スーパーフードの種類

スーパーフードとは|有名な食材の効果をご紹介

スーパーフードとはどんな食材のことをいうのでしょうか?一般社団法人日本スーパーフード協会によると、「一般的な食品より栄養価が高い食品である」「一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれていること」とされています。
スーパーフードには身体に良い栄養素が多く含まれており、普段の食事に取り入れるライフスタイルをはじめましょう!!

スーパーフードとは?

昔から食べられている食べ物には「これを食べれば元気になる」「食べると長生きする」などと言われてきた食べ物が多くあります。そう言われてきた食べ物を現代科学で調べてみるととても栄養価が高いことがわかりました。

食事療法を研究する医師や専門家が高い栄養価に注目、世界中で「スーパーフード」という言葉が使われはじめました。

一般的にスーパーフードという言葉が広まるきっかけは、“スーパーフード処方箋〜あなたの人生を変える14の食品”という書籍です。その他、女優・スポーツ選手などの有名人が使っていることがテレビ・webを通して拡散され、以前よりも一段と人気の火付け役になったのではないでしょうか?

スーパーフードで栄養バランスを整える

スーパーフードは「健康やアンチエイジングに気を使っている人が取り入れるもの」などと考えるのではなく、日本人全員が取り入れるべきだと思います。なぜなら日本人のほとんどが栄養不足に陥っているからです。厚生労働省の調査によると、「主食・主菜・副菜」を組み合わせた食事をする人が減ってきており、栄養バランスに課題があることがわかっています。その背景には、ファーストフードやコンビニといった、手軽に食べられる食品を手に入れる場所が増えたことが原因とされています。

日本人の栄養不足には他にも原因があります。それは、野菜の栄養不足です。現在野菜に含まれる栄養素は、昭和と比べてだいぶ減ったとされています。
その理由としては、農法が大幅に変わり、化学肥料と害虫を駆除する農薬が多く使われるようになったからです。確かにそういった化学肥料のおかげで、現在安く野菜を買うことができるのはありがたいことです。しかし、野菜の栄養が減ってきていることをきちんと理解して、私たちの栄養不足の対策をしないといけません。そこで便利なのが「スーパーフード」なのです。

一般社団法人日本スーパーフード協会が推奨するスーパーフード

悩んでいるならこのスーパーフードを!!

スーパーフードをいつもの食生活に取り入れれば、野菜が栄養不足だとしてもスーパーフードがそれを補ってくれて、健康的な体を手に入れることができます。
栄養不足状態に陥っている日本人に特にオススメなスーパーフードは「スピルリナ」です。スピルリナは、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な究極のスーパーフードです。よって、スピルリナを取り入れることによって、栄養不足状態を避けることができます。
健康やアンチエイジングに気を使っていない方もぜひ、スピルリナといったスーパーフードをいつもの食生活に取り入れてみて下さい。

スピルリナとは

スピルリナというのは、およそ35億年前に出現したと言われている単細胞の藻です。主に、熱帯地方の湖に生息し、昔から健康食として使われていた食品です。

ポーランドのポズナン大学の研究によると、被験者に3ヶ月間スピルリナを飲んでもらったところ、体内のインターロイキン6が減ったということがわかっています。インターロイキン6というのはたんぱく質の一種で、増えるすぎると体内で炎症が起こりあらゆる病気になります。
このことから、スピルリナは体内の栄養バランスを保ってくれるだけでなく、肥満などによる体内の炎症から身を守ってくれる食品だということがわかります。

スピルリナに含まれる栄養素

スピルリナの栄養素は、大きく分けると3種類に分けられます。まず1つ目がアミノ酸です。スピルリナの約55〜77%がアミノ酸で構成されており、人間の細胞やホルモンの材料として使われます。
 次に2つ目がビタミン類です。スピルリナのビタミンは主に、ビタミンAとビタミンBが多く含まれており、食事で摂取した糖質や脂質を代謝させるためには欠かせない栄養素です。そして最後はミネラルです。スピルリナのミネラルは主に、鉄やカリウム、カルシウムが多く含まれており、ビタミンの働きを助けてくれます。こういったように、スピルリナはあらゆる栄養素を含んでいることから、完全栄養食品と言っても過言ではない食品です。



