寒天

寒天は食物繊維の王様|栄養成分のほとんどが食物繊維|低カロリー食材の魅力

寒天の由来は「ところてん」と知っていますか?真冬にところてんを外に放置していたら凍結、その後自然解凍された時に美しい干物に変わっていたことが寒天誕生の始まりです。寒天には、医学会で期待されている効果があり、食物繊維が豊富に含まれた優れた食材です。

執筆者:ASUKA

資 格:食生活アドバイザー2級|フードインストラクター認定|食育指導士

寒天は天然寒天と工業寒天とに分類される

寒天は天然寒天と工業寒天とに分類される

寒天は100%海藻からできていて、 その原料は紅藻類で、主にテングサやオゴノリなどが使われています。
凍結、乾燥により作られる寒天を天然寒天と呼び、「角寒天」「細寒天粉」がそれに当てはまります。一方、 機械によって作られる工業寒天が「粉末寒天」となり、寒天には3種類の寒天があるのです。

角寒天と細寒天に豊富なアガロペクチン

天然寒天には、 コレステロールを低下させてくれる「アガロペクチン」という成分が含まれています。このアガロペクチンは寒天にだけ含まれる天然由来の健康成分です!
日常的に食べることによりコレステロール低下作用が期待される優れた成分と言えるでしょう。また、豊富な食物繊維は水溶性の食物繊維で 「アガロース」という主成分が多く含まれており、その健康成分が大きく注目されています。

粉末寒天

粉寒天は寒天を粉末状に加工したものです 。
粉末寒天は、季節や気候に左右されないため品質も安定し、一年を通じて機械で生産されています。しかし粉寒天は製造する際、圧力をかけて水分を抜くと言う工程があり、その時にコレステロール低下作用のあるアガロペクチンが水と一緒に流れ出てしまいます。
これにより、コレステロールを下げる効果は天然寒天に比べ劣ってしまいます。しかし、粉寒天はとても幅広く料理に使えるため食物繊維摂取のためにも、積極的に使いたい食品です。

寒天の魅力的な栄養効果

寒天の魅力的な栄養効果

普段作っているおかずやスープに寒天をチョイ足し、どんな料理にも組み合わせやすく使いやすいことも魅力の一つ。日本人に不足している食物繊維は食材の中でとトップクラス!!食物繊維を多く含む寒天を食生活に摂り入れ健康生活を始めましょう。

食物繊維が豊富100%海藻

寒天の最大の特徴といえば食物繊維が豊富なこと。( 成分中の約8割が食物繊維 )
この食物繊維の含有量はたくさんある食材の中でもトップクラス。現代人に不足していると言われている食物繊維は便のもとになるものです。
食物繊維を摂り入れるということは、体の中からキレイにしてくれる効果が期待できると言えるでしょう。

食物繊維で便秘知らず

寒天の食物繊維をたっぷり摂ると、食べた物が消化器官内を通り、排出されるまでの時間が短縮されます。
「時間が短縮する」ということは、体に有害な物質が「腸の中にとどまる時間も減る」ということですので、腸内のトラブルのリスクも減るのです。さらに、寒天の食物繊維は腸の中で水分を吸収して便を柔らかくしてくれるため、便が移動しやすくなると同時に 、腸の壁を刺激し腸の動きが活発化するため便が出やすくなります。

血糖値の急上昇を抑え生活習慣病予防へ

寒天の食物繊維は食べ物を消化吸収するまでの時間を引き延ばしてくれます。 これにより、食後の血糖値の上昇を抑える働きが期待できます。
血糖値が急激に上昇してしまうと肥満や糖尿病の原因になります。また、その急上昇が続くと、糖分を代謝するために使うインスリンを作り出している膵臓に負担がかかるため、血糖値を調整する機能に障害が出やすくなってしまいます。このような血糖値の上昇が繰り返されると糖尿病の原因になります。

食物繊維でコレステロールを排出!

