品

「なんとなく糖質を控えているけど痩せない」と悩んでいる方も多いかと思います。実はその悩み、思ったより糖質の量を減らせていない事が原因かもしれません。
そこで、今回は「1日の糖質目安量」を制限のレベルごとにご紹介します。

ご自身の目指す期間や体重に合わせて目標を設定し、曖昧でなく、その目安量をしっかり守れば理想の体型も夢じゃないかもしれませんよ!また「糖質1.0g以下」のセブンイレブン商品も合わせてご紹介しますので、糖質量の調整役として参考にしてくださいね。

執筆者:小玉 奈津実

資 格:管理栄養士|食品表示検定中級|食品衛生管理者

セブンイレブンで糖質制限ダイエットをしよう!

糖質の量を減らすことで痩せやすくなるという「糖質制限ダイエット」は近年主流になっているダイエット方法です。しかし、なんとなく糖質を控えるだけだとあまり効果のない可能性も…!

そこで、これを機に、自分が目指す「糖質制限のレベル」をしっかり目標設定しませんか。
コンビニの超低糖質商品を味方につけて、糖質制限ダイエットで理想のボディに近づきましょう!あなたはどの程度の糖質制限を目指しますか?!

1日の糖質目安量を設定しよう

一般的な食事では、1日に300gほど糖質をとっているといわれており、なんとなく減らしているだけだと、制限できているか曖昧な場合も…。
そこで「1日の糖質目安量」を掲げて、しっかり換算し、効率よくダイエットをしましょう!

一般的に糖質目安量は、ざっくりと下記の4つの考え方に分けられています。
自分はどの程度の制限が向いているか、ぜひ参考にしてくださいね。
目標を設定した上で糖質量を換算しながら商品を選び、無理なく糖質制限ライフをおくりましょう。

期間を決めて短期間で痩せる!「スーパー糖質制限」

一般的な食事では、1日に300gほど糖質をとっているといわれています。
「スーパー糖質制限」では総糖質量1日60g以下と、通常の5分の1まで制限する必要があります

ちなみにご飯1膳で糖質約55gとそれだけでその日の糖質摂取が終わってしまいますので、3食の主食を抜いて調整することも。
糖質をしっかりと制限することで、エネルギー源が脂肪へとシフトし痩せやすくなるので、短期間で効果が出やすいのが特徴的です。

ただし、かなりの制限が必要なので炭水化物好きな方は続けるのが大変かもしれませんが、後ほどご紹介する「糖質1.0g以下の商品」も上手に利用して、短期集中で行うのがオススメです

確実にしっかり体重を落としたい!「スタンダード糖質制限」

スタンダード糖質制限では1日の糖質量を70〜100g以下に抑える必要があります
スーパー糖質制限よりは基準がゆるいですが、通常の3分の1まで減らすのでダイエット効果は高いです。こちらも炭水化物が好きな方は少しツライかもしれませんが、スーパー糖質制限よりは苦痛ではないかも。

続けやすく少しだけ減量したい人に!「プチ糖質制限」

プチ糖質制限は1日の糖質量を110〜130g以下にする必要があります。主に夕食を控えて朝昼の主食を半分程度に減らすという、ゆるく続けられる方法です。
大幅に痩せる目的でなく、少しだけ減量しつつ健康を維持したい方におすすめ。

リバウンドを気にせずに緩やかに「ローカーボ・ダイエット」

「ロカボ®️」の商標登録をしている一般社団法人 食・楽・健康協会では1日70〜130g以内を適正糖質の目安として提唱しています
楽しく続けたくなる、がロカボのモットー。

適正糖質を美味しくとることを推奨しているので「糖質量○g以下」でなく「70〜130g以内」と幅を持たせているのも特徴的です。
緩やかなダイエットとして長く続けることができます。


セブンイレブンの【糖質1.0g以下】おすすめ商品8選

前項目で1日の糖質目安量も設定して、あとは糖質制限をすすめるのみ!とはいえ、思った以上に糖質を摂ってしまった日に限って「少し小腹が空いた…」なんてこともありますよね?
そんな時の調整役!セブンイレブンの「糖質1.0g以下」の超低糖質商品をご紹介します
糖質がほぼないに等しいので、糖質制限中も罪悪感なく食べることができますよ。
糖質が少ないのに、企業努力で美味しい商品が多いのも特徴的。
ぜひ美味しい商品を活用して、糖質制限に取り組んでいきましょう!