スピルリナの有効な取入れ方

現在日本では、美容という観点から様々なスーパーフードが注目を浴びています。
その中でも今回は、「スピルリナ」というスーパーフードの栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

肥満かどうかを判定するのにBMIという指標が用いられます。BMIは体重(kg)÷身長(m)2で計算され、BMI25以上で肥満と判定されます。肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があります。皮下脂肪型肥満は脂肪が下半身お尻や太ももの皮膚の下にたまる肥満です。内蔵脂肪型肥満は脂肪がお腹の臓器の周りにたまる肥満です。このうち糖尿病と関係が深いのは内臓脂肪型肥満です。

スピルリナの有効な取り入れ方についてご紹介したいと思います。
スピルリナは藻であるため、鮮度が落ちやすい食品です。できれば生の状態で摂取したいところですが、すぐに腐ってしまい食べることができなくなってしまいます。そのため、タブレットに加工されたサプリメントから摂取することをオススメします。
サプリメントであれば、保存状態が悪くなければ長期間保存することができます。さらに、普段野菜を食べるのが億劫で面倒臭がり屋な人でも、気軽に摂取することができるのでサプリメントで摂取するといいでしょう。以上がスピルリナの有効な取り入れ方でした。

現代の日本人は外食化が進んでおり、バランスの取れた栄養素を摂取できていないのが現状です。しかし、だからといって野菜を多く食べても、野菜自体が栄養不足に陥っているため、栄養を補うことは難しくなっています。そこで役に立つのがスピルリナのサプリメントです。ぜひこれを機に、栄養不足や肥満による体内の炎症に悩んでいる方はスピルリナのサプリメントを摂取してみてください。

アサイー

アサイーとは

世間では、スーパーフードといった食品が認知されるようになってきました。スーパーフードの中でも、抗酸化作用として知られるポリフェノールが豊富な「アサイー」という食品があります。これからアサイーの栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

アサイーは、ブラジルのヤシ科の植物です。アサイーベリーと呼ばれることがありますが、ブルーベリーといったベリー類とは別の品種になります。そして世間では、アサイーの栄養価が非常に高いことから、スーパーフードと呼ばれています。それでは、実際にどのような栄養素が豊富なのかを解説していきますので、見ていきましょう。

まず、アサイーの代表的な栄養素であるポリフェノールについてです。ポリフェノールは緑茶やコーヒーなど種類は様々ですが、アサイーのポリフェノールはブルーベリーと同じアントシアニンであり、アントシアニンの量はなんとブルーベリーの18倍も含まれています。
 イランのテヘラン大学の調査によれば、アントシアニンを摂取することによってコレステロールが下がることがわかっています。動脈硬化の疑いがある方や、血管をキレイにしてアンチエイジングの効果を得たい方には、アサイーはオススメの食品です。

アサイーに豊富な栄養素はアミノ酸

アサイーは、アミノ酸スコアが卵と同じくらい優れています。
アミノ酸スコアというのは、数値が100に近いほど理想であり、タンパク質の栄養価を示す指標のようなものです。アミノ酸は、人間の肌や髪、筋肉などを作る原料となり、体内にためておくことができないので定期的に摂取したい栄養素です。

これから、アサイーの有効な取り入れ方についてご紹介したいと思います。アサイーは酸化しやすい性質があるため、日本に輸入されてくる際には加工された形になっています。例えば、すりつぶして冷凍されたアサイーパルプや、フリーズドライして粉末状にしたアサイーパウダーなどです。
 まずアサイーパルプとして取り入れる際には、スムージーとして使うといいでしょう。
 作り方は、バナナと水と一緒にミキサーをかけるだけです。簡単でとても美味しいスムージーの出来上がりです。つづていアサイーパウダーは、ほとんど味がないので牛乳やヨーグルトなどとかけて食べるといいでしょう。他にも、100%のジュースと混ぜて飲むのもオススメです。
 アサイーを取り入れる際には、熱を加えると大事な栄養素が失われてしまうので注意しましょう。以上が、アサイーの有効な取り入れ方です。

ポリフェノールが豊富な食品はたくさんありますが、アサイーのようなアミノ酸スコアも優れている食品は中々ありません。
ぜひアンチエイジングのためにもアサイーを取り入れてみてください。

マカとは

あなたはマカに対してどのようなイメージをお持ちですか?おそらく、マカというと精力剤というイメージが強いと思います。しかし、マカはスーパーフードと呼ばれていたり、人間の体に様々なメリットをもたらすことがわかっています。そこで今回は、マカの栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

