バランスの良い食事食事を摂る方法と健康維持に必要な3つの栄養素

家族で食事

こどもを育てながら、仕事をしながらバランスよく食事を摂る方法

こどもを育てながら、仕事をしながらバランスよく食事をしなければ、健康や美容に悪いことは分かっています。しかし、現代ではバランスよく食事を摂ることさえできなくなってきています。この問題は現代社会のあまりにも目まぐるしい、考える余裕さえない人々が多くいることが根底にあります。その根底にあるのは、子育てや仕事を面いっぱいやらないといけない毎日の生活リズムです。

現代社会は主婦としてバランスの摂れた食事を摂取することが難しくなりました。料理に関係のある職に就いている人以外難しいかもしれません。そこで、今回は子育てに仕事に目まぐるしく毎日を送っておられる方に、バランスの取れた食事を摂取する方法をご紹介します。



人間生きることは身体を維持すること

人間として生まれ生きるということは健康な身体を維持することで、その、基本が食事です。バランスの良い食事をしなければいけないとぼんやりと分かっていても、はっきり分かっている人は余りいません。

バランスの良い食事がなぜ必要かという理由さえ分かれば、バランスの摂れた食事が簡単にできるようになるでしょう。その理由は簡単なことです。私たちが食べた食べ物は、すべて身体の中で吸収され分解されパーツとして作り替えられたり、身体の調子を整えたりエネルギーとして消費され貯蔵されたりします。

身体に必要ないものは老廃物として排出されます。すなわち生命の維持が食事なのです。栄養は、人間の身体が成長し活力を維持していける源泉となっています。身体を新しく作り変える働きやエネルギーとして活躍する働き、身体の調子を整える3つの仕事を栄養の源の物質栄養素はしています。

この栄養素が、身体の細胞に栄養を与え3つの仕事を毎日私たちの身体の中で忙しくこなしているのです。エネルギーを生み出し、身体の調子を整え、身体を新しく作り変えるパーツとして働いています。

パーツとなる部品が1つでも欠けてしまうと、身体は新しい正確な商品を作ることができません。パーツとなる部品とはすなわち栄養素です。栄養素が1つでも欠けると欠陥商品しか作れませんし、身体の中の隅々まで栄養を届けることさえできないのです。

 栄養素の種類は大きく分けると2つで身体の中で作られる栄養素と、食事からしか摂取できない栄養素があります。食事からしか絶対に摂れない栄養素を必須と呼び、規定量を摂取するように厚生労働省は推奨しています。

生きていく上でなくてはならないエネルギーは糖質(炭水化物)と脂質です。まず、脂質を燃やして足りなくなると糖質を分解します。それでも足らないときはタンパク質を分解しエネルギーを生み出します。タンパク質は身体を再生するには必要な栄養素で、食べ物からしか取れない9種類の必須アミノ酸があります。タンパク質が吸収分解されるとアミノ酸に変化します。タンパク質は人間として人間らしく保つことのできる、身体を維持するすべての働きに関係あるのです。

脂質は細胞膜を作り細胞を守ります。ミネラルは骨や歯を再生するのに必要な栄養素で、その中でも必須ミネラルと呼ばれるものに16種類のミネラルが存在します。厚生労働省はそのうちの13種類について食事で欠かすことのないよう、日本人の食事摂取基準を定めています。ビタミンとミネラルの働きは身体の調子を整える栄養素で、必須ビタミン13種類とミネラルは、食事からしか摂ることができません。
これらの3つの栄養素が一つでも欠けると身体は健康を維持することができませんし、一つでも過剰に摂りすぎると弊害がでてきます。

関連記事

 

よく読まれている