サプリメントとは不足しがちな栄養を摂る方法|重要性と正しい利用法とは?

サプリメントの重要性

便利な機能が整っている日本の、現代のめまぐるしい生活の中で、ゆとりのある食事ができない場合、人々は健康食品やサプリメントを利用する人々が増えています。その根底にあるものは、ゆとりのある食事ができないことです。お仕事が忙し過ぎてゆっくりとした食事ができないことや、運動不足などがあります。時間が取れない中、病院に行くことができないが身体がちょっといつもと違うとき、健康食品やサプリメントを使用される方も多いと思います。
食事は栄養を身体に補給したり、体調の管理をしたり、体内リズムを調整する働きがあります。これらの身体の働きが現代社会では崩れてきていて、健康食品やサプリメントが重要視されてきています。

二分する専門家の健康食品・サプリメントの必要な考え方について

専門家の間でもサプリメントの必要性について、大きく意見は分かれています。「必要」と「必要ない」と考える専門家たちはそれぞれの主張をしていますが、企業によって大きな差があるので、どちらが正しいというものではありません。
三食きちんとバランスの摂れた食事をする人には必要ありません。これは、健康食品が「必要」といわれる方でもそのように言われています。現代の生活習慣が大きく変わり、食生活が昔とは違った状況になっています。昭和初期のころは伝染病や感染症が多かったのですが、欧米の食生活が取り入れられるようになって、ガン・循環器疾患・糖尿病などが増えてきています。

日本の30年代の食生活が、一番といわれているのは、欧米食が現代ほど取り入れられなくて、いわゆる和食といわれる食生活でした。また、現代ほど人々が忙しい生活をしていなかったので、健康食品やサプリメントが販売されていましたが、多くの人々は必要性を感じていなかったようです。現代のように忙しい毎日で、コンビニや外食の多様化が進んでくると、どうしても時間の短縮がはかられ、栄養バランスの摂れた食事を摂取するのが難しくなってきます。

高齢化社会になって、食事を十分とることができなくなると、柔らかい健康食品などが必要です。また、高齢者においては咀嚼機能が衰えて、硬いものが食べられなくなった人などは、健康食品やサプリメントの必要性を感じてきます。
現在若い人たちも目まぐるしい毎日の生活の中で、食事をおろそかにする人たちが増えています。そのような人たちは健康食品やサプリメントの活用が必要です。現代では子供用のサプリメントも摂取される方が増えています。しかし、エビデンス(科学的根拠)がはっきりしていません。子供にはバランスの摂れた食事を提供することをおすすめしたいです。
高齢者や一日ゆっくりと食事がとれない方は、健康食品やサプリメントが必要です。必要だといわれる方の中にも、健康食品やサプリメントを摂るときの注意を喚起しています。

健康食品・サプリメントを国はどのように考えているのか?

健康食品・サプリメントという言葉をよく耳にしますが、健康食品という法律上や行政上の定義がないのです。行政上健康食品やサプリメントのことを機能食品といいます。機能食品にはエビデンスが示されたものと、示されないものがあります。そこで、健康食品やサプリメントについて厚生労働省は、次のように分類をしています。

食品といわれるものは次の3種類に分けらる

  • 特別用途食品

  • 保健機能食品

  • 一般食品

▼特別用途食品

特別用途食品とは厚生労働省の審査が必要。高齢者、アレルギーの人、妊婦さんや病人などの食品です。これには特定保健用食品も含まれます。
特別用途食品は消費者庁で、エビデンスがしっかりしていて許可されたものです。現在厚生労働省から消費者庁に移行され、特別なマークを使って表示義務をしています。