マカというのは、ペルーに生息するアブラナ科の植物で、根っこの部分はハーブとして使われています。およそ2000年前には、アンデス高地で栽培されており、インカ帝国の時代には、身分が高い者の食べ物とされていたり、戦いの勝利のご褒美として食べられていたという研究があります。そんな貴重な食品として食べられていたマカですが、どのような栄養素が含まれているのかをみていきましょう。

マカには、イエローマカ・レッドマカ・ブラックマカの3種類が存在しています。イエローマカは、代謝の働きを助けてくれる酵素や動物性コレステロールの吸収をおさえてくれる、植物ステロールが含まれています。ほかにも、約27種類のアミノ酸やカルシウム・鉄分といったミネラルも豊富です。
次にレッドマカは、アンチエイジングに良いと言われるプロリンやポリフェノールが多く含まれているのが特徴です。最後にブラックマカは、体内の酸化を防いでくれるグレコシノレート、アルギニン、ポリフェノールが豊富です。以上が3種類のマカの栄養素についてでした。

ちなみ、マカを摂取することによって精神的なメリットも得ることができます。ある研究では、被験者に6週間マカを摂取してもらったところ、不安やうつ症状が軽減されて幸福度があがったということがわかっています。マカは、身体的な健康以外にも精神的な健康も促進してくれる優れた食品です。



マカの有効な取り入れ方についてご紹介

マカといえば、ドリンクとして売られているのはご存知だと思いますが、精力剤情報局によると、マカのドリンクは成分量があまりにも少なく、人体に何の影響も及ぼさないとがわかっています。ですので、人体に良い影響をもたらす成分量が入っている、サプリメントから摂取することをオススメします。以上がマカの有効な取り入れ方についてでした。

マカは身体的な健康を促進してくれるというより、精神的な健康を促進してくれるメリットの方が大きいです。
ですので、不安傾向にあったり気分が落ち込みやすい方はぜひ、マカのサプリメントを摂取してみてください。

ターメリック

ターメリックとは

最近は、スーパーフードのトレンドというものが生まれ、多くの人に認知されるようになりました。2018年にも様々なスーパーフードが注目されましたが、その中でもターメリックという食品について栄養素の効果と有効な取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

まずターメリックというのはショウガの仲間であり、ウコンの英語名になります。ウコンは、インドが生産量と輸出量が世界一であり、およそ50種類以上ものウコンが存在していると言われています。それでは、どのような栄養素が含まれているのかを見ていきましょう。

ターメリックの栄養成分として有名なのがクルクミンです。クルクミンという成分は、肝機能を正常に保つ働きをしてくれることから、二日酔い対策のドリンクによく使われています。他にもカレー粉に使われているのが有名ですね。
 クルクミンは肝機能を正常に保つ他にも、素晴らしい効果を得ることがわかっています。
例えば、ある研究では被験者に、18ヶ月クルクミンを摂取してもらったところ、記憶力と注意力が上がったということがわかっています。つまりターメリックは、お年寄りなど認知機能が衰えてくる方には、オススメのスーパーフードということです。

ターメリックの有効な取り入れ方

ターメリックの有効な取り入れ方は大きく分けて2つあります。まず1つ目がクルクミンのサプリメントによる摂取です。
 なぜターメリックではなくクルクミンなのかというと、クルクミンのサプリメントの方が吸収率が高いからです。
吸収効率を高めて手軽に摂取したい方は、サプリメントで摂取してみてください。2つ目の有効な取り入れ方はカレー粉による摂取です。日本では、カレーはメジャーな食べ物であることから、簡単にカレー粉が手に入ります。「サプリメントを飲むのは抵抗がある…」という方は、カレー粉からターメリックを摂取するといいでしょう。
カレー粉から摂取するときのポイント1つあります。それは、油と一緒に混ぜることです。
 ターメリックは、油と混ぜることによって吸収効率があがることがわかっています。ですので、カレーを食べる時は、油と一緒に摂取することを忘れないようにしましょう。以上が、ターメリックの有効な取り入れ方です。

ターメリックは、肝機能と認知機能に効果があるということがわかりました。日頃からお酒をたくさん飲む方や、認知機能が衰えやすいお年寄りの方などは、ぜひターメリックを取り入れるようにしてみてください。

