スーパーフードPart IIの栄養成分と効果、有効な摂り方

スーパーフード色々

麻の実(ヘンプシード)について

麻の実(ヘンプシード)の有効な取入れ方

あなたは麻の実(ヘンプシード)をご存知ですか?麻の実は麻の種子のことを言い、栄養バランスが非常にいいことから、日本スーパーフード協会が推奨しているスーパーフードの1つです。そこで今回は、麻の実の栄養成分と効果、有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。ぜひご覧ください。

麻の実は、アサ科アサ属の種子で別名ヘンプシードと呼ばれています。見た目は5mmほどの灰白色の球状で、硬い殻に覆われています。麻の実の産地は、以前は麻薬成分をほとんど含まない種類の栽培をしていたのですが、現在では完全に禁止されています。ですので、いま日本にある麻の実は、中国やチリなどといった海外からの輸入品になります。それではこれから、麻の実の栄養成分と効果について解説していきます。

麻の実に多く含まれる栄養成分は、おもに3つあります。まず1つ目はアミノ酸です。麻の実に含まれるアミノ酸は、全9種類の必須アミノが含まれています。このことから、髪や肌、筋肉といった体作りにとても優れた食品です。



次に2つ目がミネラルです。麻の実に含まれるミネラルはおもに、鉄・銅・亜鉛・マグネシウムです。これらは、炭水化物や脂質、タンパク質といった栄養素の代謝を助ける働きをするので、生命維持には欠かせない栄養成分なのです。しかし、体内でつくることができないので、麻の実などの食べ物から摂取する必要があります。

次に3つ目がαリノレン酸とγリノレン酸です。αリノレン酸とγリノレン酸は、血糖値やコレステロール値,血圧を下げてくれる働きをしてくれるので、高糖質高脂質の食事をしがちな人におすすめです。αリノレン酸とγリノレン酸も、体内でつくることができないので、麻の実などの食べ物から摂取する必要があります。以上が、麻の実の栄養成分と効果についてでした。

つづいて、麻の実の有効な取り入れ方について解説していきたいと思います。麻の実の有効な取り入れ方は、麻の実ナッツはいいでしょう。麻の実ナッツは、生のまま食べることができるので、栄養素をダイレクトに摂取することができます。食べ方としては、サラダや和え物にかけて食べるといいでしょう。あと、栄養が豊富だからといって食べすぎないように気をつけてください。食べすぎるとお腹が緩くなる可能性があるので、1日30gを目安にしましょう。以上が、麻の実の有効な取り入れ方についてでした。

麻の実は、体作りや3大栄養素の代謝、血圧・血糖値・コレステロールを下げる効果があることがわかりました。それぞれの効果を得たいと思っている方はぜひ、麻の実を普段の食生活に取り入れてみてください。

コメントを残す

CAPTCHA