ヘルシー野菜「もやし」の魅力

ヘルシー野菜だけじゃなかった|もやしの栄養効果は疲労回復やダイエット効果に期待

もやしは見た目はか弱いイメージですが、栄養を多く含んだヘルシーな野菜です。発芽させることにより、豆単体にはないビタミンCやミネラルを多く含んだもやし、この記事ではもやしの栄養効果について詳しくご紹介します。

執筆者:ASUKA

資 格:食生活アドバイザー2級|フードインストラクター認定|食育指導士

もやしの栄養効果

もやしの栄養効果

ヘルシーな食材のもやしは食物繊維が多く、ダイエットにおすすめの野菜です。そのほかアスパラギン酸が多く、ビタミンCも豊富に含まれています。免疫力アップ、コレステロール値を上げる働きなど多くの栄養効果に期待できます。では詳しく栄養効果をご紹介していきます。

豊富なアスパラギン酸で素早く疲労回復!

もやしには「アスパラギン酸」という滋養作用をもつ成分が豊富に含まれています。この成分は、アスパラにも含まれている栄養素ですが、もやしはアスパラの2倍近く含まれており、野菜の中でもトップクラス。スポーツドリンクにも配合されている成分です。

ミネラルを上手に運んでくれる

アスパラギン酸は、カルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラルを全身にスムーズに運んでくれる働きがあるため、疲労を素早く回復してくれます。

アスパラギン酸には疲れの原因となる「乳酸」をエネルギーに変える作用もあるため、 疲労回復へとつながります。夏バテや疲れが気になる時には積極的に摂りたい野菜といえるでしょう。

肌の代謝を促す

アスパラギン酸には新陳代謝を高める働きもあります。 代謝が良くなることで肌の代謝も良くなり美肌へとつなげます。

豊富なビタミンC

ビタミンCは血管を強くしたり、鉄分の吸収を促す働きがあります。また、コレステロールを下げる働き、がんや動脈硬化を予防する作用もあります。

抗酸化作用で体を守る

ビタミンCには抗酸化作用があります。抗酸化作用は、私たちの体の老化の原因ともなるサビ付きを抑えてくれるため、血管の老化が原因で起こる動脈硬化の予防にもつながります。また、鉄分の吸収を助け、血管を強くしてくれる嬉しい働きもあります。

アンチエイジング効果

肌のハリに必要なコラーゲンを作り出す際に、ビタミンCは欠かせない成分です。ビタミンCをこまめに摂ることで、 美肌が保たれるなどの老化予防となり、アンチエイジング効果が期待できます。

食物繊維で血糖値をコントロール

もやしには食物繊維が豊富です。食物繊維は、糖質の吸収を抑える働きがあります。糖の吸収を抑えるということは、血糖値の上昇を防ぐことにつながり、血糖値のコントロールに効果が期待できるます。

糖尿病を予防する

私たちは食事をすると必ず血糖値が上がりますが、この血糖値の上昇を日々穏やかに保つということは、生活習慣病の一つでもある「糖尿病」にならないための予防と言えるのです。食物繊維をしっかりと摂る習慣をつけましょう。

血糖値の急上昇は肥満に!

血糖値が上昇すると、膵臓で「インスリン」という成分が分泌されます。血液の中にある糖質を脂肪に変えて、体の中に蓄え、血液中の糖質を保とうとする働きがあります。血糖値が急上昇すると、この働きが頻繁に起こるため太りやすい体質になるのです。

大豆タンパク質で肥満予防

もやしは豆類の種で作られています。豆から作られるもやしには、良質なタンパク質が含まれており、他の野菜と比べるとタンパク質を多く含んでいます。

大豆タンパク質で体脂肪をためない

大豆タンパク質には、体脂肪の燃焼を促して、体脂肪が溜まるのを抑える効果があると言われています。
大豆の持つ「大豆サポニン」が 脂質の代謝を改善し、肥満の予防に効果があるなどの嬉しい働きをしてくれます。また、もやしに含まれているビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きもあるのです。

ダイエットにおすすめ野菜

もやしはカロリーも低く、食物繊維が豊富なため便秘の予防になります。カリウムが体内に溜まっている余分な水分や塩分を外に出してくれるため、むくみを解消してくれるなど、ダイエットにもおすすめの野菜です。

大豆イソフラボンで更年期障害を予防

もやしには「大豆イソフラボン」が含まれています。この成分は、女性ホルモンに似た構造を持っており、そのため大豆イソフラボンを摂ることで、女性ホルモンのバランスを保つ効果があるのです。

骨粗鬆症予防

歳を重ねると、女性ホルモンが少しずつ減り、それが元となり「更年期症状」が出ることがあります。
その一つとして、女性ホルモンか減ると骨の強度が減り「骨粗鬆症」になることがあります。高齢になり、転倒した際に骨折などをすると筋力が落ち、健康な生活が出来なくなるきっかけともなります。普段から大豆イソフラボンを積極的に摂る習慣をつくることが重要になります。

もやしの栄養を逃さない調理方法

もやしの栄養を逃さない調理方法

ビタミンCやカリウムなどは過熱に弱く特徴があります。調理の時は湯掻きしすぎに注意、茹でる時は10秒ほど問題ありません。シャキシャキした食感を残す為、火を通しすぎないようにしましょう。栄養が溶け出してもいただけるスープの具材などに使う事をお勧めでします。

美選び方

ひげ根が白く、茶色く変色しているものが古いもやしになります。もやしを選ぶ時は、色が白くて太いもの(かたく締まっている)

保存方法

もやしは袋のまま冷蔵庫に入れておくとどんどんビタミンCが減ります。もやしは買って電子レンジで約20秒、熱湯をかけて冷蔵庫に保存してください。冷蔵チルドで保存した場合、1週間程度みずみずしさとを失うことなく保存できます。冷凍保存の場合、約2週間程度保存が効きます。

まとめ

もやしはミネラルやビタミンを多く含み、ヘルシーが食材で女性に嬉しい食材という事がわかりました。鮮度がすぐに落ちてしまうところは欠点ですが、価格が安く家計に優しい魅力ある野菜です。ぜひもやしを食卓に取り入れ、レシピをクックパッドなどで調べて食卓に並べてみてはどうでしょうか。

興味があるかも