ブロッコリースーパースプラウトとは

あなたはブロッコリースーパースプラウトをご存知ですか?ブロッコリースーパースプラウトは、つい最近発見されたスーパーフードで、海外のセレブたちが注目をしています。そこで今回は、ブロッコリースーパースプラウトの栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。ぜひご覧ください。

ブロッコリースーパースプラウトは、ジョンズホプキンス大学のポール・タラレー博士が開発した野菜です。ブロッコリースーパースプラウトには、ブロッコリーにわずかに含まれるファイトケミカル「スルフォラファン」が多く含まれています。それではこれから、ブロッコリースーパースプラウトの栄養成分と効果について解説していきたいと思います。

ブロッコリースーパースプラウトに多く含まれている栄養成分は、もちろんスルフォラファンもそうですが、他にはマグネシウムやリンなどのミネラルやビタミンB群、そして葉酸が代表的です。



スルフォラファンは、およそ200種類以上のファイトケミカルの中でもトップを争う強い抗酸化力を持っており、アンチエイジングの効果をもたらすことがわかっています。例えば、シミやシワなどの原因になる活性酸素を除去してくれたり、肝機能を強化しデトックスをしてくれます。次に、ブロッコリースーパースプラウトに含まれるマグネシウムには、脳の興奮を抑えてくれる効果があります。ですので、気持ちが落ち着かず中々寝付けないという方におすすめです。そしてビタミンB群は、糖質や脂質、タンパク質などの栄養素を代謝する働きをしてくれるので、筋肉や髪の成長や美肌に効果的です。最後に葉酸は、脳の認知機能を高めてくれる働きをするので、脳の衰えが気になる方にはおすすめです。以上が、ブロッコリースーパースプラウトの栄養成分と効果についてでした。

つづいて有効な取り入れ方についてです。ブロッコリースーパースプラウトの栄養成分をなるべく壊さずに摂取したいのであれば、生で食べるのが1番でしょう。例えば、いつものサラダに追加して入れてみたり、納豆と一緒に食べるのがおすすめです。ちなみに、加熱しすぎると栄養成分が壊れてしまうものもあるので、あまり加熱しないように注意しましょう。以上が、ブロッコリースーパースプラウトの有効な取り入れ方についてでした。

ブロッコリースーパースプラウトは、アンチエイジング効果や睡眠導入効果、代謝昨日の向上や脳機能の改善に効果があることがわかりました。それぞれの効果を得たいと思っている方はぜひ、普段の食生活にブロッコリースーパースプラウトを取り入れてみてください。

チアシードサラダ

チアシードとは

あなたはスーパーフードというと何を思い出しますか?おそらくほとんどの方が、チアシードと答えると思います。日本では、健康志向の考えが広まり、チアシードがブームになったことがありました。そこで今回は、チアシードの栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。ぜひご覧ください。

チアシードは、シソ科の植物であるチアの種子のことであり、メキシコが原産です。チアシードは黒ごまのような姿をしており、古代マヤ時代、アステカ時代から重宝されてきた食物です。

チアシードには主に、食物繊維やαリノレン酸、セレンといった栄養成分が豊富です。ちなみに、チアシードの食物繊維にはめずらしく、水溶性と不溶性の両方が含まれています。さらに、αリノレン酸は体内でつくることができないので、チアシードを取り入れることによって不足を補ってくれます。

それでは、チアシードにはどのような効果があるのかを解説していきます。チアシードに含まれる食物繊維は、便秘解消の効果があります。チアシードには、便を柔らかくしてくれる水溶性食物繊維と腸の働きを活発にしてくれる不溶性食物繊維が豊富なので、便秘を解消したい人にはぜひ取り入れてほしい食品です。次に、チアシードのαリノレン酸には、コレステロールの改善と血管のアンチエイジングの効果があります。例えば、現代人には多い悪玉コレステロールを減らしてくれたり、動脈硬化の原因になる血栓を予防してくれます。そして最後に、チアシードのセレンには、アンチエイジングの効果があります。セレンは、老化の原因になる活性酸素を除去してくれたり、体内の酸化ストレスによるダメージを軽減してくれます。ストレスが多い生活を送っている方には、おすすめの食品です。以上が、チアシードの効果でした。

