なすについて

なすの栄養効果「ナスニン」とは|アンチエイジング効果|目の健康維持に効果あり|

ナスの色は「なす紺色」と色彩で使われるほど、とても綺麗な色です。この紫色はポリフェノールの一種から生まれており、優れた栄養効果が期待されている栄養素です。今や全国で栽培されるほど食卓に馴染みの深い野菜となったなすの魅力に迫っていきましょう!

執筆者:ASUKA

資 格:食生活アドバイザー2級|フードインストラクター認定|食育指導士

なすの栄養効果

なすの栄養効果

なすの紫色はポリフェノールの一種「ナスニン」の色素です。皮には紫アントシアニン系色素・アントシアニンが多く含まれ、活性酸素の働きを抑制し、目や肝臓の働きを活性化する効果もあるといわれています。ではなすの栄養効果を見ていきましょう。

ナスニンとは

ナス特有の紫色の部分には「アントシアニン」という天然色素が含まれています。この天然色素はポリフェノールの一種で、ナスから取り出したものは「ナスニン」と呼ばれています。ナスニンは紫の皮の部分に豊富に含まれており、アンチエイジング効果が期待できます。

ポリフェノールの一種ナスニンには、強い「抗酸化作用」があり、体の中の活性酸素を除去してくれる働きがあります。酸素は私たちの体に必要なものではありますが、増え過ぎると活性酸素となり、体をサビつかせる原因となります。「体がサビつく」ということは老化につながり、その原因となる活性酸素をナスニンの抗酸化作用で除去することで、いつまでも若々しさを保つことができるアンチエイジングに繋がります。

肌トラブルを改善する力

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、老化につながる酸化、サビつきがおきます。酸化が蓄積すると、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルに繋がります。肌の内側では皮脂やコラーゲンといった物質がダメージを受けるなど、細胞や物質にダメージを与え、肌の老化を促進してしまいます。肌の老化やトラブルを食い止めるためには抗酸化作用の強い食材を摂取する事が大切になります。

コレステロール値を低下させる

コレステロールは増えすぎると血管の内側に溜まってしまいます。この溜まったものは脂質です。その脂質が活性酸素の影響で酸化し蓄積していくと、血管が細くなり血栓ができて血管の老化となる動脈硬化へとつながっていきます。コレステロールが酸化され、壁に吸収されることを防ぐためにも抗酸化作用の強いポリフェノールの摂取を心がけましょう!



アントシアニン色素で目の疲れや視力の回復効果

アントシアニンを多く含む食材として赤紫蘇やブルーベリーがあります。この食材と同じように、ナスにもアントシアニンが多く含まれています。
光の情報交換やエネルギー交換に必要な、眼の網膜にある「ロドプシン」という色素の再結合に働きかける効果があるため、目の疲れを改善したり視力回復に効果があるといわれています。

豊富なカリウム

ナスには含まれるカリウムには高血圧症や生活習慣病の予防に効果があります。カリウムは体の中に溜まった余分な塩分を排出する働きがあり、日頃から塩分摂取を気にする方は意識して摂りたい食材です。またカリウムには利尿作用があるため むくみ対策にも効果が期待できます。

なすの選び方と保存方法

なすの選び方と保存方法

切り口が白く、トゲが鋭くとがっているものほど新鮮です。皮の色が濃くハリとツヤがありずっしりと重みがあるもの、表面に傷や変色のないものをら選びましょう。また、なすを切った時に種が変色しているものは鮮度が落ちている証拠

旬の時期は6〜9月になり、安くたくさん手に入る場合は色々な方法で保存してみて下さい。保存調理ならではの美味しさを味わってみましょう!

保存方法

なすは常温で3日程度保存ができます。冷蔵庫に保存する場合はキッチンペーパーや新聞紙に包み、袋に入れておけばみずみずしいまま10日間くらい保存できます。その他に少し手を加えた保存方法をご紹介。

干しなす

干しなすは切ったナスをざるに並べ、天日で干すと、2、3時間ほどの半干しただけでも 旨味が驚くほどアップします。水分をしっかりと飛ばし乾物にすると長期間の保存も可能。乾物のナスは水で戻してから煮物や汁物の具に使うことができます。

なすを調理する時のポイント

なすを調理する時のポイント

ナスに皮に含まれているポリフェノールは 「水に溶けやすい性質」のため、水にさらしてしまうと溶け出てしまいます。皮を剥いて煮物にするなどの調理も大切な栄養を捨てています。なすを調理する時は油で炒めり、揚げるなど油でコーティングして栄養の流出を防ぐ食べ方でしっかりと栄養を摂るようにしましょう。

なすは油をよく吸うのでカロリーが気になる方は油を控えめにする、油をかけて電子レンジで加熱するなど工夫をしてください。オリーブオイルやエゴごま油などの良質な油を使うように注意してください。

ワンポイント:調理前のアク抜きは栄養が水に流れる為、アク抜きはせずになすを切ってからすぐに調理するようにしてください。。アクが気になる場合は軽く塩を振ってから調理を。

おすすめの食べ方

ぬか漬けにする事で栄養価アップ!!ぬか床には、ビタミンB1、B2、カロテン、カルシウム、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれているため栄養価がぐんと高まります!

なすまとめ

まとめ

ナスは90%以上が水分で多くのビタミンは含まれていませんが、健康につながるポリフェノールが豊富に含まれています。抗酸化作用でがん予防、コレステロールの吸収を抑える、眼精疲労に効果があるなど魅力の多い食材です。調理のバリエーションも豊富、使いやすい野菜ですので積極的に取り入れてはどうでしょうか?

                       

▼広告商品の詳細はバナーをクリック

有機・低農薬野菜&無添加食品 食材宅配サービス    

興味があるかも