糖質制限デザート

糖質と糖尿の関係|糖尿病は糖質制限生活で改善できるのか?

食事から摂取する栄養素には3大栄養素と言われる炭水化物・タンパク質・脂質があります。その中でも糖尿病に大きな影響を及ぼすが、炭水化物(ごはん、パン、麺類、イモ類、糖類)です。ここでは炭水化物と糖尿の関わりをご説明していきます。

執筆者:TOMOHIRO

資 格:管理栄養士

血糖値の上がるメカニズム

食事から炭水化物を摂取すると消化酵素の働きのより分解されます。ブドウ糖(グルコース)という形で小腸から吸収され、血液中にブドウ糖がはいり血糖値が上がります。血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌されが血糖を下げます。それによりブドウ糖は全身に運ばれ脳や筋肉などでエネルギーとして使われ、血糖値は一定の値に保たれています。

糖尿病の場合、インスリンの分泌不足やインスリン抵抗性といいインスリンの効きが悪くなり、慢性的に血糖値が高い状態が続きます。高血糖な状態が続くと、高血糖自体がインスリンの分泌障害やインスリン抵抗性を悪化させる為、さらに血糖値が上がるという悪循環が起き、糖尿病が悪化するのです。一方でタンパク質や脂肪を摂取してもほとんど血糖値には影響がないため、糖質制限してその分タンパク質、脂質からエネルギーを摂取しようとするのが糖質制限食です。

糖質制限食は糖尿病に効果あり?危険はないの?

糖質制限食では糖質を制限するため、糖質だけではエネルギーが足らず、中性脂肪を分解して得られるケトン体と脂肪酸をエネルギー源とし体脂肪を減らします。糖質を制限することで食事全体の摂取エネルギーが減るのも体重減少の要因です。肥満の有した糖尿病患者の場合、減量をすることでインスリン抵抗性を改善し、血糖コントロールも良くなります。また糖質制限食では、食後の血糖値やインスリン値がほとんど上昇しないため、糖尿病の予防、治療に関しては有効と言えるでしょう。

糖質制限をするリスク

極端な糖質制限食を続けるとさまざまなリスクがあると言われています。体重の減りすぎ、痩せすぎてしまうことが問題です。日本人の65歳以上の高齢者では、痩せれば痩せるほど死亡率が高くなります。減量して糖病病が改善しても、痩せすぎて早死にしてしまうなら意味がありません。また糖質制限食を行っている人では、動物性のタンパク質、脂質を多く摂る傾向があります。これにより脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険が高くなると言われています。糖質制限しているからと言って、他は好きなものを好きなだけ食べても良いというわけではないのです。

                       

▼広告商品の詳細はバナーをクリック

有機・低農薬野菜&無添加食品 食材宅配サービス    

興味があるかも