甘いデザート

糖尿病の人は間食はNG?甘い物を食べたらダメなの!?

あなたは間食をしていますか?糖尿病なので間食はしない方がいいんだよね・・・と思いながらも、つい間食しまう人も多いのではないでしょうか?そこで今回は糖尿病と間食の仕方について考えてみようと思います。

執筆者:TOMOHIRO

資 格:管理栄養士

糖尿病の方は間食はNG

食事をすると血糖値は上がりますが、次の食事まで間隔(理想は5〜6時間)があくと血糖値は空腹時の血糖値まで下がります。そして血糖値がきちんと下がってからまた次の食事をします。1日3食(朝・昼・夕)なら食事をして血糖値が上がる→血糖値が下がる頃に次の食事という風に1日3回繰り返します。これが血糖コントロールが良くなる理想的な食べ方です。ところが間食をしてしまうと、食後血糖値がきちんと下がらないまだ血糖値が高い状態で間食をしてしまい、血糖値が高い状態からさらに血糖値が上がります。間食後やはり血糖値が下がらない血糖値が高い状態で次の食事をすることになるため、食後の血糖値がどんどん押し上げられてしまいます。結果、血糖コントロールが悪くなります。次の食事までに血糖値が下がっているのが良い食べ方なので、糖尿病の場合は間食はしないのが良いのです。

間食のタイミング

間食をしないならしないに越したことはないのですが、間食をずっと食べずに我慢し続けるのには無理があるかと思います。もし間食をするのであれば、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。間食をする時の注意点を考えていきたいと思います。

食べるタイミングですが、絶対にダメなのは夕食後寝る前です。血糖値が高いまま寝てしまうと、就寝中や翌朝の血糖値に影響が出ます。就寝中は消費エネルギーも少ないため、余ったエネルギーは体脂肪として蓄えられ、肥満の原因となります。

間食するなら、午前中か昼間が良いでしょう。できるのであれば、運動をする前に食べるのが一番良いと思います。運動することで、食後高血糖を改善してくれます。食事の後のデザートとして少量食べる方法も良いと思います。仕事などで食事の間隔が空き過ぎてしまう場合は、空腹すぎて次の食事でドカ食いしてしまうのを防ぐ意味で、間に間食を入れると良いでしょう。

おすすめの間食食品

次にどんなものを選ぶのかですが、間食=甘いものではなく、あくまでも食事で足らなかった栄養素を補うつもりで選びましょう。糖分が多い甘い菓子類は血糖値を上げやすいので注意が必要です。
タンパク質を含んだ間食の方が血糖値を上げにくくおすすめです。

例えばこんな食品

  • 醤油せんべいm → 黒豆せんべいやチーズおかき

  • ショートケーキ → チーズケーキ

  • ミネラル豊富なナッツ、ビタミンが豊富な果物、カルシュウムが豊富なヨーグルトなどもおすすめ。

ただし食べすぎは禁物です。80〜120kcal以内を目安にしましょう。

糖尿病の治療という意味では、間食はしない方が良いと思います。間食なしでもストレスなく続けられるのであれば、それが一番良いでしょう。しかし、これから先も長く続く糖尿病の治療、ずっと間食を我慢し続けるのは難しい人の方が多いのではないかと思います。間食のコツを掴んで、上手に糖尿病と付き合っていきましょう。

興味があるかも