女性に嬉しい大豆イソフラボン|健康と美容に期待できる効果とは

豆乳とイソフラボン

イソフラボンは大豆に含まれている成分。女性ホルモンの一種であるエストロゲン※1と働きが類似しています。加齢に伴いエストロゲンの分泌量が減少し、体と心の不快な症状がみられるようになります。イソフラボンは女性の様々な病気改善や美容効果に期待できることについてご紹介していきます。

イソフラボンとは

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをすることがわかり注目を集めた成分です。イソフラボンは活性酸素を除去し、健康面や美容面をサポートしてくれることに期待できます。

イソフラボンの健康効果とは

イソフラボンの健康効果には生活習慣病の予防改善(ダイエット効果)、月経前症候群の予防改善、更年期障害の予防改善などがあります。では詳しくご説明します。

  • 生活習慣病の予防改善

    イソフラボンは、腸内の脂肪や悪玉コレステロール新陳代謝を活発にさせる働きがあり、痩せやすい体質に導きます。血管を柔らかくしなやかに保ち、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の対策にも効果的です。

  • 月経前症候群の予防改善

    生理前になるとイライラしたり急に悲しくなったり情緒不安定になることや、肌荒れ、食欲増進、頭痛等の症状が起こります。しかし、このイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンのバランスを整えたり、働きを助ける効果があるため、女性ホルモンが乱れやすい生理前に摂取することで、この症状が軽減されやすくなります。

  • 更年期障害の予防改善

    更年期になると、自然と女性ホルモンが減少します。 特に、閉経後になると急激に女性ホルモンが減少するため、体や心のバランスが崩れ、下記のような症状が現れやすくなります。

身体的症状「めまい、頭痛、疲労感」、精神的症状「無気力、不安感、イライラ」などの症状を助けてくれるのがイソフラボンです。
このイソフラボンは減少した女性ホルモンの代わりに、ホルモンバランスを改善し、症状の予防や改善に効果が期待されています。特に現代の日本人は、近年食の欧米化等の影響によってイソフラボンの摂取量が減り、症状が悪化する方も非常に増えてきているため、イソフラボンを摂取することをおすすめします。

イソフラボンの美容効果とは

美容効果にはコラーゲンを増やし肌の潤いを守る、髪にツヤとハリをもたらすなどの効果に期待できます。

  • エストロゲン

    女性ホルモン(エストロゲン)には、肌の潤いを保つヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す働きがあります。
    イソフラボンも、女性ホルモンと同じような働きをするので、コラーゲンやヒアルロン酸が増え、肌に潤いが生まれます。生理前になると肌荒れしやすくなるのは、この女性ホルモンの乱れによるものが多いですが、このイソフラボンを摂取することで美肌を維持する効果があるのです。

  • 抗酸化作用

    また、イソフラボンには抗酸化作用もあります。外部刺激により生まれる活性酸素を除去し老化を防いだり進行を遅らせる効果が期待されています。
    活性酸素は、コラーゲンを分解し、たるみやシワを作る原因になります。イソフラボンの摂取によって活性酸素を除去することで、美肌の維持に役立てましょう。

  • 摂取する時の注意点

    イソフラボンは、健康と美容に良い成分なので、たくさん摂りたくなりますが、摂取摂取は、身体を壊す原因にもなりますので注意が必要です。1日3食の中で、バランスよく摂取しましょう。 少しずつ摂取することで、無駄なく体に吸収させることができると言われています。イソフラボンの1日の摂取目安量は、「70〜75mg」が良いという結果が報告されています。

  • 食材からの目安摂取量について

    豆腐は1丁、納豆は2パック、豆乳は200mlと無理をすることなく摂取できる量です。1日150mg以上のイソフラボンの摂取し続けていると、下記のような副作用を起こす可能性があります。

まとめ

このように、イソフラボンは、直接的に美容を維持しているのではなく、女性のホルモンバランスを維持することで、その結果体の健康や美容を保っているのです。そのため、特に女性ホルモンが減少する更年期には、女性の体を維持する上で欠かせない成分となります。但し、イソフラボンの過剰摂取は、月経周期のバランスを崩し、健康を損ねることもありますので、取り過ぎには十分注意しながら、摂取するようにしましょう。

興味があるかも