腸まで届くおすすめ!!ヨーグルトを食べて腸の健康を手に入れよう!!

グリコの「BifiXヨーグルト」

■執筆者:病院や企業で献立メニュー作りや健康・栄養相談を担当していた菅理栄養士川丸のおすすめ商品

– グリコの「BifiXヨーグルト –

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は腸内に生息する善玉菌の働きを助け、腸内環境を整えてくれます。最近では、整腸効果だけでなく、美肌効果や免疫力向上、肥満や生活習慣病の改善にも効果があることが分かってきました。各ヨーグルトメーカはその効果に着目し、各社独自の菌を使用したヨーグルトを商品化しています。お店には沢山の種類のヨーグルトが並んでおり、どれを選べばよいか悩んでしまうほどです。

私がヨーグルトと意識的に食べようと思ったきっかけは便秘がちな我が子の存在でした。「薬に頼らず、自然にお通じの改善が出来たら・・・」「子供でも無理なく続けられる方法があれば・・・」という思いでした。
そんな私が選んだのが「グリコさんのBifiX ヨーグルト」です。




POINT01.腸まで届くビフィズス菌入りのヨーグルト

私たちの腸内にいる善玉菌の大部分はビフィズス菌です。つまり腸内環境と整えるには、腸内のビフィズス菌の働きを助け、またその数を増やすことが重要です。
 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内のビフィズス菌の働きを助け、お腹の調子を整えます。
一方、ビフィズス菌入りのヨーグルトは腸内のビフィズス菌の働きを助けることに加えて、そのビフィズス菌自体も腸まで生きて届き、腸内でその数を増やすためさらに効果的と言えます。またビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出します。この酢酸には強い殺菌作用があり、これが悪玉菌を退治してくれるのもビフィズス菌の効果です。

ビフィズス菌は酸に弱いためヨーグルト作りに使われても途中で死滅してしまう場合が多いのですが、 グリコさんのBifiX ヨーグルトには酸に強い菌が使われており、私たちの腸まで生きたまま届くのです。

POINT02.食べやすい味と飽きずに続けられる工夫

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は腸内細菌のようにずっとそこに生息し続けることはできません。そのため、その効果を持続するには毎日食べ続ける必要があります。無理なく毎日食べ続けるためには、その効能だけでなくその味も重要です。

グリコさんのBifiX ヨーグルトを食べてまず驚いたのが、その食感です。つるんとしたゼリーとプリンの間のような他のヨーグルトにはない食感で食べやすいのです。寒天を使用して固めて作られているためです。またグリコさんのBifiX ヨーグルトは酸味が少なめなのも特徴です。

加糖タイプはほんのり優しい甘さで、お子さんでも食べやすい味になっています。プレーンタイプのものでもまろやかな酸味で、ヨーグルトの酸味が苦手な方でも食べやすいのではないかと思います。その種類も豊富でアロエやストロベリー、マンゴー、白桃などさまざまな味がありますので、味を変えて飽きずに続けられるもの魅力です。

関連記事

 

よく読まれている