▼保健機能食品

保健機能食品には特定保健用食品(個別評価型)と機能性表示食品、栄養機能食品(規格基準型)の3つに分類しています。

  • 特定保健用食品(トクホ)はエビデンスが認められ消費者庁が認可したものです。消費者庁が特別なマークを使用して表示させています。

  • 機能性表示食品は、企業の責任のもとにエビデンスがしっかり示されたものを、消費者庁に届け出たものです。

  • 栄養機能食品はある程度成分機能が決められたものの表示ができるものを届け出たものです。例えば、ビタミン12種類、ミネラル5種類のみ規格に合っていれば届けでだけでよくなります。

▼一般食品

一般食品の中にも、いわゆる健康食品といわれるものと、普通の食品とに分かれています。

食品と分類される健康食品・サプリメント

「栄養補助食品」は栄養補助として使われる食品で、これが健康食品のことです。「栄養食品」のことを英語でサプリメントといい、これらは食品に属しています。薬は病気を治療するもので、健康食品やサプリメントは特定の栄養素が凝縮されていますが予防するものです。健康食品やサプリメントを扱っている人の中で、副作用は薬でないので起こらないといわれる人がいますがそれは間違いです。薬と違って量や栄養素についてエビデンスがしっかりとされていません。それだけに危険が伴うこともありますが、一部の栄養素だけを凝縮しても薬より量が少ないということです。健康食品もサプリメントも量が多くなれば当然副作用も起こってきます。使用するときは指示書通りに摂取しないといけないという理由がこれです。
薬よりは危険性は高いといえますが、含まれている成分量が少ないため、薬よりは効かないが薬より副作用がないということです。
健康食品やサプリメントは現在進化していますが、薬のように効果が表れる商品もでてきていて、それだけに過剰摂取して副作用が起こることがあります。

国が決める健康食品・サプリメント表示の仕方

特定の栄養素を凝縮した食品が健康食品やサプリメントです。日ごろの栄養素の足りないものを補う栄養補助食品といえます。
健康食品といわれるものに、「保険機能食品」「栄養機能食品」「特定保健用食品」と消費者庁は分けています。

消費者庁の健康食品・サプリメントの表示制度

  • 健康食品

  • 機能性表示食品(届け出制で、安全性とエビデンスを届けることで企業の責任においての表示)

  • 栄養機能食品(自己認証制でその企業が独自に研究してエビデンスが得られたもの)

  • 特定保健用食品(個別許可制で健康の維持増進のエビデンスをしっかり得られたもの)

特定保健用食品は、いわゆる健康食品よりも安全であり、1つの栄養効果が得られる可能性が高いということです。エビデンスがしっかりした健康食品やサプリメントなら信頼できます。

健康食品・サプリメントを使用するときに注意する事柄について

▼飲み方の注意

  • 過剰摂取は絶対しない指示書通りの摂取が必要

  • 健康食品やサプリメントを病人が使用するときは、かかりつけ医師と相談

  • 人間の身体は一人一人違うので効果が同じではない

▼購入するときの注意

  • 食品と分類されている健康食品やサプリメントは、だれでも販売できるので誇大広告に惑わされない

  • 利用する健康食品やサプリメントのさまざまな情報をチェックすることが大切(使われる栄養成分や製造工程によって全く効果のない製品が作られることがある

  • 国の規制緩和により主要成分や容量、製造工程などまちまちなので、責任の所在のはっきりしたところを選ぶ

  • 多種類の入った健康食品やサプリメントは効果が薄い(例えばヒアルロン酸やコラーゲン入りや他にさまざまな素材を使って作られたものは、相互関係の科学的根拠がはっきりしていないし、分量もわずかなため効果が薄い)

▼サプリメントで最も注意しなければいけない点

  • 病人や治療中の人が健康食品・サプリメントを同時に使うとき相互関係が不透明

  • 医薬品と同時に使用するときは薬との相互関係が不透明

  • 健康食品やサプリメントを使って異常がでたら、すぐに中止して医療機関を受診

  • 複数の健康食品・サプリメントを使用するときは成分の相互関係が不透明

  • 個人輸入するときは特に注意

以上特に注意しなければいけない点です。

関連記事

 

よく読まれている