砂糖

糖尿病ってどんな病気なの?本当の怖さは合併症!!

糖尿病あるいはその予備軍は推定2000万人以上とも言われており、今や国民病の1つです。そもそも糖尿病とはどういった病気なのでしょうか?

執筆者:TOMOHIRO

資 格:管理栄養士

糖尿病とは?

私達は食事をすると、血糖値が上がります。健康な人であれば、血糖値が上がるとすい臓からインスリンというホルモンが分泌され、時間とともに血糖値は正常な値に戻ります。ところが糖尿病の人の場合はインスリンの分泌が少なくなったり、その働きが鈍くなることにより、高血糖な状態が慢性的に続きます。これが糖尿病です。

糖尿病は初期では自覚症状が出にくいため、検査をしないと気づかないことが多いです。高血糖なだけでは日常生活に特に支障もないため、糖尿病だと気づいたとしていても「自分は大丈夫だろう」とそのまま治療をしない人、または途中で治療を辞めてしまう人もいます。このように糖尿病を放置していると気づかないうちに病状は進行し、合併症を引き起こします。この合併症こそが糖尿病の恐ろしさなのです。

本当に怖い合併症!?その症状と予防法は?

糖尿病の合併症としてよく知られているのは「3大合併症」と呼ばれる、網膜症・腎症、神経障害です。これらは慢性的に高血糖が続くことにより体の細い血管が障害されて起こります。網膜症では目がみえにくい、目がかすむなどの視力障害が起こることから始まり、最悪の場合では失明に至ります。腎症では、血液をろ過して体に不要な老廃物を尿として排泄という腎臓の大切な機能が果たされなくなるため、タンパク質や食塩などの厳しい食事制限を伴います。さらに症状が進行すると人工透析が必要となります。人工透析には定期的な通院が必要であり、今まで通りの日常生活に支障をきたすため、心理的にも身体的にも大きな負担となります。

神経障害では手足がしびれや痛み、感覚が鈍くなることもあります。感覚が鈍ると特に足などは普段からよく観察していないと火傷や小さな傷などに気づかず、そこから感染が起こり細胞が死ぬ壊疽が起こり、最悪の場合、足を切断しなければならないこともあるのです。このように「3大合併症」は生活の質を著しく低下させてしまいます。高血糖が続くことによって体の太い血管の動脈硬化を進行させるとも言われています。脳の血管の動脈硬化が進行すれば脳梗塞、心臓の血管の動脈硬化が進行すれば狭心症や心筋梗塞の原因となります。これらの病気は直接死に関わる病気です。

以上のことより糖尿病は放置するとさまざまな合併症を引き起こし、生活の質を低下させるだけでなく、最悪の場合死に至ることもあることもある怖い病気です。しかしながら、早い段階から食事や運動などの生活習慣を見直し改善することにより、合併症を防ぎ、健康な人と変わらない生活を送ることができます。必要なのは、自分の病気を正しく理解し、早期に治療を始めることではないでしょうか。

                       

▼広告商品の詳細はバナーをクリック

有機・低農薬野菜&無添加食品 食材宅配サービス    

興味があるかも