寒天の食物繊維は大量の水を保持したまま腸の中へ入り、腸の中でも大幅な体積を占めることになります。水を含んでかさばった食物繊維は、糖の吸収を遅くし、コレステロールを吸着して腸での吸収を弱めてくれます。その結果、寒天以外の食物繊維を摂った時よりもさらに余分なコレステロールが体の外へと排出されるのです。
この寒天特有の優れた保水力は「アガロース」という成分の力。生活習慣病の原因となる様々なリスクを取り除いてくれているのです。

強力な保水力が生活習慣病を防ぐ!

寒天に含まれているたった2g〜4gの食物繊維で生活習慣病を予防できるほどの効果があります。これは他の食物繊維の食品にはない、寒天にだけ備わっている独特の性質です。それは「アガロース」という成分の働きです。
3トンの重さがあるゾウを、10倍ほどの濃度で固めた寒天の上に乗せたところ 寒天は崩れませんでした。実験で使用した寒天は50kg。そのうち水分は47.5 kgを占めていたのです。つまり、寒天の食物繊維には大量の水分を保持できる並外れた保水力があるということが実証されたのです。

寒天ダイエット

寒天ダイエット

寒天ダイエットの方法は食事の30分くらい前に食べることだけです。もちろん適度な運動は必要です。寒天の成分はほとんどが食物繊維、寒天を食事の最初に食べることで、糖質の吸収を抑え、コレステロールを排出し、腹持ちをよくする効果があります。そしてダイエットの天敵、便秘の改善につながります。食物繊維は腸内環境を整え、腸内に残る発ガン物質と一緒に排便を促します。ただし摂りすぎには注意が必要!!良い栄養素も一緒に吸収してしまい排出する為、いろいろな食品と組み合わせて摂るようにしましょう。

カロリーゼロで楽に食事制限

生活習慣病の原因に「肥満」が挙げられています。肥満であるということは、内臓に脂肪がたまっています。これが原因となり、高血圧や糖尿病、心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくする原因ということが分かっています。現代のように簡単に好きなものが食べられる時代に「肥満を解消するための食事」として、ただ「食べない!」と言うことは難しくなってきています。寒天はカロリーがほとんどない安全食です。いくら食べても問題がなくカロリーゼロ!味も臭みもなく、低カロリー食品のこんにゃくやワカメと比べて食べ飽きないのも特徴です。腹持ちも良いため、食事制限が必要なダイエットの強い味方になります。

簡単に使える寒天の利用方法

寒天を普段のご飯やおかずに混ぜることで簡単に食べることで魅力です。
例えば、「洗ったお米と一緒に炊く」「スープや味噌汁を作る時に一緒に煮詰める」「ハンバーグのタネに混ぜてジューシーさをアップ」「溶かした寒天を野菜ジュースに混ぜる」という摂り入れ方があります。何か特別に作る必要があるわけでじゃないので手軽さも魅力のポイント。
食物繊維不足は穀類・芋類・豆類の摂取量が減っていることが原因です。寒天を摂る目安は1食で約2g程度(粉寒天の場合、小さじ1杯=2g)、寒天2g中に含まれる食物繊維は1.5g弱です。

寒天まとめ

まとめ

食物繊維が豊富な寒天、いつものおかずに入れるだけで食物繊維不足が解消できることで、なかなか改善しない便秘改善、腸内環境が良くなり免疫力の向上により風邪に負けない体づくり、アレルギーや肌トラブル予防に物繊維を摂取することを心がけてみませんか?

何度もいいますが、食物繊維の役割は腸内環境整え、血糖値上昇の抑制や血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの効果があります。外食する機会が増え、穀類・芋類・豆類を食べずにお肉を食べることが増えたことで食物繊維の摂取不足になっています。好きなものを自由に選べる豊かな時代が、食生活の乱れから病気になることが増え続けています。好きなものだけ食べるのではく、健康に生活するための食事を大切にしてください。

                       

▼広告商品の詳細はバナーをクリック

有機・低農薬野菜&無添加食品 食材宅配サービス    

興味があるかも