サラダチキンに次ぐコンビニの高タンパクダイエット食!手軽に食べられるチキンバーで痩せ体質を手に入れる!

高タンパクなチキンバー

高タンパク質でヘルシーとダイエット界で話題となったサラダチキンが片手で手軽に食べられる形になったのがチキンバー。

今回はチキンバーを使ったダイエットについてお話しします。

コンビニで手に入る商品ですので「忙しい中でもダイエットしたい」「続けられるダイエットをしたい」という方にぜひオススメしたい内容になっています。

執筆者:聖 彩楓

資 格:管理栄養士|フードスペシャリスト|食物アレルギー対応食アドバイザー

セブンイレブンのチキンバーをダイエットにおすすめ

サラダチキンを食べやすく加工したチキンバーは高タンパク質、低カロリーで食べ応えもあるためダイエット中にぜひオススメしたい商品です。コンビニで手に入り片手でも食べられるので継続しやすいダイエット食です。

高タンパク質なので筋肉の減少を防止できる

筋肉があることで新陳代謝が上がりますが、ダイエット中は食事制限や運動などで筋肉が減少しやすくなります。

筋肉は運動などで「筋肉を使い破壊され修復する」というサイクルを繰り返し行うことで強く太い筋肉になっていきますが、修復にはタンパク質が必要です。

タンパク質が不足していると筋肉の修復が行われず、破壊される一方で筋肉は減少してしまうので十分なタンパク質の摂取が大切なのです。

チキンバーはタンパク質が13.5gと豊富に含まれており、手軽にタンパク質を補うことができるので筋肉の減少を防止することができます。

低脂質・低糖質なのでカロリーオーバー防止になる

チキンバーは低脂質、低糖質であることもダイエットに勧める理由の1つです。

普段の食事に追加して食べると当然ですがカロリーも追加されます。このチキンバーは脂質、糖質、カロリーが低く罪悪感を感じることなく追加することができます。

低カロリーな割に食べ応えがあるところもおすすめしたい理由の1つで、小腹が空いた時や間食での食べ過ぎも防止することができます。

調理済みだから手軽にとりいれられる

タンパク質を摂取できる食材はたくさんありますが、チキンバーをおすすめする1番の理由は「手軽さ」です。チキンバーは調理済みでありそのまま食べることができます。

例えば仕事の隙間時間に食事をとらなければならない時、簡単に夕食を済ませたい時、手軽に食べられるおにぎりだけでは糖質のみの摂取になりますが、チキンバーを追加することで簡単にタンパク質を摂ることができます。

片手でも食べられる手軽さが継続につながりダイエットを成功に導きます。

チキンバーの口コミレビュー

プレーンのチキンバーは同じくセブンイレブンで売られているサラダチキンと比べ「薄味」と感じ、サラダにのせたり、野菜と一緒に炒めるなどのアレンジをしている人が多いようです。味付きのチキンバーは風味や食感をしっかり味わうことができます。

サラダチキンと比べて開けた時の水分がないため、汁をこぼす心配なく仕事の合間に片手でもさっと食べられる手軽さが特に評価されているようです。

ダイエット中のチキンバーを食事に取り入れる

ダイエット中に積極的に取り入れたいタンパク質ですが、主にタンパク質となる主菜は調理の手間もかかり続けるのは難しいです。
チキンバーは面倒な手間を省き気軽に取り入れられるタンパク質です。

どんな食材と組み合わせがタンパク質を効果的に摂れる?

ダイエット中はタンパク質を積極的に摂りたいとお話ししましたが、タンパク質だけでは体内で上手く利用できません。栄養バランスの良い食事が基本となります。特にタンパク質を活用するにはビタミンB6が必要となります。

ビタミンB6は肉や魚、ごまなどの種実類やニンニクに多く含まれているため、ナッツ類と一緒に間食で食べたり、ニンニクと炒めるアレンジをして食べることでタンパク質の利用効率が良くなります。

栄養バランスが整った食事にする為の工夫

栄養バランスを簡単に整えるために食べるものを「主食・主菜・副菜」に当てはめましょう。チキンバーは主菜に分類されるため、主食であるおにぎりや副菜であるサラダを組み合わせることで栄養バランスを整えることができます。

「品数を増やすことができない」「隙間時間に片手で食べなければならない」という場合はサラダを使ったサンドイッチなど、色々な食材を使用した商品を選ぶことで少ない品数でも栄養バランスを整えることができます。

食べる時間帯も重要

タンパク質のダイエット効果を高めるためには食べる時間にも注目してみましょう。チキンバーを取り入れるタイミングのポイントは3つです。

食事に追加して食べる

タンパク質を効率よく吸収するためには毎食摂ることです。1度の食事で大量にタンパク質を摂る方もいますが、1回の食事で吸収できるタンパク質の量は決まっていると言われています。

今の食事を振り返ってみて毎食タンパク質を摂れていないという方は、食事にチキンバーを追加してみましょう。

不足分を間食に追加する

毎食タンパク質が摂れているという方は間食にチキンバーを追加しましょう。ダイエット中は筋肉が減少しやすい状態にあり、普段よりも多めにタンパク質を摂取したいです。

3度の食事とは別に不足したタンパク質は間食で摂りましょう!

