インフルエンザの予防に役に立つ加湿器の効果!!

インフルエンザ対策に加湿器

日常的にもよく見受けられるようになった「加湿器」。加湿器は、美容や健康を保持するためにも期待される生活用品ですが、いったい人の身体にどのような効果を与えるものなのでしょうか?その効果効能と必要性についてご紹介していきましょう。

加湿器の効果効能とは

加湿器にはどのような効果があるのでしょうか?加湿器の主な効果効能には、下記のような理由が挙げられます。

加湿器の効果効能とは

  • 喉や肌荒れの改善効果

  • 鼻や喉の乾燥肌対策

  • インフルエンザ等病気の予防

  • 静電気の発生を抑制

特に加湿器の対策として効果が期待されるのが、「乾燥対策」。乾燥によって引き起こる主な症状には、喉の痛みや肌のかさつき等がありますが、こうした乾燥対策に非常に有効とされています。又冬になると、避けられないのが乾燥によるインフルエンザウイルスの増殖です。これにより、インフルエンザウイルスが活動が活発になり、また乾燥によって空気中に舞いやすくなるため、これによって人は飛沫感染の影響を受けやすくなるのです。飛沫感染によって病気への影響も受けやすくなります。特に鼻や喉に関係する上気道感染が乾燥しやすくなると、風邪が引きやすくなります。

室内の適正な湿度:40〜70%

冬は特に乾燥する上、暖房利用される方も非常に多く、暖房を付けたままの室内では、湿度が約20%程にまで下がってしまいます。湿度を気にせずに知らずのうちに喉を壊してしまう方が非常に多いのです。

病気の予防効果はあるの?

それでは、実際に加湿器には、病気を予防する効果はあるのでしょうか?この答えを「Yes or No」で回答するのであれば、答えは「Yes」です。

インフルエンザウイルスの特徴

  • □ 気温26℃湿度50%以上でその活性を失う

  • □ ウイルスは低温度・低湿度を好む

つまり、高温多湿の夏場よりも、冬の方がウイルスが繁殖しやすく、特にインフルエンザウイルスは、上記の気温湿度で活性が著しく失われると言われています。
このため、風邪を防ぐためには、「加湿」が大切とも言われます。つまり加湿器で50%以上の湿度を保てば、インフルエンザウイルスの活性は失われるのです。こうすることで、風邪の予防効果は期待されるため、加湿器は病気を防ぐ上で非常に効果的なアイテムなのです。

加湿器を使用上での注意点とは

加湿器には、風邪の予防や乾燥対策においても非常にメリットがある生活用品です。但し、使用の仕方によって注意しなくてはいけない点もあります。

加湿器の使用上のデメリットとは

  • □ 湿度の調整が難しい点

  • □ 加湿器の周辺ばかりに湿度が高くなる点

  • □ 湿度が高くなり、カビの原因に

加湿器では、湿度を安定して保つことが非常に難しい点があります。また加湿器の周辺に水滴がたまったり、その周辺にカビが繁殖してしまうことがあります。

逆に、風邪の予防と思っても、カビが発生してしまうことがで、また別の病気を併発してしまう可能性があるため、十分加湿器のタンクやフィルターの手入れをしながら加湿を行う必要性があります。



加湿器の代用できるものってある?

では加湿器ではないもので、こうした乾燥対策をおこなうものは、ほかにも存在するのでしょうか?

  • 加湿器の代用できるものとは

  • 空気清浄器

  • 空気清浄は、加湿も合わせて、室内の湿度を保ってくれます。またこうした時期のケアとして大切なことは決して乾燥だけではありません。ホコリや花粉等もあなたの身体のケアを色々しなくてはいけません。そんな時に役立つのが、空気清浄器もその一つです。
    今では、プラズマクラスタや除湿機能がついた空気清浄も販売されているため、こうしたもので、あらゆる場面に適応できるものを活用することも予防のとして大切なことと言えます。

    ■まとめ

    このように、加湿器は風邪を予防する上で効果的な生活用品です。しかし、その対策の仕方を誤ると、かえって体に悪影響を与えることもありますので、しっかり正しい使い方を実践しながら、加湿器を活用していきましょう。

関連記事

 

よく読まれている