サラダチキン

低糖質高たんぱく質の代表食材「サラダチキン」。なんと「糖質0.0g」という、糖質制限中にはありがたい存在ですね!食べ応えはもちろん、たんぱく質も24gと多く含まれているので「スーパー糖質制限」中にもおすすめ。味も、プレーン以外に炭火焼やハーブなど種類が豊富なので、日替わりで楽しめそうですね。

味付き半熟ゆでたまご

糖質制限中の味方である卵。ゆで卵だと出先でも手軽に食べられるのでおすすめです。
こちらの商品は1個「糖質0.6g」と低糖質ですし、卵はビタミンCと食物繊維以外のものを含む完全栄養食品といわれています。
半熟の状態では体内の吸収率も96%と高いため、消化吸収も優れています。

おでん 味しみ絹厚揚げ

おでんは、実は食材によっては低カロリーでダイエット食になる優れもの。なぜなら、身体の内側から温めて冷えを予防し代謝をアップさせる効果も期待できるからです。
その中でも、厚揚げは高たんぱく質でイソフラボンが豊富な食材。糖質も0.5gと低糖質。厚揚げ以外に白こんにゃくやしらたき、昆布巻きも糖質1.0g以下なのでおすすめですよ。

7プレミアム まろやか6Pチーズ

不足しがちなカルシウム・たんぱく質が豊富なチーズは糖質制限中も楽しめる食材。
7プレミアムのまろやか6Pチーズは、一個あたり糖質0.3gと低糖質!ビタミンB群やナイアシンなど、代謝をサポートする栄養素も含まれているので、ダイエット中におすすめですよ。

7プレミアム さばの塩焼

たんぱく質が豊富で栄養価の高い魚。
食材自体は低糖質ですが、味付けでみりんや砂糖を多く使ってしまうと高糖質になってしまいます。その点、こちらのさばの塩焼きはシンプルな味付けのため糖質0.2gと低糖質
良質な脂質DHA・EPAや、抗酸化作用が高いビタミンEも豊富なため、健康的なダイエットのサポートにもなります。

たんぱく質が摂れる 鶏むね肉のサラダ

なんとこちらの商品、しっかりと量があるにも関わらず、1食の糖質が0.7gと低糖質サラダなのです。
1食で1/3日分以上のたんぱく質27gが摂れるのも嬉しいポイント。食べ応えもあるので、朝昼夕、どの食事でも楽しめますね。ただし、ドレッシングなどをかけてしまうと糖質が一気に高くなってしまいます。塩とオリーブオイルをかける、など糖質の少ない調味料でシンプルな味付けをして食べましょう。

炭火焼き鳥(塩)

レジ横のホットスナックコーナーにも、糖質1.0g以下の商品があります。それは、炭火焼き鳥の塩味です。
なんといっても1本あたり「糖質0.1g」と低糖質な上に、カロリー74kcal・たんぱく質10.2gと、まさに低カロリー・高たんぱく質!もも肉なのでジューシーな味わいで、満足度も高い商品です。ちなみに、タレを選ぶと糖質1.3gと糖質量が高くなってしまうので、塩を選ぶようにしましょう!

7プレミアム スティックサラミ

「糖質制限中のお酒のおつまみって何が良いんだろう」と思っている方。ぜひ豚肉、牛肉を使用したサラミで糖質オフのおつまみを楽しみましょう。
こちらの商品はジューシーな脂を散りばめたスティックタイプのあらびきサラミで「糖質0.4g」と糖質1g以下。少量ですがかみごたえがあるのでじっくり味わえます。
ちなみに、他のおつまみでしたら「あたりめ」も糖質0.2gと低糖質なのでおすすめですよ!

まとめ

今回は糖質制限の摂取目安量やセブンイレブンの「糖質1.0g以下の商品」をご紹介しました。
糖質制限中の調整役として、今回ご紹介した超低糖質商品をぜひ活用してくださいね。ご自身にあった糖質制限のレベルを設定して、無理なく理想のボディを目指しましょう!

 

この記事をシェア