運動直後に追加する

運動直後と睡眠中に成長ホルモンが多く分泌され筋肉が作られると言われています。ダイエット中は運動を取り入れる方も多いと思いますので、その後のエネルギー補給としてもチキンバーを取り入れてみてはいかがですか?

また、睡眠中にも成長ホルモンの分泌が増えると言いましたが、消化しきれないとホルモンの分泌が悪くなってしまうのでベストなタイミングは「運動直後」です。

チキンバーと豆腐バーを上手く活用する

セブンイレブンにはタンパク質を摂取できる商品としてチキンバーの他にも豆腐バーがあります。

どちらもタンパク質ですが、チキンバーは動物性タンパク質、豆腐バーは植物性タンパク質とタンパク質の種類が異なります。それぞれ特徴がありダイエットを効率よく進めるにはバランスよく摂ることが大切です。

チキンバーを食べる注意点

タンパク質が豊富でダイエットに嬉しい効果がいっぱいのチキンバーですが食べれば食べるほどダイエットに効果的というわけではありません。食べるときの注意点を知りより効果的にダイエットを進めていきましょう!

塩分が多くむくみにつながるかも

ダイエット効果を上げるために食事や間食に追加したいチキンバーですが、塩分は高めの傾向があります。

1日の塩分摂取目標量は女性で6.5g未満、男性で7.5g未満となっていますが多くの日本人は塩分を取りすぎています。チキンバーは種類によって異なりますが約1g程度の塩分が含まれているので塩分過多になります。

塩分を取りすぎるとむくみに繋がります。対策としては他の食事の塩分を控えめにする、カリウムを積極的に摂るなどが挙げられます。カリウムは野菜や果物に豊富で体に入った塩分を尿と一緒に外に排出してくれる効果があります。

チキンだけでは栄養が偏る

タンパク質が豊富なチキンバーですが、糖質や食物繊維はほとんど含まれていません。ダイエットには嬉しい糖質0ですが、糖質も生きていく上で必要な栄養素です。チキンバーだけになると栄養が偏ってしまいます。

食事に取り入れるときはおにぎりやサラダなどと組み合わせて満遍なく栄養素を取れるようにしましょう。

セブンイレブンの豆腐バーの栄養成分

セブンイレブンのチキンバーには味に幾つかの種類があります。いずれも糖質が低くたんぱく質が豊富なのでその日の気分に合わせて選ぶのも楽しいです。色々な味を試して好みのチキンバーを見つけましょう。

7プレミアム サラダチキンバー

セブンイレブンのサラダチキンバー

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

シンプルな味なので炒めたり、サラダにしたりなどアレンジに向いているサラダチキンバーです。鶏胸肉の味が感じられるのでチキンバーを初めて食べる方はプレーンからお試しすることを勧めます!

栄養成分表
エネルギー 65kcal
タンパク質 13.4g
脂質 1.2g
炭水化物 0g
食塩相当量 0.8g

7Pサラダチキンバー スモークペッパー

セブンイレブンのサラダチキンバー(スモークペッパー)

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

サラダチキンバーは比較的あっさりした味ですが、ブラックペッパーがアクセントとなり薄味でも美味しく食べる事ができます。スモークペッパーなのでおつまみとしても美味しく食べられる1品です。

栄養成分表
エネルギー 59kcal
タンパク質 12.5g
脂質 1.0g
炭水化物 0.0g
食塩相当量 0.9g

7Pサラダチキンバー バジル&オリーブ

セブンイレブンのサラダチキンバー(バジル&オリーブ)

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

バジルとオリーブの風味が効いたチキンバーです。他のチキンバーと比較して塩分が少ないため、塩分も気になるという方にもオススメです。塩分控えめですがバジルの風味でアレンジしなくても美味しく食べる事ができます。

栄養成分表
エネルギー 65kcal
タンパク質 12.9g
脂質 1.4g
炭水化物 0.0g
食塩相当量 0.7g

7プレミアムたんぱく質チキンバーガーリック

セブンイレブンのサラダチキンバー(ガーリック)

出典:セブンイレブンの公式ウェブサイト

ガーリックの風味が満足感につながるチキンバーです。鶏肉の旨味も感じられる1品でガーリックとの相性も良いので食事に追加しても間食としてもオススメです。いくつかあるチキンバーの中でも塩分が高いのでそのまま食べることを勧めます。

栄養成分表
エネルギー 101kcal
タンパク質 21.8g
脂質 2.0g
炭水化物 0.0g
食塩相当量 1.2g

まとめ

今回はセブンイレブンのチキンバーでできるダイエットについて紹介しました。

ダイエットをしたいけど忙しさ等で中々始められないという方はチキンバーをダイエットのきっかけや取り掛かりにしてもいいですね。

タンパク質を摂取し筋肉の減少を抑え、ダイエット後に起きやすいリバウンドも予防することができるので、現在行っているダイエットと組み合わせて行うのもオススメです。

コンビニで安価に手に入り、いつでもさっと食べられるので1度試してみてはいかがですか?

 
   
この記事をシェア