それでは次に、チアシードの有効な取り入れ方について解説していきます。チアシードを取り入れる際に注意してほしいのが、必ず水分を含ませてから摂取するということです。チアシードは、水分を吸収してゼリー状になるため、水分を含ませずに体内に入れてしまうと、気管や胃に負担をかけてしまいます。ですので、チアシードに水分を含ませてから、ヨーグルトにかけたりスムージーに入れて摂取するといいでしょう。

チアシードは、便秘の解消やコレステロールの改善、アンチエイジングに効果があることがわかりました。日ごろからストレスを溜めやすく、高脂肪な食事をしがちな方はぜひ、食生活にチアシードを取り入れてみてください。

ココナッツ

ココナッツとは

あなたはココナッツをご存知ですか?おそらく、ココナッツオイルやココナッツウォーターなどといった違う呼び名で聞いたことがあると思います。海外セレブも食べていると話題のココナッツについて、栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきます。ぜひご覧ください。

ココナッツというのは、ヤシ科の植物ココヤシの実の部分で、おそらくヤシの実と言えばわかると思います。ちなみにココナッツは、実の部位によって加工が異なってきます。例えば、ココナッツウォーターは、未完熟のココナッツの実の中にある液体。ココナッツミルクは、完熟したココナッツの実の中にある液体。そして、ココナッツオイルは、ココナッツミルクの水分と油分を分離させてできたオイルです。それぞれの加工された状態によって、栄養成分と効果は全く異なってきます。

まず、ココナッツウォーターは、ミネラルが非常に豊富です。ミネラルの中でも特にカリウムが多く含まれているので、むくみを解消してくれたり、体内の毒素を排出してくれる効果があります。次にココナッツミルクは、中鎖脂肪酸が豊富ながらカロリーが低いというダイエットには効果的な食品。日本人は、牛乳の乳糖が体に合わない人が多いので、ココナッツミルクに置き換えるのがおすすめです。そして最後に、ココナッツオイルです。ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸のほかにラウリン酸という成分が豊富です。ラウリン酸は、免疫力を高めてくれる効果があるので、体調を崩しやすい人にはおすすめです。普段、サラダ油やキャノーラ油といった植物油を使っている方は、ココナッツオイルに変えてみるといいかもしれません。以上が、ココナッツの栄養成分と効果についてでした。

それでは今から、ココナッツの有効な取り入れ方について解説していきます。ココナッツには主に、ココナッツウォーター・ココナッツミルク・ココナッツオイルの3種類あることがわかりました。ですので、それぞれが持つ効果と取り入れやすさを基準に選ぶといいでしょう。ちなみに、購入できる場所は、Amazonなどのネット通販から成城石井といったスーパーなど、色んなところで販売しているので、比較的手に入りやすい食品です。

ココナッツは、むくみ解消やデトックス効果、免疫力向上の効果があることがわかりました。アンチエイジング効果を得たい方や、体調を崩しがちな方はぜひ、ココナッツを取り入れてみてください。

クコの実

クコの実とは

あなたはクコの実(ゴジベリー)をご存知ですか?クコの実はスーパーフードの1つで、海外のセレブが美容と健康のために、食生活に取り入れていると、世界でも注目されています。そこで今回は、クコの実の栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきます。ぜひご覧ください。

クコの実は、ナス科クコ属の植物のことを指しており、東アジアが原産です。日本では、江戸時代には普及しており、徳川家康が食べていたとされています。

クコの実に含まれる栄養成分はとても多く、おもに10種類挙げられます。例えば、カルシウム ・カリウム ・タンパク質・ビタミンA・ビタミンB類・ビタミンC・ビタミンE・鉄 ・亜鉛 ・セレンなどです。ほかにも、ポリフェノールや必須アミノ酸、必須脂肪酸なども含まれており、非常に栄養価が高いスーパーフードです。

それでは、クコの実にはどのようか効果をもたらしてくれるのかを解説していきます。クコの実が体にもたらす効果は、おもに2つあげられます。まず1つ目が、美肌効果です。クコの実には、肌荒れの原因になる酸化ストレスを除去してくれるポリフェノールが豊富です。日常のストレスが多い人は酸化ストレスが多く、肌荒れをしやすいので、クコの実に含まれるポリフェノールが効果的になってきます。



