スーパーフードの定期|種類と効果・有効な摂り方

スーパーフードの種類

スーパーフードの定義

スーパーフードの発祥はアメリカで、医師や専門家が食事療法で取り入れていた食品のことを指しています。スーパーフードが世間に広まったきっかけになったものが、アメリカの医師スティーブン・プラットの『スーパーフード処方箋〜あなたの人生を変える14の食品』という本によるものとされています。
ところで、スーパーフードの定義をご存知でしょうか?一般社団法人日本スーパーフード協会によると、「一般的な食品より栄養価が高い食品である」「一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれていること」とされています。例えば、アサイーやチアシードなどはよく耳にしたことがあるのではないでしょうか。
このようなスーパーフードは、「健康やアンチエイジングに気を使っている人が取り入れるもの」と思っていませんか?
スーパーフードは、そういったものに気を使っていなくても、日本人全員が取り入れるべきだと思います。なぜなら、日本人のほとんどが栄養不足に陥っているからです。厚生労働省の調査にとると、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事をする人が減ってきており、栄養バランスに課題があることがわかっています。その背景には、ファーストフードやコンビニといった、手軽に食べられる食品を手に入れる場所が増えたことが原因とされています。

日本人の栄養不足は、他にも原因があります。それは、野菜の栄養不足です。現在野菜に含まれる栄養素は、昭和と比べてだいぶ減ったとされています。
その理由としては、農法が大幅に変わり、化学肥料と害虫を駆除する農薬が多く使われるようになったからです。確かに、そういった化学肥料のおかげで、現在安く野菜を買うことができるのはありがたいことです。しかし、野菜の栄養が減ってきていることをきちんと理解して、私たちの栄養不足の対策をしないといけません。そこで便利なのが「スーパーフード」なのです。

どれか悩んでいるならこのスーパーフードを!!

スーパーフードをいつもの食生活に取り入れれば、野菜が栄養不足だとしてもスーパーフードがそれを補ってくれて、健康的な体を手に入れることができます。
栄養不足状態に陥っている日本人に特にオススメなスーパーフードは「スピルリナ」です。スピルリナは、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な究極のスーパーフードです。よって、スピルリナを取り入れることによって、栄養不足状態を避けることができます。
ですので、健康やアンチエイジングに気を使っていない方もぜひ、スピルリナといったスーパーフードをいつもの食生活に取り入れてみて下さい。

スピルリナについて

スピルリナというのは、およそ35億年前に出現したと言われている単細胞の藻です。主に、熱帯地方の湖に生息し、昔から健康食として使われていた食品です。

ポーランドのポズナン大学の研究によると、被験者に3ヶ月間スピルリナを飲んでもらったところ、体内のインターロイキン6が減ったということがわかっています。インターロイキン6というのはたんぱく質の一種で、増えるすぎると体内で炎症が起こりあらゆる病気になります。
このことから、スピルリナは体内の栄養バランスを保ってくれるだけでなく、肥満などによる体内の炎症から身を守ってくれる食品だということがわかります。

スピルリナに含まれる栄養素

スピルリナの栄養素は、大きく分けると3種類に分けられます。まず1つ目がアミノ酸です。スピルリナの約55〜77%がアミノ酸で構成されており、人間の細胞やホルモンの材料として使われます。
 次に2つ目がビタミン類です。スピルリナのビタミンは主に、ビタミンAとビタミンBが多く含まれており、食事で摂取した糖質や脂質を代謝させるためには欠かせない栄養素です。そして最後はミネラルです。スピルリナのミネラルは主に、鉄やカリウム、カルシウムが多く含まれており、ビタミンの働きを助けてくれます。こういったように、スピルリナはあらゆる栄養素を含んでいることから、完全栄養食品と言っても過言ではない食品です。



▼スピルリナの有効な取入れ方

現在日本では、美容という観点から様々なスーパーフードが注目を浴びています。
その中でも今回は、「スピルリナ」というスーパーフードの栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

肥満かどうかを判定するのにBMIという指標が用いられます。BMIは体重(kg)÷身長(m)2で計算され、BMI25以上で肥満と判定されます。肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があります。皮下脂肪型肥満は脂肪が下半身お尻や太ももの皮膚の下にたまる肥満です。内蔵脂肪型肥満は脂肪がお腹の臓器の周りにたまる肥満です。このうち糖尿病と関係が深いのは内臓脂肪型肥満です。

