二日酔いの原因と症状を抑える食べ物や飲み物などの対策をご紹介

二日酔いでも大丈夫

大学の歓送迎会や会社の飲み会で飲み過ぎて、次の日吐き気や頭痛で気持ち悪い…。このようについ飲み過ぎて二日酔いになってしまったという方は少なくありません。今回はひどい二日酔いのときに症状を抑える食事と、二日酔いを予防する食事法を学んでいきましょう。

執筆者:佐久間 翔也

資 格:食管理栄養士|製菓衛生師|食育インストラクター

二日酔いの原因

アルコールは体の中に入ると肝臓で分解・代謝されます。肝臓のさまざまな酵素によりアセトアルデヒドに分解され、そこからさらにアセテートに分解されます。肝臓の処理能力を超える量のアルコールを摂取するとアセトアルデヒドからアセテートへの分解ができなくなり、血中にアセトアルデヒドの濃度が多くなってしまいます。アセトアルデヒドはタバコの副流煙にも含まれる有害物質で吐き気、頭痛、さらに胃に炎症や過剰な刺激が加わり胃痛や胃もたれ、胸やけなどの症状が起こります。アルコールを分解する際に多量の汗や尿が出るため、体の水分が少なくなり脱水症状が現れることもあります。
全身の血中を流れるアセトアルデヒドは、脳の毛細血管にも流れています。お酒に酔った状態は、脳の毛細血管のアセトアルデヒドが脳神経を麻痺させるために起こる現象です。多量にアセトアルデヒドが流れ込んでしまうと過剰に脳神経を麻痺させてしまい、吐き気や嘔吐、歩行困難、酩酊などが見られ、場合によっては昏睡や失神、体温の低下、さらに呼吸が抑制され呼吸停止となってしまい死に至ることもあります。これを急性アルコール中毒といいます。

注意したい飲み方

  • いっき飲み:短時間で大量のアルコールを摂取すると一気に肝臓のアルコール処理能力を超えてしまい、二日酔いや急性アルコール中毒を引き起こしやすくなります。
  • お酒以外飲まない:お酒は汗や尿の排水を促すため、脱水作用があります。ほかの水分を摂らずにアルコールばかり飲むと体内の水分量が少なくなることで酔いやすくなるだけでなく、深刻な二日酔いをもたらします。
  • ご飯やおつまみを食べない:アルコールは刺激が強く、胃腸を荒らします。ご飯やおつまみなどと一緒に摂るとアルコールが薄まり胃腸への負担を抑えてくれます。

二日酔いの症状を抑える食べ物・飲み物は?

二日酔いになる人がこれだけたくさんいても、実は二日酔いに関しては、まだ科学的に良く解明されていない部分も多いです。そのため、二日酔いに効く○○○というのも決定的なものではなく、効き目にも個人差が。何度も経験したいものではありませんが、自分のおちいりやすい二日酔いのパターンを見極めて、数ある飲み物や食べ物の中から、これが効く!というものを早く見つけたいものですね。
一般的に、二日酔いを緩和できると言われている飲み物を5つご紹介します。

脱水症状を改善する場合

アルコールには利尿作用があります。お茶や水などのアルコールの入っていない水分を摂らずにアルコールだけを飲み続けると、体にアルコールが溜まる一方で、水分はどんどん体外に出てしまうので、脱水症状になってしまいます。体の水分が少ないと血液の水分量も少なくなり、血中のアセトアルデヒド濃度が余計に高くなってしまいます。二日酔いを悪化させないために、こまめな水分補給を心掛けましょう。

ポイント

糖分の少ないスポーツドリンク。糖分が多い商品が多い為、体調が悪い時だけ飲むようにしましょう。その他にお味噌汁も効果的。アミノ酸が多く含まれ、温かい汁物は胃腸に負担がなく吸収されます。

肝臓を回復する場合

アルコールの分解・代謝を行う肝臓を食べ物で回復させるためには、オルニチンや良質なタンパク質、ビタミンB群を摂ることが重要です。
タンパク質が分解してできるアミノ酸は、アルコールの代謝を促し、肝機能を回復させる働きがあります。そしてビタミンB群は、食べ物で摂ったタンパク質やご飯などの炭水化物をエネルギーに変える際に必要で、これが不足すると全身疲労や消化不良、倦怠感を引き起こします。

  • オルニチン:シジミに含まれるオルニチンはオススメした食品です。オルニチンはアミノ酸の一種で肝臓でのアルコールの分解を促進する作用があります。シジミの味噌汁はこのオルニチンと水分補給を同時にできるので、お酒を飲む場合は一緒に食べることをおすすめします。
  • 良質なタンパク質:良質なタンパク質とは植物性のタンパク質と低脂肪タンパク質で、大豆製品や鶏肉、魚介類、卵、牛乳・乳製品などです。
  • ビタミンB群:ビタミンB群が多い食べ物は豚肉、カツオ、ニンニク、レバー、うなぎなどあります。

二日酔いの症状がある場合

二日酔いの症状がある時は、血中のアセトアルデヒド濃度が高くなっています。このアセトアルデヒドを分解することが症状の回復に繋がります。
果物に含まれるビタミンCには、アセトアルデヒドの分解を助ける働きがあります。ビタミンCはキウイ、いちご、ミカンなど柑橘系の果物に多く含まれ、特にグレープフルーツはビタミンCだけでなくタンパク質分解酵素を持ち、胃腸の消化を助け胃もたれの症状を緩和してくれます。またビタミンCはお酒を飲む合間に飲むと二日酔いを予防する効果もあります。

食欲がない場合

胃腸が荒れて胃痛や胃もたれを引き起こしている場合、食欲が沸かないこともあります。食べ物から栄養素を摂れればいいのですが、どうしても難しい場合はサプリメントで摂りましょう。サプリメントの手軽に摂れるメリットを活かし、さまざまな栄養素を含むマルチビタミンなど、バランス良く栄養素が含まれたものがおすすめです。

胃痛や胸やけがない場合

「二日酔いにコーヒーがいい」と耳にするようになりましたが、コーヒーに多く含まれるカフェインは利尿効果を促して、アセトアルデヒドなどの有害物質を体外に排出するのを促します。また、血中のアセトアルデヒドは血管を拡張させる作用があります。脳の血管がアルコールにより拡張することで周りの神経を圧迫して頭痛が生じてしまいますが、カフェインは血管収縮効果があり、頭痛を軽減させてくれます。毎日コーヒーを3〜4杯飲む人は飲まない人に比べ、肝機能の指標のひとつであるγ-GTPの数値が低くなり、肝機能が良好であるとの研究結果も出ています。しかし、カフェインは刺激が強く胃に負担がかかることから、胃痛や胸やけなど胃が弱っている場合には控えるようにしましょう。

まとめ

適度なアルコール摂取は発汗や代謝を促進させ、気持ちの高揚感からストレス解消に繋がるなど良い働きをしてくれますが、摂り過ぎるとさまざまな悪影響をもたらします。また、毎日アルコールを摂取する人は肝臓が休まることなく働き続けてしまい、肝機能は悪化してしまいます。そのような人はなるべく週に1日もしくは2日の休肝日を設けて、肝臓を休ませてあげるようにし体に負担の少ない生活を心掛けましょう。


興味があるかも