イヌリンとは血糖値を下げる効果があり天然のインスリンと呼ばれている!!

イヌリンの健康効果

イヌリンという成分を聞いたことがありますか?
今、生活習慣病につながる血糖値の上昇を抑えたいと考える人たちの間でイヌリンは「天然のインスリン」としてとても注目をされている成分なのです。

イヌリン成分の魅力的な効果

  • 天然のインスリンとして注目されている

  • 血糖値の上昇に効果あり

  • イヌリン豊富な菊芋にはカリウムもいっぱい

  • 高血圧予防に効果あり

イヌリンとは?

イヌリンは植物によって作られた天然のオリゴ糖の一種。
砂糖やデンプンなどの炭水化物や糖質の仲間なのです。ですが、イヌリンは体内で吸収されることなく、体の外に排出されてしまうので、糖質ではなく水に溶けやすい水溶性の食物繊維の一種とされています。

このイヌリン、体の中に入ると、食事により上がり始める血糖値の上昇を緩やかな状態に抑える働きをしてくれるのです。
本来、血糖値の上昇を抑えるのは膵臓から出てくるインスリンというホルモン。その働きと似た動きをイヌリンはしてくれるため「天然のインスリン」とも呼ばれているのです。



イヌリンが血糖値の上昇を抑える

イヌリンは体の中に入ると、腸の中で水分を吸収してゲル状のようになり、糖質の吸収を抑える働きをしてくれています。

食事をすると上がる血糖値の上昇を、緩やかな状態に抑えてくれるのです。実は、人間はイヌリンを分解させる酵素を持っていないのです。 そのため、イヌリンは糖質ですが、体の中に吸収されることはなく外に排出されてしまいます。 

イヌリンは腸内細菌によってはじめて代謝分解されます。そして代謝分解されることで、インスリンの感受性が高まるため、糖尿病の患者さんの血糖値を適切な基準に調節させることができると報告されています。

イヌリンは最終的には腸の中で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える役割も担ってくれるという、最後の最後まで無駄のない働きをしてくれる優れた成分なのです。この働きは多くの研究を経て、「イヌリンの継続的な摂取は腸内のビフィズス菌を確実に増やす」という結果報告にもつながっています。

このようなイヌリンの働きは、血糖値の異常が原因で起こる病気に対して効果があるとされ、食事療法の一つとして期待されている成分であり「天然のインスリン」と呼ばれるまでになったのです。

血糖値とは?

血糖値とは体の中を流れている、血液中のブドウ糖の濃さを示します。この血糖値、高すぎても低すぎても 体に不調をきたします。

そのため、私たちの体には血糖値を正常な値に保つ機能が備わっており、高くなった血糖値を下げる役目のインスリンというホルモンが存在するのです。

なぜ血糖値が高いと駄目なの?

私たちは食事をすると必ず血糖値が上がり始めるため、インスリンが膵臓から出され、上がった血糖値を下げてくれます。しかし、このインスリンの量が足りない、またはきちんと機能していないと どうなるのでしょうか?

血糖値は下がることなく高いままとなってしまうのです。そうなると、血糖値が常に高い状態で血液の濃度が濃くなり、糖尿病や心筋梗塞などの病気にかかりやすくなってしまいます。特に糖尿病は、一度なってしまうと完治することは難しい病気。しかも糖尿病が原因となり合併症を起こし、目や心臓、神経などの重大な障害を引き起こしてしまう病なのです。

血糖値は常に正常な範囲に収めることが大切になります。血糖値が高めの場合、そのままにしておくと生活習慣病の一つである糖尿病に繋がる恐れがありますので、血糖値を下げるように生活習慣を改める必要があると言えるでしょう。



イヌリンは何に含まれている?

イヌリンは菊芋やニンニク、玉ねぎ、ごぼうなど、植物の地下茎や根っこに蓄えられている成分です。

このイヌリンが植物の備蓄のエネルギーとなります。そしてこのイヌリンを含んだ植物は、でんぷんをほとんど含まないという特徴を持っているのです。

イヌリンの含有量を比較してみると…

  • 菊芋15%〜20%

  • にんにく9%〜16%

  • 玉ねぎ2%〜6%

  • チコリー3%〜10%

  • ごぼう5%〜10%

このように、イヌリンが多く含まれているのは菊芋ということが分かります。菊芋はでんぷんを多く含まない芋類なのです。そのためカロリーが低く、ジャガイモと比較すると半分以下のカロリーです。

これらの理由から、イヌリン豊富な菊芋は血糖値の上昇を抑える「天然のインスリン」として健康食品にも使われるなど、今注目を浴びている野菜と言えるでしょう。さらに菊芋には、カリウムがたくさん含まれていることも優れた特徴なのです。

カリウムの働きとは

カリウムは、摂り過ぎた塩分を利尿作用によって体の外に出してくれる働きをします。

塩分は敵?味方?

塩分は適度な量を摂ると体の調子を整えてくれる働きがあります。しかし、摂り過ぎてしまうと血圧が高くなり体調不良を起こしてしまうなど生活習慣病の原因になるのです。

高血圧が原因の病気とは

動脈硬化

動脈硬化とは、老化現象を起こし血管が細く硬くなってしまった状態のことを言います。この原因は加齢や長年の生活習慣が大きな影響であると言われ、その中の一つとして塩分の摂りすぎ、高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病が原因と言われています。

心臓病

動脈硬化になると心臓の血管が細くなり心臓に負担をかけます。
血管に血液を送り込む時、通常よりも大きな力が必要となるため、心臓に常に負担がかかってしまうのです。負担が常にかかった心臓は疲れて機能が低下し、心筋梗塞など命に関わる重大な病気を引き起こしてしまうのです。

カリウムは高血圧に効果あり

カリウムによって塩分のバランスを整えてくれると高血圧予防につながります。
カリウムが余分な塩分を外に出してくれることで血圧を安定させる効果があるのです。ですので、減塩はもちろんのこと、カリウムを摂ることで自然に体内バランスを整えるお手伝いができますのでお勧めの栄養成分と言えます。

<注意点>腎臓病の方はカリウムの摂りすぎで悪化する場合がありますので必ず医師に相談してください。

食後の血糖値が気になる方へオススメの機能性表示食品「金の菊芋」

「甘いものを控えている…」「水分を多く摂っている…」「塩分を気にしている…」「飲みの席では健康の話ばかり…」1つでも思い当ったら始め時!

安心の30日間全額返金保証付き

金の菊芋をもっと詳しく!!
金の菊芋

まとめ

イヌリンは血糖値を下げる「天然のインスリン」として健康食品や食事療法に取り入れられています。普段の食事にイヌリンやカリウムが豊富な菊芋などを取り入れ、ぜひ健康維持にお役立て下さい。

この記事の執筆者

  • ASUKA

    • 経歴
    • 短大卒業後、放送関係、医療機関で働く。栄養のことを知りながら料理をしたいと思い、食関連の資格を取得し現在に至る。
    • 保有資格
    • 食生活アドバイザー2級・(NPO法人みんなの食育)フードインストラクター認定・食育指導士
    • コメント
    • 「頭の先からつま先まで、これまで食べてきた物でできている」という考えをもとに、食と楽しく向き合いたいと思っています。

関連記事

 

よく読まれている