次に2つ目は、目への健康です。クコの実に含まれるビタミンAには、目の疲労回復や視力を回復させる効果があります。例えば、ビタミンA欠乏症になりやすいバングラデシュ人を対象とした研究では、ビタミンAを多く摂取してもらったところ視力の改善が見られたということがわかっております。このことから、クコの実は目を健康に保ちたい方にはおすすめです。以上が、クコの実の効果についてでした。

それでは、これからクコの実の有効な取り入れ方について解説していきます。クコの実は生のまま食べることができるのですが、保存が難しいので、日本ではおもにドライフルーツとして売られています。ですので、ドライフルーツをそのまま食べてもいいですし、グラノーラに混ぜて牛乳をかけて食べれば非常に美味しく食べやすくなります。

クコの実は非常に栄養価が高く優れた食品ですが、食生活に取り入れる際は注意点があります。それは、カロリー過多になりやすくなることです。クコの実はドライフルーツに加工されているので、糖分が非常に高い状態です。たくさん食べると肥満や糖尿病の原因になります。ですので、1日大さじ一杯を目安にしましょう。

クコの実には、美肌や目の健康に優れたスーパーフードだということがわかりました。普段からストレスが多く肌荒れしやすい方や、職業柄パソコンを使うことが多く目が疲れやすい方はぜひ、クコの実を食生活に取り入れてみてください。

カムカムの実とは

あなたはカムカムをご存知ですか?カムカムはスーパーフードの1つで、健康食品として利用されているほか、ジュースやお菓子などにも利用されています。今回は、そのカムカムの栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきます。ぜひご覧ください。

カムカムは、ペルーのアマゾン川流域原産で、さくらんぼのような赤紫色をしています。カムカムという名前は、カムカムが川に落ちて、魚が食べ終わったあと吐き出す時に聞こえる「カカカ」という音から「カムカム」と呼ばれるようになったのが由来です。それではこれから、カムカムの栄養成分と効果について解説していきます。

カムカムは現在、地球上に存在する植物の中で最もビタミンCが多く含まれているとされています。その量は、アセロラの約2倍、レモンの約30倍です。他にもカムカムには、ポリフェノールが赤ワインの約3.5倍含まれています。このようなことから、カムカムの代表的な栄養成分は、ビタミンCとポリフェノールと言えるでしょう。つづいて、カムカムの効果についてご紹介します。カムカムのビタミンCには、美肌効果はもちろん風邪の治りを早くさせることがわかっています。ほかに、人を対象とした研究ではメンタルの改善が確認できています。次にカムカムのポリフェノールは、高血圧のマウスを用いた研究で、血圧が抑制されたことがわかりました。以上が、カムカムの栄養成分と効果についてでした。

つづいて、カムカムの有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。カムカムの果実は、ペルー政府が輸出を禁止しているので、日本で手に入るのは果汁と粉末に加工された状態になります。ですので、カムカムの栄養を取り入れるには、ドリンクが1番効率的でしょう。ちなみにカムカムのドリンクは、ネット通販で簡単に手に入れることができます。あと、カムカムのドリンクを飲む時の注意点として、熱を必ず加えないことです。ビタミンCは熱に弱いので、熱を加えるとビタミンCによる効果を得られなくなってしまいます。保管するときも、冷蔵庫に入れて冷やしておくのがいいでしょう。以上が、カムカムの有効な取り入れ方についてでした。

カムカムは、美肌効果や風邪の治りが早くなるほか、血圧を改善してくれる効果があることがわかりました。ですので、肌荒れしやすい方や体調を崩しやすい方、そして高血圧の方はぜひ、食生活にカムカムのドリンクを取り入れてみてください。

カカオ

カカオとは

あなたはカカオをご存知ですか?カカオはチョコレートの原料として使われる食品で、コンビニやスーパーで売られているチョコレートには、「カカオ◯◯%」という文字を多く見かけることがあると思います。そこで今回は、スーパーフードの1つであるカカオの栄養成分や効果、有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。ぜひご覧ください。

カカオは、アオイ科カカオ属の木にできる実のことを指しており、中央アフリカから南アメリカの熱帯地域を原産としています。日本では、沖縄県や小笠原諸島で栽培されており、5月以降に開花することがほとんどです。

カカオの栄養成分は、なんといってもポリフェノールが有名でしょう。もちろん、他にもビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、食物繊維などといった栄養価も豊富なのですが、もっとも健康や美容に恩恵を得られるのがポリフェノールです。

