糖質制限食は糖尿病に効くって嘘?本当??

糖質制限の効果

糖質制限食は糖尿病に効く??

テレビや雑誌などでよく話題になっている糖質制限食。炭水化物を一切取らない、あるいは炭水化物の摂取量を極端に減らして、血糖値を下げるというものです。糖尿病の食事療法としても糖質制限食が注目されています。糖質制限食は本当に効果があるのか、危険性はないのか考えて見たいと思います。

糖質を食べると血糖が上がる!その仕組みとは?

私たちは食事からエネルギーを摂取し、生活しています。食事から摂取する栄養素には3大栄養素と言われる炭水化物・タンパク質・脂質があります。その中でも糖尿病に大きな影響を及ぼすが、炭水化物(ごはん、パン、麺類、イモ類、糖類)です。食事から炭水化物を摂取すると、消化酵素の働きのより分解され、ブドウ糖(グルコース)という形で小腸から吸収されます。こうして血液中にブドウ糖が入った血糖値が上がるのです。

血糖値が上がるとすい臓からインスリンという血糖を下げるホルモンが分泌されます。それにより、ブドウ糖は全身に運ばれ脳や筋肉などでエネルギーとして使われます。これにより、血糖値は一定の値に保たれているのですが、糖尿病の場合インスリンの分泌不足やインスリン抵抗性と言ってその効きが悪くなり、慢性的に血糖値が高い状態が続くのです。高血糖な状態が続くと、高血糖自体がインスリンの分泌障害やインスリン抵抗性を悪化させるためさらに血糖値が上がるという悪循環が起き、糖尿病が悪化するのです。一方でタンパク質や脂肪を摂取してもほとんど血糖値には影響がないため、糖質制限してその分タンパク質、脂質からエネルギーを摂取しようとするのが糖質制限食です。



糖質制限食は糖尿病に効果あり?危険はないの?

糖質制限食では糖質を制限するため、糖質だけではエネルギーが足らず、中性脂肪を分解して得られるケトン体と脂肪酸をエネルギー源として利用します。そのため体脂肪が減るのです。糖質を制限することで食事全体の摂取エネルギーが減るのも体重減少の要因です。肥満の有した糖尿病患者の場合、減量をすることでインスリン抵抗性を改善し、血糖コントロールも良くなります。また糖質制限食では、食後の血糖値やインスリン値がほとんど上昇しないため、糖尿病の予防、治療に関しては有効と言えるでしょう。

しかしながら極端な糖質制限食を続けるとさまざまなリスクがあると言われています。まず、体重が減りすぎ、痩せすぎてしまうことが問題です。日本人の65歳以上の高齢者では、痩せれば痩せるほど死亡率が高くなります。減量して糖病病が改善しても、痩せすぎて早死にしてしまうなら意味がありません。また糖質制限食を行っている人では、動物性のタンパク質、脂質を多く摂る傾向があります。これにより脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険が高くなると言われています。糖質制限しているからと言って、他は好きなものを好きなだけ食べても良いというわけではないのです。

厳しい糖質制限は危険!!大事なのはバランスの摂れた食事

こうした結果をみると、自己流の厳しい糖質制限食は危険です。たとえ糖尿病が改善したとしても、他の病気のリスクや死亡率が高くなるのでは意味がありません。

極端に糖質を制限するのではなく、バランスの摂れた食事をすることが糖尿病治療には大切だと思います。一般的に総摂取エネルギーの50〜65%を糖質(炭水化物)から、13〜20%をタンパク質から、20〜30%を脂質から摂取するのがバランスが良いと言われています。現在の食事内容を見直し、もし糖質を摂り過ぎているのであればまずは適正量を食べるというのが正しい方法ではないでしょうか。

糖質90%OFFヘルシー基準を満たす弁当宅配|管理栄養士監修

ヘルシー基準を満たす食事・スイーツを厳選。管理栄養士と一流シェフによって作られた健康的なお食事をお客さまご自身でお選びいただけます。

一流シェフが調理し新鮮なまま冷凍でお届け!メニューは70品以上から選べるナッシュの定期弁当!

▶︎ 糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト
定期配送で糖質オフ

この記事の執筆者

  • TOMOHIRO

    • 経歴
    • 大学卒業後、病院栄養士として献立作成や栄養管理業務を行う。食事は病気の予防に重要であるという思いがあり、健康保険組合にて特定保健指導に携わった経験もあり。現在は保育園栄養士として子供たちの食と健康について勉強中。
    • 保有資格
    • 管理栄養士
    • コメント
    • 「美味しく食べて健康に」どれだけ栄養があって健康的な食事であっても美味しくないと意味がない。美味しい食事は人を幸せにしてくれるもの。美味しく食べて、それが健康に繋がればいうことなし。

関連記事

 

よく読まれている