スピルリナの有効な取り入れ方についてご紹介したいと思います。
スピルリナは藻であるため、鮮度が落ちやすい食品です。できれば生の状態で摂取したいところですが、すぐに腐ってしまい食べることができなくなってしまいます。そのため、タブレットに加工されたサプリメントから摂取することをオススメします。
サプリメントであれば、保存状態が悪くなければ長期間保存することができます。さらに、普段野菜を食べるのが億劫で面倒臭がり屋な人でも、気軽に摂取することができるのでサプリメントで摂取するといいでしょう。以上がスピルリナの有効な取り入れ方でした。

現代の日本人は外食化が進んでおり、バランスの取れた栄養素を摂取できていないのが現状です。しかし、だからといって野菜を多く食べても、野菜自体が栄養不足に陥っているため、栄養を補うことは難しくなっています。そこで役に立つのがスピルリナのサプリメントです。ぜひこれを機に、栄養不足や肥満による体内の炎症に悩んでいる方はスピルリナのサプリメントを摂取してみてください。

アサイー

アサイーの有効な取入れ方

世間では、スーパーフードといった食品が認知されるようになってきました。スーパーフードの中でも、抗酸化作用として知られるポリフェノールが豊富な「アサイー」という食品があります。これからアサイーの栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

アサイーは、ブラジルのヤシ科の植物です。アサイーベリーと呼ばれることがありますが、ブルーベリーといったベリー類とは別の品種になります。そして世間では、アサイーの栄養価が非常に高いことから、スーパーフードと呼ばれています。それでは、実際にどのような栄養素が豊富なのかを解説していきますので、見ていきましょう。

まず、アサイーの代表的な栄養素であるポリフェノールについてです。ポリフェノールは緑茶やコーヒーなど種類は様々ですが、アサイーのポリフェノールはブルーベリーと同じアントシアニンであり、アントシアニンの量はなんとブルーベリーの18倍も含まれています。
 イランのテヘラン大学の調査によれば、アントシアニンを摂取することによってコレステロールが下がることがわかっています。動脈硬化の疑いがある方や、血管をキレイにしてアンチエイジングの効果を得たい方には、アサイーはオススメの食品です。



アサイーに豊富な栄養素はアミノ酸

アサイーは、アミノ酸スコアが卵と同じくらい優れています。
アミノ酸スコアというのは、数値が100に近いほど理想であり、タンパク質の栄養価を示す指標のようなものです。アミノ酸は、人間の肌や髪、筋肉などを作る原料となり、体内にためておくことができないので定期的に摂取したい栄養素です。

これから、アサイーの有効な取り入れ方についてご紹介したいと思います。アサイーは酸化しやすい性質があるため、日本に輸入されてくる際には加工された形になっています。例えば、すりつぶして冷凍されたアサイーパルプや、フリーズドライして粉末状にしたアサイーパウダーなどです。
 まずアサイーパルプとして取り入れる際には、スムージーとして使うといいでしょう。
 作り方は、バナナと水と一緒にミキサーをかけるだけです。簡単でとても美味しいスムージーの出来上がりです。つづていアサイーパウダーは、ほとんど味がないので牛乳やヨーグルトなどとかけて食べるといいでしょう。他にも、100%のジュースと混ぜて飲むのもオススメです。
 アサイーを取り入れる際には、熱を加えると大事な栄養素が失われてしまうので注意しましょう。以上が、アサイーの有効な取り入れ方です。

ポリフェノールが豊富な食品はたくさんありますが、アサイーのようなアミノ酸スコアも優れている食品は中々ありません。
ぜひアンチエイジングのためにもアサイーを取り入れてみてください。

マカの有効な取入れ方

あなたはマカに対してどのようなイメージをお持ちですか?おそらく、マカというと精力剤というイメージが強いと思います。しかし、マカはスーパーフードと呼ばれていたり、人間の体に様々なメリットをもたらすことがわかっています。そこで今回は、マカの栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

