症状が気になる前に。簡単にできる予防・改善、健康な食事を学ぶ!!

健康な食事

血圧・血糖値・コレステロールの抑制知識!!

最近、血圧・血糖値・コレステロールが高くなる悪化が叫ばれています。この問題は私たち毎日の食の問題が根底にあります。その根底にあるものは「脂質異常」です。 高血圧・高血糖・高コレステロールになると、死の道「メタボリックシンドローム」とい言葉さえ使われるようになりました。食事の方法で脂質異常にならなければ、この問題は解決するでしょう。今回は血圧・血糖値・コレステロールを下げる食べ方についてご紹介

血圧・血糖値・コレステロールの関係

血圧・血糖値・コレステロールの関係は、とても深くつながっていて高血圧・高血糖・高コレステロール(高血中脂質)の共通の要因としてインスリンの働きが悪くなることが挙げられます。血圧が高い、高血圧の状態が続くと血管が阻害されます。血管がもろくなると動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞の症状がでやすいです。

血圧が高くなる要因に血糖値が高くなることが挙げられます。血糖値とは血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことで、血液量100㏄(1dL)の中に含まれているブドウ糖の数値です。健康な人では空腹時約80~100mg/dLで140mg/dLを高血糖といいます。

血糖値が上がる要因は糖質が過剰に摂取されることです。

食事をすると私たちの身体は食べた物の栄養を吸収し、血糖値を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。糖質が多く摂取されるとインスリンは過剰に分泌されます。過剰分泌されたインスリンは、腎臓がナトリウムの再吸収をするときに血圧の上昇を招きます。

血圧の上昇が起こると肝臓では中性脂肪の合成が活発です。そのため、血液の中の糖質は脂質に変わり、血液中にコレステロールと中性脂肪が増大し中性脂肪が内臓に溜まりやすくなります。コレステロール・中性脂肪・内臓脂肪は、私たちの身体に不必要なものではありません。

これらは私たちの身体にとても大切な役割をしています。その中のコレステロールの働きは、私たちの身体にある多くの細胞膜を作る材料や性ホルモン副腎皮質ホルモン、胆汁酸などを作る材料です。また、ビタミン類を代謝する働きもありますが、これも多すぎると身体に支障をきたすことになります。血圧・血糖値・コレステロールの関係はこのように繋がっています。



血圧・血糖値・コレステロールを下げる方法

血圧・血糖値・コレステロールを下げる方法は血糖値の緩やかな上昇と下降です。それには、食生活が大きくかかわってきます。肥料を与えすぎると植物が育たないのと同じ、過剰に栄養を摂りすぎるとさまざまな症状を引き起こします。

コレステロールは身体の中で作られた脂肪を身体のあちこちに運ぶ役目と、その脂肪を回収する働きがあります。脂質を回収するコレステロールをHDLコレステロール(善玉コレステロール)といい、全身に脂質を運ぶコレステロールを、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)と言っています。どちらも身体には必要な成分です。
通常はどちらも一定量に保たれているのですが、このバランスが崩れると動脈硬化を引き起こします。肝臓で合成された中性脂肪がコレステロールと共に送り出され、血管壁に付着して動脈硬化が起こります。

コレステロールのHDLの正常な値は40mg/dL以上で、LDLコレステロールは60~119mg/dL(2018年4月1日)で血液の脂質異常がない値は90~149です。これ以上になると脂質異常になります。また、女性は50歳過ぎ閉経を迎え更年期が訪れると、血圧・血糖値・コレステロールが女性ホルモンの崩れから高くなります。このころになると、女性は女性ホルモンを作らなくなるため、血液中のコレステロールが増加します。コレステロールの総量は男性が50代、女性は60代がピークとなっていて、総コレステロールは130~219md/dLが正常範囲とされています。コレステロールを含めた脂質異常は、20~59歳までは女性の方が圧倒的に少ないです。

しかし、60~70歳以上になると男女とも同じになってきます。血圧・血糖値・コレステロールを上昇させない最も大事なことは、血糖値の乱高下を起こさせないことです。すなわち、インスリンを過剰分泌させないことで、糖質の過剰摂取はその要因となります。
血糖値の急上昇、急下降を繰り返すと血管がもろくなるため血圧が上がります。そして、高血圧、高血糖、高コレステロールが連鎖してトリプルリスクが起こります。これらの要因を減らすことは、日々の生活や食事の方法にあって、食べ方で血圧・血糖値・コレステロールを正常近くに戻すことができます。

さて、これらの脂質を減らす日々の生活は、規則正しい生活と・適度な運動・食事は毎日3食です。人間として昔から当たり前にしてきた生活が、現代では便利になったおかげで果たせなくなってきています。しかし、現代はいろいろな研究や調査によって、食事の仕方で血糖値が下がり、血圧・コレステロールも低下することが分かってきました。

関連記事

 

よく読まれている