みかんの栄養は美容や免疫アップの味方【手軽に食べれるおすすめの果物】

カゴに入ったみかん

みかんにはビタミンCが多く含まれていることはよく知られていますが、その働きはとても優れています。みかんの袋やスジにも栄養や役割があるのを知っていましたか?ここでは、手軽に食べられる美味しいみかんに含まれる栄養素と、働きについてご紹介していきましょう!

みかんに含まれる栄養や効果効能

みかんの皮を剥く

「みかんは甘いので太るかも」と心配される方もいるかもしれませんが、みかん1個のカロリーは低く、100g当たり40kcal(みかん6個でご飯1杯分)です。
栄養面から見ても良い成分がたくさん入っていますので安心して食べてください!ではみかんに含まれる栄養と効果効能を見ていきます。

ビタミンCで免疫力アップ

強い体をつくる上でビタミンCは欠かせません。特にみかんにはビタミンCがたくさん含まれており、成人が1日に必要なビタミンCを2個、3個ほどで摂取できます。
なぜビタミンCが大切なのか。それはビタミンCには免疫力を高める働きがあるからです。

免疫力が落ちてしまうと細胞の働きが弱まり、異物を排除する力が弱まります。そうなると体調が悪くなりやすくなります。病気になりにくい元気な体にするためには、免疫力アップには必要不可欠な栄養になります。

悪玉コレステロールを抑える

丈夫でキレイな血管は健康の証とも言えます。血管が汚れてしまう原因に悪玉コレステロールの増加があります。ビタミンCには、この悪玉コレステロールを抑える働きがあります。
悪玉コレステロールが増えると血管の内側に汚れとして溜まり、血液の流れが悪くなります。

また、血栓の原因にもなり、「動脈硬化」という血管の老化がはじまります。これにより、心筋梗塞や脳梗塞といった、死に至る恐ろしい病にもつながります。血管を若々しく保つためにも、ビタミンCの摂取は不可欠です。

コラーゲンで美肌効果

みかんに含まれているビタミンCはシミやそばかすなどの肌の老化を予防する効果に期待できます。その他にも肌にハリや弾力を持たせる働きやコラーゲンの生成にビタミンCは必要です。

コラーゲンには肌以外にも、関節や血管、骨、爪など、体のあらゆる部分を構成する上で重要な栄養素でもあります。ビタミンCを摂って、肌や体の健康維持を目指しましょう!

鉄の吸収をアップさせる

鉄は貧血を予防するなど大切な栄養素です。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、効率よく鉄分を摂取するためには、規則正しい食事にお肉や魚に含まれるヘム鉄を摂ることが大切です。

野菜や海藻に含まれる非ヘム鉄は他の成分に影響され、吸収率が悪くなります。鉄の吸収率が10%から20%に比べ、非ヘム鉄の吸収率は2%から5%になります。

ビタミンCにはそれらの鉄を効率よく吸収するために必要です。鉄の多い食品を取るときには、ぜひビタミンCを一緒に摂取することをおすすめします。

みかんの栄養を逃がさない食べ方や選び方

スジを取ったみかん

みかんを食べるなら、旬の12〜3月がおすすめです。旬の時期に食べると栄養価が高くなるからです。そして、収穫量も増えるため安く購入することができます。

みかんにはポリフェノールの1種である「ヘスペリジン」という成分が含まれています。

これはみかんの皮や袋、スジに多く含まれ、血管を強くしたり抗アレルギー作用を発揮することが知られています。また、血管を拡張させて血の流れを良くすることから体を温める作用もあります。

このヘスペリジンは、未熟なみかんに多く含まれています。7月後半に出荷される「青みかん」に多く含まれている成分です。みかんを食べる時は、薄皮やスジを一緒に食べることをおすすめします。

みかんのぶつぶつ

みかんのぶつぶつは「油胞」と呼び、この油胞が多いほど色が濃く、細かく点在しているものほど、おいしいと聞きます。選ぶ時のちょっとしたポイントをご紹介!!

選び時のポイント

  • 皮はオレンジ色が濃くて鮮やかで艶があるもの。
  • 皮が薄くきめの細かいもの。
  • 皮がふかふかと浮き上がっているものは新鮮ではありません。
  • 糖度が多い水分は重くなるため、重量感があるほどおいしいといえます。
  • ヘタの中央にある軸が細い方が味が濃くて美味しい。

まとめ

みかんの断面

「朝に食べる果物は金」と言われるほど、朝の果物はおすすめです。
果物の糖は速やかに吸収されエネルギーとなるため、朝に食べることで、頭も体もしっかり目覚め元気な1日を始めることができます。

ビタミンやミネラルの摂取が少ないかな?と気になった時にも、手軽に食べられるみかんはとても便利。寒くなる季節、美味しいみかんで元気に過ごしましょう!

 
   
この記事をシェア