マカというのは、ペルーに生息するアブラナ科の植物で、根っこの部分はハーブとして使われています。およそ2000年前には、アンデス高地で栽培されており、インカ帝国の時代には、身分が高い者の食べ物とされていたり、戦いの勝利のご褒美として食べられていたという研究があります。そんな貴重な食品として食べられていたマカですが、どのような栄養素が含まれているのかをみていきましょう。

マカには、イエローマカ・レッドマカ・ブラックマカの3種類が存在しています。イエローマカは、代謝の働きを助けてくれる酵素や動物性コレステロールの吸収をおさえてくれる、植物ステロールが含まれています。ほかにも、約27種類のアミノ酸やカルシウム・鉄分といったミネラルも豊富です。
次にレッドマカは、アンチエイジングに良いと言われるプロリンやポリフェノールが多く含まれているのが特徴です。最後にブラックマカは、体内の酸化を防いでくれるグレコシノレート、アルギニン、ポリフェノールが豊富です。以上が3種類のマカの栄養素についてでした。

ちなみ、マカを摂取することによって精神的なメリットも得ることができます。ある研究では、被験者に6週間マカを摂取してもらったところ、不安やうつ症状が軽減されて幸福度があがったということがわかっています。マカは、身体的な健康以外にも精神的な健康も促進してくれる優れた食品です。



マカの有効な取り入れ方についてご紹介

マカといえば、ドリンクとして売られているのはご存知だと思いますが、精力剤情報局によると、マカのドリンクは成分量があまりにも少なく、人体に何の影響も及ぼさないとがわかっています。ですので、人体に良い影響をもたらす成分量が入っている、サプリメントから摂取することをオススメします。以上がマカの有効な取り入れ方についてでした。

マカは身体的な健康を促進してくれるというより、精神的な健康を促進してくれるメリットの方が大きいです。
ですので、不安傾向にあったり気分が落ち込みやすい方はぜひ、マカのサプリメントを摂取してみてください。

ターメリック

ターメリックの有効な取入れ方

最近は、スーパーフードのトレンドというものが生まれ、多くの人に認知されるようになりました。2018年にも様々なスーパーフードが注目されましたが、その中でもターメリックという食品について栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

まずターメリックというのはショウガの仲間であり、ウコンの英語名になります。ウコンは、インドが生産量と輸出量が世界一であり、およそ50種類以上ものウコンが存在していると言われています。それでは、どのような栄養素が含まれているのかを見ていきましょう。

ターメリックの栄養成分として有名なのがクルクミンです。クルクミンという成分は、肝機能を正常に保つ働きをしてくれることから、二日酔い対策のドリンクによく使われています。他にもカレー粉に使われているのが有名ですね。
 クルクミンは肝機能を正常に保つ他にも、素晴らしい効果を得ることがわかっています。
例えば、ある研究では被験者に、18ヶ月クルクミンを摂取してもらったところ、記憶力と注意力が上がったということがわかっています。つまりターメリックは、お年寄りなど認知機能が衰えてくる方には、オススメのスーパーフードということです。



ターメリックの有効な取り入れ方

ターメリックの有効な取り入れ方は大きく分けて2つあります。まず1つ目がクルクミンのサプリメントによる摂取です。
 なぜターメリックではなくクルクミンなのかというと、クルクミンのサプリメントの方が吸収率が高いからです。
吸収効率を高めて手軽に摂取したい方は、サプリメントで摂取してみてください。2つ目の有効な取り入れ方はカレー粉による摂取です。日本では、カレーはメジャーな食べ物であることから、簡単にカレー粉が手に入ります。「サプリメントを飲むのは抵抗がある…」という方は、カレー粉からターメリックを摂取するといいでしょう。
カレー粉から摂取するときのポイント1つあります。それは、油と一緒に混ぜることです。
 ターメリックは、油と混ぜることによって吸収効率があがることがわかっています。ですので、カレーを食べる時は、油と一緒に摂取することを忘れないようにしましょう。以上が、ターメリックの有効な取り入れ方です。

ターメリックは、肝機能と認知機能に効果があるということがわかりました。日頃からお酒をたくさん飲む方や、認知機能が衰えやすいお年寄りの方などは、ぜひターメリックを取り入れるようにしてみてください。

関連記事

 

よく読まれている