インフルエンザと乾燥の関係!部屋の温度と湿度の重要性!

インフルエンザと乾燥の関係

インフルエンザは、感染した患者さんの咳せきやくしゃみによる「飛沫」や「接触」によって感染で拡大していきます。インフルエンザウィルスは、「乾燥した空間」を好むことをごぞんじでしたか?そう。インフルエンザは、「乾燥対策」が非常に重要なのです。そこで、乾燥対策に重要なポイントをいくつかご紹介していきましょう。

インフルエンザの対策法とは

インフルエンザの対策には、主に「乾燥対策」がとても重要です。その方法には、主に4つに対策があります。

  • インフルエンザの乾燥対策とは

  • □ 湿度と気温の調整

  • □ 加湿器及び空気清浄器の必要性

  • □ 肌の乾燥は異常サイン

  • □ 喉の乾燥対策

これらの乾燥対策があなたをインフルエンザから守ります。正しい知識を知ってインフルエンザの予防に努めていきましょう。それでは、一つずつご説明していきましょう。

温度と湿度の適温って何℃?

インフルエンザが生存しやすい環境は、「乾燥した環境」を好みます。そのため、空気が乾燥しやすい冬は、空気中に飛散し、人の身体に入り込みやすいのです。そのため、下記のような気温湿度の場所では生存率が低くなるので覚えておきましょう。

  • インフルエンザウィルスが生存しにくい湿度と温度とは

  • □ 温度:32℃

  • □ 湿度:50%

インフルエンザウィルスは、高温多湿の環境を非常に苦手としています。そのため、現代の家は品質の良い断熱材や暖房設備により、外気との差が少なくなっていますので、湿度に着目しましょう。

ウイルスの生存率も下がる50〜60%を目安に、加湿器を使用して湿度を上げて生活することをおすすめします。

風邪予防・ウイルス対策には、湿度のコントロールが欠かせません! バクテリア・ウイルスなどは湿度40〜60%が苦手な環境といわれています。 また、 湿気があると「鼻」や「のど」などの粘膜にウイルスが吸着しにくくなり、体内に侵入するのを防ぐ効果もアップします。

加湿器はインフルエンザ対策に効果的?

インフルエンザ対策になるからと 加湿器をお使いの方が多くいますが、一点注意するべきことがあるのをご存知でしたか?

  • 加湿器利用の注意点とは

  • □ カビを発生しやすい

実は、カビ菌を発生しやすい加湿器を使用することで、空気中にインフルエンザウィルスが増殖しやすい環境を作ってしまっているのです。インフルエンザウィルスは部屋の中の空気中に舞う細菌の多くは、カビの胞子に付着して増え、それを吸い込むことで人に感染しています。
このカビ菌の発生元になってしまうことが多いのが、インフルエンザ対策に良かれと思って設置している加湿器なのです。

加湿器や空気清浄器内のカビ菌の増殖は、加湿器用の除菌剤を使用することで抑制することができます。これによりインフルエンザウィルスを空気中に飛散することを防ぎ、インフルエンザの空気感染を防止することができます。



肌の乾燥はインフルエンザの注意喚起のサイン?

肌の乾燥はインフルエンザがくることを示しています。その理由には、下記の理由が挙げられます。

  • 肌が乾燥するとインフルエンザがくる理由とは

  • □ 気温が低い

  • □ 空気が乾燥する

肌が荒れ、肌が乾燥してきたということは、空気が乾燥してきている証拠です。空気が乾燥するということはインフルエンザウィルスの動きが活発になるということです。

ウイルスがこういった状況を好んで活発化するからです。空気が乾燥することによって肌やのどなど、人間のからだも乾燥してしまいますので、これこそインフルエンザに格好の餌食ですので、このサインを逃さず、しっかり対策していきましょう。

喉の乾燥はインフルエンザの可能性あり!すぐに病院へ

喉が痛い等の症状が出た時には、細菌の感染による肺炎や気管支炎等の合併症を引き起こしている可能性があります。

  • 喉の乾燥による原因とは>

  • □ 細菌感染による上気道炎に注意

インフルエンザにかかったことにより、他の細菌にも感染しやすくなり、細菌の感染による肺炎や気管支炎などの合併症を引き起こす可能性があります。早めの対処が悪化を防ぎます。

この治療としては、抗生剤を使用することがあります。抗インフルエンザウイルス薬は、インフルエンザの早い回復に効果的です。かぜ薬は、発熱や鼻汁、鼻づまりなどの症状を和らげることはできますが、インフルエンザウイルスや細菌に直接効果があるものではありません。

■まとめ

このように、インフルエンザは、如何に乾燥に対する正しい知識を持つことで早期対策をすることができますので、しっかり正しい知識を身に付けて、日頃から身体を鍛えて、悪化しない生活の工夫をしていきましょう。

関連記事

 

よく読まれている