それでは、カカオに含まれるポリフェノールが、どのような効果をもたらすのかを解説していきたいと思います。カカオのポリフェノールの効果はおもに3つ挙げられます。まず1つ目が、血管のアンチエイジングです。カカオのポリフェノールは、血圧を下げて正常値に戻すことや血管の炎症を抑えるといった効果をもたしてくれます。このようなことから、高血圧が原因の動脈硬化になるのを防いでくれることがわかります。

次に2つ目が、コレステロールの改善です。カカオのポリフェノールを摂取することによって、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールとのバランスを正常にしてくれることがわかっています。肥満体型の方は、コレステロールのバランスが悪い傾向があるので、カカオを取り入れてみるといいでしょう。そして、最後は脳の健康です。脳には、BDNFという脳の働きには欠かせない脳細胞があるのですが、そのBDNFがカカオのポリフェノールによって増えたという研究があります。このことから、うつ病やアルツハイマーの予防に効果的なのがわかります。以上が、カカオの効果についてでした。

それでは、これからカカオの有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。カカオを取り入れるには、チョコレートから摂ると簡単なのですが、砂糖が多く含まれているのであまりおすすめできません。ですので、加糖されていないココアパウダーからカカオのポリフェノールを摂取することをおすすめします。このココアパウダーを牛乳に混ぜて飲めば、簡単に摂取することができるので、この方法が有効な取り入れ方です。

カカオに含まれるポリフェノールは、血管のアンチエイジングやコレステロールの改善、脳の健康に効果があることがわかりました。肥満体型の方や脳の働きが弱まってきたお年寄りの方などはぜひ、食生活にカカオを取り入れてみてください。

麻の実とは

あなたは麻の実(ヘンプシード)をご存知ですか?麻の実は麻の種子のことを言い、栄養バランスが非常にいいことから、日本スーパーフード協会が推奨しているスーパーフードの1つです。そこで今回は、麻の実の栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。ぜひご覧ください。

麻の実は、アサ科アサ属の種子で別名ヘンプシードと呼ばれています。見た目は5mmほどの灰白色の球状で、硬い殻に覆われています。麻の実の産地は、以前は麻薬成分をほとんど含まない種類の栽培をしていたのですが、現在では完全に禁止されています。ですので、いま日本にある麻の実は、中国やチリなどといった海外からの輸入品になります。それではこれから、麻の実の栄養成分と効果について解説していきます。

麻の実に多く含まれる栄養成分は、おもに3つあります。まず1つ目はアミノ酸です。麻の実に含まれるアミノ酸は、全9種類の必須アミノが含まれています。このことから、髪や肌、筋肉といった体作りにとても優れた食品です。

次に2つ目がミネラルです。麻の実に含まれるミネラルはおもに、鉄・銅・亜鉛・マグネシウムです。これらは、炭水化物や脂質、タンパク質といった栄養素の代謝を助ける働きをするので、生命維持には欠かせない栄養成分なのです。しかし、体内でつくることができないので、麻の実などの食べ物から摂取する必要があります。



次に3つ目がαリノレン酸とγリノレン酸です。αリノレン酸とγリノレン酸は、血糖値やコレステロール値,血圧を下げてくれる働きをしてくれるので、高糖質高脂質の食事をしがちな人におすすめです。αリノレン酸とγリノレン酸も、体内でつくることができないので、麻の実などの食べ物から摂取する必要があります。以上が、麻の実の栄養成分と効果についてでした。

つづいて、麻の実の有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。麻の実の有効な取り入れ方は、麻の実ナッツはいいでしょう。麻の実ナッツは、生のまま食べることができるので、栄養素をダイレクトに摂取することができます。食べ方としては、サラダや和え物にかけて食べるといいでしょう。あと、栄養が豊富だからといって食べすぎないように気をつけてください。食べすぎるとお腹が緩くなる可能性があるので、1日30gを目安にしましょう。以上が、麻の実の有効な取り入れ方についてでした。

麻の実は、体作りや3大栄養素の代謝、血圧・血糖値・コレステロールを下げる効果があることがわかりました。それぞれの効果を得たいと思っている方はぜひ、麻の実を普段の食生活に取り入れてみてください。

興味があるかも